NOW ON AIR

新着動画

TUFアナウンサーブログ

8月4日
『メダルに日々感動!
東京オリンピック』

東京オリンピックも残すところ1週間を切りましたね、日本人選手の活躍に日々感動しています。
中でも、東京オリンピックで初採用の新競技「スケートボード」、
日本でこんなに熱いスポーツだったとは、恥ずかしながら知りませんでした。
その技のダイナミックスさに「人間のできる技なんだ!」と驚きました。
実は、郡山市に県内で唯一というスケートボードパークがあります。
小さいお子さんから高校生、大学生、社会人の方など様々な人が汗を流していました。
中には8時間も練習する人がいるそうですよ。
人生初、安部もスタッフの方に教えていただきながら、挑戦させていただきました!
乗れた瞬間の高揚感はたまりませんでした、とても楽しかったです。
このコロナ禍で1人でも練習できるスポーツとして人気が高まっているとのことでした。
みなさんも、体験してみてはいかがでしょうか?

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

8月2日
『滝にも突っ込む
シャワーウォーク!』

今日は二本松市の岳温泉で
この夏ぴったりのアクティビティを体験してきました!

その名も、シャワーウォーク!

川の中を歩いたり、滝壺の中に飛び込んだりと
普段経験することのない体験を!
水の中はなんと10℃〜13℃ととても冷たかったです、、

途中、一緒に来ていた子供たちと仲良くなり
水鉄砲でバトルする場面も笑
とても楽しく体験させていいただきました!

今回の様子は後日、
Nスタふくしまで放送予定なので、
ぜひご覧ください!

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

7月31日
『恒例の“サクランボ狩り”』

先月末、家族でサクランボ狩りに出かけました。

福島市のフルーツライン沿いには多くの果樹農家があり、どこにしようか悩んだのですが、最終的には「お得な値段」の場所を選びました(笑)

初めて訪れた果樹農家だったので少し不安があったのですが、色づきも良く、甘くておいしいサクランボをお腹一杯いただきました。
写真の3歳の息子は一生懸命に腕を伸ばし、一つ取るごとに私に持ってきて「採れたよ」と渡してきます。
要するに「種を取って自分の口に放り込んでくれ」ということ(笑)
息子の成長を実感した1日でした。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

7月29日
『いざという時の必需品』

地震・大雨・台風等の被害に備えて日頃から
いざという時の備えをすることはとても大切です。
栄養補助食品、蜂蜜、ペットボトルの水、ガーゼ、薬、アルコールティシュ、ライト、コンパス、笛、ブランケット、ツールナイフ、ロープ、簡易下着、
雨具、シート、マスク、電池、携帯スリッパ、
手回し充電ソーラーラジオ、双眼鏡、軍手、
ドライバー、ゴミ袋、給水タンク、針金、文房具、
ビニールテープ
などなどです。
これらの物を非常用リュックに入れて
枕元に常に置いています。
きっけかはやはり10年前の震災です。
あれ以来、マイカーのガソリンは半分を切らない
うちに常に満タンにしていますし、
防災意識はさらに向上しました。
しかし、一昨年の台風19号の際に
大きなミスをしてしまいました。
いつもは風呂の水は抜かないで、
入浴する直前に抜いてまた水を入れていたんですが、その時はなぜか前日に水を抜いていて、
断水に対応できなかったのです。
災害はいつ訪れるか分かりません。
これからもしっかりと命を守る準備と行動を
したいと思います。

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

7月28日
『選手たちの活躍に
刺激を受けています』

東京オリンピックが始まり連日日本代表の競技をテレビの前で応援している小野です。
粘り強くプレーする選手たちの頑張り・活躍を見ていると元気をもらえますよね。

毎日のようにそのような刺激を受けているわたしは
『あ、久しぶりにプール行って泳いでみようかな』
『暑くて最近行っていないゴルフの練習に行ってみようかな』
(↑そもそも初心者なので練習しなければならないのですが)
などと、スポーツのやる気スイッチがONになっています。

コロナ感染対策はもちろん、熱中症にも気をつけながら
無理しない程度にできる運動をしようかな〜


※少し前に行ったゴルフ練習場で撮ったものです。
あ〜練習しなければ。。。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

7月26日
『わたしすでに…』

夏バテです。何をするにも活力が湧かず、食欲がなく、起きた瞬間からだるい。
極力外に出ないようにしているにもかかわらず、完全にやられています。
福島の夏とマスク、恐るべし…

太陽と夏が大の苦手な私にとってこの時期 唯一の楽しみが、おいしいフルーツたち。
福島が誇る桃をはじめ、スイカにメロン、マンゴーなどなど。考えただけで最高です。
(写真は先週取材させていただいた、矢祭町のあま〜いフランボワーズです)

何も食べる気にならないときでもフルーツだけは体が欲するので、これでなんとか夏を乗り切ります。美白ケアも忘れずに。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

7月22日
『すぎうら家の四季』

毎年みなさんは寒暖に合わせ
衣替えをされると思います。

杉浦は季節に合わせて
部屋のプチ模様替えを
していますʕ•ᴥ•ʔ

チェンジするのは
造花の観葉植物。

夏は梅雨時期からすでに
リビングがひまわり畑です。

このように、
春は桜
秋は紅葉
冬はクリスマスと、
自作の四季を
楽しんでいるんですが
けっこうオススメです。

なぜならこれら、
全部100円ショップで
集めていてとても
リーズナブルっ。

家に帰るとハッピーな
気持ちになりますよ^_^

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

7月21日
『顔ハメ看板ニスト』

「顔ハメ看板ニスト」とは、先日のちゃんろく。のゲストさんの肩書き。全国の様々な場所にある顔ハメ看板で写真を撮り続けている方です。
その方に聞いた「顔ハメの極意」を紹介します。

1.真顔で
2.背景も意識して
3.穴は全て埋めて

どんな場所に看板があるのかもわかるように撮影することも大切なんだとか。また、笑顔が目立ってしまうと看板が映えなくなるので、真顔で撮ることも大切なんだとか。

ちなみにこの「ちゃんろく。」のロゴの顔ハメ看板は、番組スタッフが手作りしたものです。放送終了後、思わず真顔で顔をハメている柗井がいました。

これを読んだあなたも、真顔で看板に顔をハメたくなってきたのではないでしょうか…?

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

7月20日
『大野駅での再会』

先日「てくてくふくしま」のロケで、
常磐線に乗るために大熊町の大野駅に行きました。

そこで、以前「復興の現在地」で
取材させて頂いた伏見さん夫婦と
ばったり再会しました。

伏見さん夫婦は2年前
大熊町の災害公営住宅に住み始め、
普段は大野駅の清掃をされています。

伏見さんから「この前の放送で
今の大熊町の現状を伝えてくれて
ありがとう」と言われたとき、
福島の放送局で働く意義を
改めて実感しました。
伏見さん夫婦の元の住宅は
帰還困難区域の中にあります。

しかし来年の春頃には
避難指示が解除される予定です。
その時にまたお二人に会いに行って
声を聞きたいと強く思いました。

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

7月15日
『大好きなフルーツ』

「ふくしま」といえば!!!!

サクランボに始まり、
モモ、ブドウ、ナシ、リンゴの季節まで
くだもの狩りを楽しむことができますよね。

私はフルーツが大好きなので
1年を通してフルーツが楽しめることに
とても喜びを感じています♡

特に今年、待ち遠しかったのは もも!!
なぜか無性に冬の時期から
ももが食べたくなり、やっとこの季節がきたな〜って感じです(笑)

なのでスーパーで もも をみつけたときは
思わず買ってしまいました〜♪
品種は「はつひめ」です。

甘くてとっても美味しく
口の中でとろけました〜♡
ちなみに私は少し柔らかめな桃が好きです。

これからもっともっとフルーツが楽しめるということで
ウキウキワクワクな小湊です♪

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

7月14日
『「水害への備え」
していますか?』

7月13日に郡山市のゲリラ豪雨対策についてご紹介しました。

ゲリラ豪雨は全国的に約30年前と比較して1.5倍に増加しているそうです。

そこで、郡山市では被害の軽減をはかるために市街地の地下、計4箇所に「貯留管」と呼ばれる雨水を貯めるタンクの役割を担う施設を作っています。

その1つ、小原田地区に整備中の小原田貯留管を取材しました。長さは約1.4キロ、容量は1万7570立方メートル、とても大きく感じますがそれでも台風や線状降水帯などの想定を超える大雨に耐えられるほどの容量はないそうです…。

「自分の身は自分で守る、命の守る行動を迷わず取って欲しい」ということを市として呼びかけています。

実際に今回取材を担当し、私自身も改めてハザードマップを確認し、もっと情報を届けたいと感じました。
放送したレポートはYouTubeでも配信もしています。
番組を通して少しでも意識を変えていただけたらうれしいなと感じます!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

7月13日
『那須サファリパーク!!』

きのうはミステリーハンターとして
那須サファリパークの中継に行ってきました!

いや〜ライオンやゾウ、キリンなど様々な動物の迫力がすごかったですね〜

エサをあげる時たくさんの草食動物が近づいてきて、人生最大のモテ期がきたなって思いました笑

そして今回は!
ゾウに乗ってきました!
もう興奮が止まらない!!
車で周るよりも高い目線で見渡せ、快適な乗り心地でした!

案内してくださった戸松さんにも本当に感謝です。

ぜひ、みなさんも那須サファリパークに行ってみてください!

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

7月11日
『実は私…』

福島に来るまで“ジュンサイ”を食べたことがなかったんです。正確には、このちゅるんとした食べ物が“ジュンサイ”という名前であることを認識したのが遅かったのです。
旅館などで出てくる小鉢の中にいたことがあるような気はするものの、なんだか大人な食べ物だなぁという印象しかありませんでした。

そんな私が福島に来て5年目の初夏、裏磐梯へジュンサイ収穫体験の取材に伺うことに。
沼の上での収穫ということで舟が転覆しないかドキドキしながら向かいましたが、そこには思っていたよりもしっかりとした木舟があってほっとしました。
体中をブヨに刺されながらも(しっかり長袖を着ていったのに 泣)、舟の上で黙々とジュンサイを摘むことおよそ1時間。最初はぬるっとした感触に戸惑いましたが、採れたてのジュンサイをいただく頃にはすっかり愛着が湧いていました。
私は甘酢をかけて食べましたが、わさび醤油や黒蜜きなこもおすすめだそうです。

北塩原村では8月28日までこの収穫体験を毎日開催しているということなので、皆さんも虫刺されにはくれぐれも気をつけてぜひ!

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

7月9日
『鏡石町の田んぼアート』

先日、鏡石町の田んぼアートを取材してきました!

”窓から眺める絵本”がコンセプトで、地域活性化のために震災の翌年から始まりましたが、去年はコロナの影響で中止となり、今年は、感染症対策をとった上での開催です。

今年のテーマは「”たのしい”おむすびころりん」おじいさんとおむすび、鏡石町のキャラクター「牧場のあーさー♪」などが登場し、とっても楽しめるアートとなっています。

6色9種類の色とりどりの苗を使って作られた作品は、すぐ近くの図書館から眺めることができます。
取材した時も県内外から多くの観光客が来ていました。
見頃は7月〜8月ということで、稲が生長していく様子も楽しめますよね!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

7月8日
『県産のトルコギキョウを
世界に発信!』

震災・原発事故後、わたしはひとりの男性の取材を続けています。
浪江町でトルコギキョウを栽培している川村博さんです。
出会った頃は震災や原発事故で大きな被害を受けた浪江町を復興しようと
いち早く野菜の試験栽培をしていました。
その後、県などの勧めもあり一から花の栽培を始めました。
研修に行くなど勉強を重ね、川村さんの作る花は品質もよく世界にも誇れるものになり
いまでは町内で花を栽培する仲間もたくさん増えました。

まもなく東京オリンピック・パラリンピックが開幕します。
そのなかでメダリストに贈られるビクトリーブーケに「福島県産のトルコギキョウ」が使われることが決まっています。
川村さんはいまきれいな花を咲かせようと日々手入れを行っています。

震災・原発事故、そして台風の浸水被害と様々な困難を乗り越えてきた川村さん。

もし花を使ってもらえたならば
「これまでの感謝を伝えたい…」と話す川村さん。
まもなく川村さんのトルコギキョウも花を咲かせます。
また取材する予定なのでどんな花を咲かせるのかわたしも楽しみです。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

7月7日
『飲む点滴と言えば…』

私が今はまっている飲み物、それは「甘酒」です。飲む点滴と呼ばれるほど栄養価が高いと言われていますよね。

実は先月、Nスタふくしまで「阿部こうじ店」の甘酒をご紹介させていただいたんですが、紹介した翌日に取材を担当したカメラマンから「お店の方が奥秋さんに飲んでほしいと言っていたよ」とペットボトルの甘酒を渡されたんです。「なぜ私に?」と思ったんですが、話を聞くとなんと私の幼稚園時代の同級生だったことが判明!(覚えていなくてすみません…)。またその米麹で作られた甘酒が絶品だったんです。早速、その後お店に伺い、幼稚園時代の話に花を咲かせながら購入させていただきました。ただ栄養価が高い分、飲み過ぎには注意!ですね(笑)

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

7月5日
『最近のマイブーム』

こんにちは。
弊社で放送の「ジョブチューン」の
ランキングに良く影響されています 笑笑

最近のヒットはシャトレーゼの
「チョコバッキー」。
開発担当者の方の
「子どもたちに食べて欲しい」という
コメント通り、かなりリーズナブル。
チョコの厚さが違うところが飽きないですね。(´∀`)

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

7月2日
『ちゃんろく。エフェクト】』

あれ…?杉浦アナとまついの顔に「ちゃんろく。」のロゴが…?!

そうなんです。最近Instagramのエフェクトにこのロゴが追加されたんです!TUFの公式Instagramにアクセスして、このエフェクトを選択して写真を撮ると、みなさんの顔にも「ちゃんろく。」が♡いろんな角度から番組の存在をアピールしようと、頑張っています!(笑)

美少女図鑑のみんなも時々使ってくれていてうれしい♪
みなさんもぜひ使ってみてくださいね!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

7月1日
『いま1番好きな仕事』

アナウンサーになり6年。
いま僕が最も没頭する仕事は
トークではありません。

ではいったい何かというと
それは、
「いぬ&ねこの
赤ちゃんの撮影」です。

げっきんSでは基本火曜日に
『きゃわアニ』という
ショートコーナーを
放送しています。

目的は、視聴者のみなさんが
かわいい動物の姿を目にして
とにかく癒されてほしいと
いうものです。

月に1度、
ペットショップ内の
赤ちゃんたちをカメラ片手に
間近で撮影している時の
杉浦の顔は、多分気持ち悪い
くらいデレデレです。

映像を編集しているときも
画面に向かって満面の笑みな
変態と化しています。

無邪気な姿やこちらに興味を
持って寄ってくる
わんこにゃんこたちは
まさに激きゃわです。

命を大切にする店員さんや
お客さんがみんな笑顔に
なるその空間が
とても心地いいんです。

げっきんSのYouTubeでも
見られますよʕᵔᴥᵔʔ
お仕事、家事、学校に
疲れたみニャさん、
いっしょにデレデレに
なろうワンっ!

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

6月30日
『猪苗代の休日』

先日休みを利用して、猪苗代町に行ってきました。猪苗代町はよく取材で行っていて、猪苗代湖のほとりにできたテントサウナや、廃校を活用したおしゃれな複合施設「Roots 猪苗代」など面白い取り組みがたくさん行われているなという印象があります。そんな中、まだ行ったことがなかった猪苗代ハーブ園に行ってきました。一面に広がるラベンダー畑はもちろんのこと、一番感動したのはこちらの「アンブレラスカイ」。ハーブ園の温室の中が無数のカラフルな傘で彩られていて、別世界のようでした。猪苗代町はおしゃれなカフェもたくさんあるし、もっと開拓していきたいですね!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

6月29日
『天気が悪い日だからすること』

こんにちは!
高橋広季です!

今日はあいにくの雨となりましたが、
こういう天気が悪いときだからこそ、私は読書に没頭します。
晴れているときよりも、なんだか読書に集中できます!
大げさに言えば、"体で読む"といった境地でしょうか。

今日も仕事終わりの読書が楽しみです!
帰り際、読書のお供のコーヒーを買わなきゃ、
それでは!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

6月25日
『成功のカギは…「販売の仕方」?! 』

私が手に持っているのは…「冷凍生餃子」です。
郡山市で先月20日から始まった無人直売所「餃子の雪松」さんを取材したときの写真です。
店内にあるのは餃子の入った冷凍庫と「料金箱」と書かれた箱だけ。
店員さんがいない中、私たち撮影している最中も次々とお客さんが訪れていました。
コロナ禍で多くの飲食店が苦境に立たされる中、
この無人直売所という新しい販売方法で着実に売り上げを伸ばしているとのこと。
この企業、実は2018年の9月からこういった販売方法を取り入れていて、コロナ禍も関係なくお客さんに人気があるとのこと。
先駆的な思考を持って積極的に新しい方法を取り入れている姿に感嘆しました。
いろんな情報をキャッチして、(できれば)時代の先駆者になりたいです!(^^)!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

6月24日
『中継デビュー』

今週、ちゃんろくで中継デビューさせていただきました!

本番緊張しすぎて脇汗が止まらず、ワイシャツがビショビショに・・・(´;ω;`)
必死に脇を閉めてリポートしていました。

中継は美少女図鑑のゆっちさんと、あかりさんと3人で
アースミュージックアンドエコロジーさんの紹介を!

正直ファッションに疎いのでお2人には本当に助けられました!

途中噛んでしまったり、たどたどしかったたのをカズさん、柗井さんが拾ってくださって、
楽しく中継できました!

これからもっと中継上達し、ちゃんろくファミリーの座を狙ってきまーす!

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

6月22日
『自宅でバーベキュー』

みんなで外で一緒にバーベキューをすることもなかなか難しいきょうこの頃ですが、週に1回は休日の前に自宅で網焼きバーベキューをしています。生の焼き鳥用のもも肉とメヒカリ。メヒカリは塩をふりかけそのまま焼くだけ。

脂がのった白身の肉は最高においしいです!もちろん野菜もふんだんに使います。
ビールや酎ハイを片手においしいグルメを満喫しています。

ふくしまには海の幸、山の幸、コメにフルーツに。美味しいものがたくさんあります。
約30年前に福島市に来たときにまず驚いたのが、レストランで出された「ご飯」のおコメがとにかくおいしいこと。ひとつひとつがすごく粒立っていて、もちもちしていて、甘いんです。それと、モモにサクランボ。これまで食べたことのないおいしさで衝撃を受けました。

自然も豊かです。猪苗代湖を初めて見たときには、波があり「これは海だ!」と思いました。磐梯山やスカイラインでの浄土平の景色にも圧倒されました。コロナでなかなか外出するのも大変ですが、もっともっとこれらの良さをどんどん全国・海外にPRしていければなと思います!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

6月21日
『ふわふわがたまらない…』

みなさんの好きな食べ物は何ですか?

わたしは辛いもの、グラタン、ニンニクたっぷりのパスタ…
あ〜〜キリがないくらいたくさんあるのですが
甘いものも大好き。

最近パンケーキをよく食べているなと思ったので写真を。
何というのでしょう、あのふわふわ感がたまらない…
頬張った瞬間口いっぱいに広がる幸せ…

出かけた先の素敵なカフェでゆっくり過ごすのも大好きです。

コロナ禍でなかなか以前ほど出かけられない状況ではありますが
感染対策をしながらおいしいカフェ探しも楽したいなと思っています。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

6月17日
『嬉しい差し入れ』

 以前、げっきんチェック時代にお世話になった会津若松のベーグル専門店、會ベーグルさんからたくさんのベーグルをいただきました。その数なんと20個以上!
プレーンやチョコレートなど定番のものから、チーズやかぼちゃ、お味噌味など種類は様々。
実は普段あまりベーグルを食べる機会はないのですが、こちらのベーグルは中身がぎゅっと詰まっていてもちもちで、食べ応えが抜群なんです。
取材のためお店にお邪魔したのは、もう1年以上も前にもかかわらず、私のことを覚えていてくださり、わざわざ差し入れをしてくださったことが本当に嬉しくてパワーをいただきました。

さすがに一人では食べきれないので、会社のスタッフみんなで美味しくいただきました♪
會ベーグルさんではネット販売も行っていますので、気になった方はのぞいてみてくださいね。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

6月16日
『仕事が生きたお手伝い』

こんにちは。今回はプライベートから写真を1枚。
最近、2人の息子が所属している
学童野球チームの試合の際、
時々、スコアラーとしてベンチに入っています。

「スコアブック」が多少つけられるからという理由で、
アヤシイ部分もありますが、ご容赦くださいm(._.)m

高校野球の取材で多少覚えた程度で
まともにつけたのは10年以上ぶりでしょうか。。
2007年には聖光学院の連覇が始まった年に
取材を担当し、甲子園のアルプスで
書いた時もありました。

…ですが、学童野球だと
1プレイで複数のエラーや送球間の走塁など
スコアラー泣かせが多く、
「これはどうやってつけるの?」と一瞬悩むと
その間にカウントが増えたり、
打者が出塁してたりといつも頭を悩ませています。

まだまだ修行が足りませんね、、(´;ω;`)

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

6月15日
『SDGs やってました』

最近よく耳にするこの言葉。

ざっくり言うと
「持続可能な世界を
みんなで作りましょう」
といった目標です。

みなさんも日常生活の中で
無意識のうちに取り組んで
いることは多いと思います。

私の場合はこの写真。

パジャマです。

生地がヨレヨレのTシャツは
中学時代の体操服で
着心地抜群。
何千回も洗濯機に
揉まれてきた体操着は
オーガニックコットンを凌ぐ
であろうふわふわ具合です。

穴の数は
小さなものまで数えれば
百個くらいあります。

たまに雑巾と間違えます。

無理していつまでも使う
必要はありませんが
モノや資源は大事に
していきたいものです。

とりあえず首と腕が
通るうちはよろしく
たのむぜ相棒ッ ^_^

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

6月14日
『世界遺産検定を
受けようかな・・・』

こんにちは。旅行が大好きなまついです。

国内でも奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島が世界自然遺産に・・・などと話題になっていますが、そんななか思いついたのが「世界遺産検定を受けてみようかな」ということ。コロナ禍で気軽に旅行に行けない日々が続く中、これまでの旅行の思い出写真を見返す機会が増えるとともに、世の中が落ち着いたら行きたい場所がどんどん増えています。ちなみに写真はコロナ禍になる直前の昨年1月に訪れたフランスのモンサンミッシェルです。

有言実行タイプというよりは、「言葉にして人に伝えて、やらなければいけない環境を自ら作る」タイプなので、ここで宣言しておきます。
検定を受けたらまた報告しますね・・・たぶん(笑)

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

6月11日
『実況デビュー!?』

先日のちゃんろく中継いかがでしたか?初めてのサバイバルゲームの世界に僕も興奮しました!この中継で個人的に力をいれていたのが、サバゲ―の実況です!約3分のサバゲ―のVTRをどう面白く見せるのか?家で悩みに悩みぬいてつくったのがこちらの実況メモです。本番では、解説の三瓶さんにも助けられながら、納得いく実況ができて本当に良かったです。全国にいるアナウンサーで、実況デビューが野球でもサッカーでもなく「サバイバルゲーム」なんてアナウンサーはいるんでしょうか?(笑)今後もし「井上アナウンサーの初めての実況は何ですか?」と聞かれたら、迷わず「サバゲ―の実況です!」と答えます!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

6月10日
『今年の高校ラグビー
花園予選も目が離せない!』

こんにちは!
高橋広季です。

今月5日に県総体ラグビー 少年男子の部決勝は去年の花園予選の決勝と同じカードになり、松韻福島と磐城の一戦になりました。

試合は激戦の末、磐城が優勝しましたが両チームの監督・選手とも今年10月の花園予選を見据え、試合後は引き締まった表情が印象的でした。

敗れた松韻福島は試合後にすぐ走り込みなどの
トレーニングを行っていました。
次、磐城と当たったら勝つぞという闘志を感じました!

一方で、優勝した磐城も
試合後の円陣で監督が「今日は60点くらいの出来だった。もっともっと成長できる!」と、
さらなる奮起・レベルアップを選手たちに促していました!

県高校ラグビー・花園予選は10月からです!
今から目が離せません!!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

6月8日
『来ました!登山シーズン』

今年もやってきました、登山シーズンが!!!
だんだん暖かくなり、植物が芽吹き始める季節になると楽しみなのが…
登山です!

今年の登山は宇津峰から始まり、先日は磐梯山にも登ってきました。
登山の良さはズバリ…「美しい景色」「きれいな空気」「癖になるつらさ」です笑
「癖になる」というのがポイントですよ。
登山だと密になる心配もないですし、運動不足解消になります。
(と言いつつ、先日登った磐梯山で足腰がヘロヘロになりましたが汗)
福島県には素晴らしい山がたくさんあるので、
2回目の夏にどんな“山”との出会いがあるのか、今からとっても楽しみです!!!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

6月7日
『夏が来たー!』

だんだんと暑くなってきた福島!
そろそろマリンスポーツが活発になりはじめる頃ですね。
私も大学から始めたスキューバダイビングを本格始動しようと思ってます。

ダイビングって素晴らしいんですよ!
水族館よりも間近で生き物を見れて、
無重力空間にいるような浮遊を楽しめたり、
日常で味わえない体験ができるんです!

先日、猪苗代湖でもダイビングを体験できるという噂を聞き、湖はまだ潜ったことないなぁと思い、早速検討中です笑

猪苗代湖の水で身を清めてきます。

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

6月4日
『ウクレレブーム!』

きょうのNスタふくしまでは
いまブームになっているウクレレをご紹介します!

私の中で
ウクレレといえばリロ&スティッチのイメージなのですが
先輩の渡邊文嘉アナに聞いたところ、
ウクレレ=高木ブーさんなのだそう!
もっと年上の先輩ディレクターさんは
ウクレレ=牧伸二さんをイメージすると言っていました。
ジェネレーションギャップでしょうか・・・?(笑)
いや、ウクレレはそれだけ各年代で時折ブームになってきたということですね

おうち時間を利用してみなさんも一緒にウクレレの優しい音色に癒されませんか?😊

Nスタふくしま18:15〜ぜひご覧ください!

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

6月3日
『屋上からの中継!』

こおりやま発!旬感ライブは屋上からの中継でした。
郡山総支社・ふくしまFMビルの屋上で
安部遼アナウンサー・竜也カメラマン
・康大ライティングマンと
フロアーの私の4人で中継をしました。
フロアーというのは、
本社と中継班をつなぐ役割のことで、
現場ではディレクター的な役割をします。
今の季節は、とても風が心地よく
初夏の香りが漂ういい季節。
日も長くなってきたので、
中継する午後6時半前後でもまだ明るいんですよね。
と、いうことで久しぶりに屋上から
中継をお送りしました。
雨の季節が近づいていますが、
風薫る今のふくしまは
一番過ごしやすいシーズンかもしれません。
まだまだコロナ禍は続いていますが、
日々気持ちを新たに頑張りましょう!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

6月2日
『みんなで頑張りましょう!』

写真はコロナ禍前にいまは東京に住む高校の同級生たちと撮ったお気に入りの1枚です。
学校帰りに毎日通った懐かしい場所を会津もめんの着物をレンタルして街歩きしました。
※小野は赤の着物着用。

県内に出されていた非常事態宣言は先月末で終了となりましたが
今月末まで重点対策期間がとられることになりました。
会津若松市では今月7日まで引き続き不要不急の外出自粛などを求める集中対策期間となっています。

そうしたなか先日Nスタふくしまで
会津若松市の着物レンタルのお店が観光客減少の影響で予約がほとんどなく大変な状況とお伝えしました。

本来ならたくさんの観光にや修学旅行生などで賑わう時期。
帰省した時も浴衣や着物をレンタルして七日町通りを歩く観光客のみなさんをよく見かけたものです。

いまは大変な状況が続いていますが引き続きわたひたちひとりひとりがしっかりと感染症対策をして1日でも早く元のような状況に戻ることを願っています。

友人とは
『また会津もめんの着物着て街歩きすっぺ!』
といまから話しているところです。

次はどんな着物をレンタルしようかな…

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

6月1日
『“ネズキー”で
財運アップ!?』

私が通勤用バックにいつもぶらさげているキーホルダー、それが写真の“ネズキー”です。
これは、福島県伊達市産のイノシシ革を使用した革製品で、農作物を荒らすイノシシを地域振興に役立てようと生まれた商品なんだそうです(参照・伊達市HP)。
ネズミは「財運」「子孫繁栄」「家庭運」が良くなると昔からいわれ、縁起が良い動物とされていますが、果たして私の運は…

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

5月31日
『仕事の癒しに
なっているのは…』

美しい花々です。年齢を重ねるごとに、お花に心を奪われることが多くなってきました。
今月は福島でも鮮やかな花々が咲き乱れる季節ということもあり、花の名所に取材へ行くことが何度かありました。写真は、白河フラワーワールドのネモフィラです。ブルーがとにかく綺麗。
ネモフィラといえば茨城県にある国営ひたち海浜公園が有名ですが、県内でも見られるなんて嬉しいですよね。海浜公園と比べるとまだまだ控えめでしたが、一輪の大きさは立派なものでした。
この日は雨も風も強いあいにくのお天気でしたが、ほっと一息つけた瞬間でした。

ちなみに家にも癒しがほしいと、先日大好きな芍薬を買いました。
つぼみが開くのが待ち遠しいです。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

5月27日
『また、どこかで!』

こんにちは!出口朋香です。

月曜日のNスタふくしまで
ご挨拶しましたが、
テレビユー福島を
卒業することになりました。

縁もゆかりもなかった福島県が
こんなに大好きになるなんて!
3年前に福島へやってきた時には
想像できませんでした。

「福島は人が優しい」とよく耳にしますが本当にその通りだと思います。
取材先で暖かく迎えてくれた人、放送を見て応援のメッセージをくれた人、街で声をかけてくれた人。
皆さんの沢山の優しさに支えられ、大変な時も悔しい時も辛い時も落ち込んだ時も、自分を奮い立たせることが出来ました。感謝でいっぱいです。

卒業の道を選択しましたが、TUFでは素晴らしい仲間にも恵まれました。
アナウンサーの後輩も増えましたが、皆個性があって、それでいて心温かい、真っ直ぐで素直で大好きな人ばかりです。
おこがましいかも知れませんが、今後の活躍をこっそり見守っていけたらと思っています。
大好きな皆の活躍を、テレビの前で見ているからね!

私の今後はまだ分かりませんが、いつかまた皆さんに声を届けられたらと思っています。
…いえ、届けられるよう全力で頑張ります!

大切な思い出、出会い、繋がりを得られた3年間。
改めまして、本当にありがとうございました!

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

5月26日
『ともだち100人
でっきるっかなッ♪』

最近、意図せず新たな友達が増えている杉浦です。共通項は「スケボー」。例えばこの春で言うと、まず7歳の男の子。朝の公園で杉浦が練習していたところへ、カラダいっぱいの大きさのボードを抱える少年が現れました。健気でかわいい姿を見守りながら、貸切状態の公園でふたりはそれぞれ黙々と特訓。すると、「おにいさんスケボーやるの?ぼくのパパもやるよ。こないだね、小学1ねんせいになったの。ぼくとおともだちになってくれませんか?」といきなり胸キュン友好条約の締結を要求してくれました笑。こんなピュアさを人類みんなが持っていたら世界はきっと平和でしょう。その後パパも合流してなんか3人で遊びました笑。そんな日曜の朝。

そして2人目はおじいちゃん。また別の公園の坂道で悠々と乗りこなす姿に「カッコいいっすね!」と話しかけてみたら、コレクションのボードにそのまま乗せて頂き意気投合。また近々同じ場所で会えることでしょう。

そして3人目は社会人のお兄さん。僕より上手だったので話しかけて教えてもらったら、いつの間にかテニスをする仲に。写真はそんな杉浦の自称弾丸サーブです。(テニス未経験者)

コロナ禍により人との接点が少なくなっているこの頃。テレビのニュースを見ていても、学生や新社会人などの方々が本来あるべき新しい出会いのきっかけを失っているようです。僕らも同様に遠く離れた友人や家族となかなか直接会えない状況が続いていますね。

みなさんにも、疎遠になることでどんどん友人が少なくなるんじゃないかという不安は多少なりともあると思います。

ただ、距離は遠くてもインターネットで簡単に繋がっていられる今の世の中です。しかも友達って何歳になっても世代を超えて意外と増えるものですよ。性格にもよるので一概には言えませんが。

大変な日常に隠れがちな楽しいことや可能性って実はいっぱいありますよね。みなさんの笑顔がもっと増えますようにʕᵔᴥᵔʔ

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

5月24日
『アナウンサーカード完成★』

昨年度、TUFアナウンサーの写真を撮りまくりました。

そう、アナウンサーカードを作るために…!カードは52枚で、すべて違う写真がプリントされています。そのうちの40枚以上を私が撮影…!アナウンサーの写真以外にも、早口言葉がプリントされていて、みんなで遊ぶことができるパーティー用のカードゲームなんです。
ゲットする方法はただ一つ。たぷりのプレゼントに応募すること!
コロナ禍でおうち時間が長くなっている今、このカードで遊んで少しでも楽しい時間が提供できればいいな…と思います。
制作にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

5月21日
『リモート同窓会』

今年のGWみなさんどんな風に過ごしましたか?

なかなかコロナ禍で外出ができない中、僕も地元の山形市には帰らないで、大人しくしていました。



そんな中、高校の同級生のグループラインで、「リモート同窓会をやろう!」という企画が!

これは面白いと思い、僕も参加しました。結果的にクラスメイト40人のうち参加したのは5人だけ(笑)

山形県民はシャイなので、仕方ないと思いつつ、当時の担任の先生も参加してくれたので思い出話に花を咲かせることができました。

同級生によると、僕は高校入学当初、クラスメイトに手あたり次第にマジックを披露しながら自己紹介をしていたそうです。

なぜ手品を披露しながら自己紹介していたのか?そもそも手品なんてやってたっけ?

自分でもなんでそんなことやっていたか覚えていませんが、昔から変わり者だったんだなと再確認しました(笑)

次みんなと会えるのはいつになるか分からないけど、その時にはもっとアナウンサーとして胸を張れるような活躍ができているように頑張ろうと思いました!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

5月20日
『私の気分転換方法』

こんにちは!
高橋広季です。

最近の私の気分転換方法は晴れている日、
コンビニエンスストアやスーパーに買い物に出かけ、外に出た際、ふと空を眺めることです!

コロナの影響で室内にいる時間が増えたぶん、
空を眺めると気分が落ち着きますし、普段思いつかないことが"ポン"と思いついたりします!

空を眺めるという大したことではありませんが、
誰でも簡単にできることですので、オススメです!

今日も晴れているので、空を眺めます!

それでは!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

5月18日
『ゆったりとした時間を』

先日紅茶について取材しました。

その際、先生に紅茶のおいしい入れ方を教えていただきました。

紅茶は気持ちを落ち着かせてくれるなど、まさに今の時代にピッタリとのことなんです。

軽く説明しますと…



ポットを2つ用意してそれぞれあたためる

1つのポットにティースプーンで飲みたい分量に合わせて茶葉を入れる

お湯をしっかり沸騰させてなるべく高いところからお湯を注ぐ

数分待つ

茶こしでもう一つ用意したポットに注げば完成!!



ちょっとした工夫で香りの立ち方や色が大幅に変わるそうですよ(^^)

実際にポットのふたを開けた時に、とても幸せな気持ちになりました。

私は以前コーヒー派だったのですが、今回の取材の後にまずはティーバッグを買ってきて、おうちで紅茶タイムを楽しんでいます☕︎

おうちでゆったりタイム、いかがでしょうか?

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

5月17日
『初めまして!』

福島の皆さん!はじめまして!
4月に入社しました浦部智弘と申します。

先週ついに初鳴きしました!

当日は小湊アナが付いてくださり、準備を一緒に何回も確認してくれたり、先輩方からたくさんの励ましの言葉をいただきました。失敗しないぞと意気込んだ本番!
緊張しておもいっきり噛みました・・・
まだまだ未熟なところしかないですが、福島のアナウンサーとして活躍できるように精進していきますので、応援よろしくお願いいたします。

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

5月14日
『江古田の
たい焼きやさん』

最近ではないのですが、
カメラロールを見返していたら
懐かしい写真が…!

大学3年の秋に
友達と東京散策をしたときの写真。

荻窪から江古田までふらふらして
フィルムカメラでパシャパシャしてくれた中の一枚なんです。(今で言うとエモい?写真ですね)

老舗の可愛らしいおばあちゃんが
一人で営んでいるたい焼きさん。
ふわふわで絶品でした。

コロナが落ち着いたら
大学時代を過ごした東京に
また行きたいなあ。❤️

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

5月13日
『黙浴で気分転換!』

先日、美容室に行ってカットとヘアカラーをしてきました!
冬以来、髪が伸び放題で白髪も目立ってきたため、思い切って夏に向けて短くしました。
なぜか髪をカットすると気分転換になるんですね!
翌日、首筋が寒くて風邪をひきそうになりましたが・・。
さて、私の気分転換といえば、サウナ。
写真の私は、かなり顔が日焼けしているようで
”黒い”ですよね。

おそらく、日々の取材活動に加え
サウナも影響しているのではないかと。
サウナ室で汗を流し、水風呂に入り、
その後の外気浴。

もちろん「黙浴」で、これでととのいます!
外気浴は日光浴にもなるので、
全身が太陽の光を浴びて黒さに磨きが
かかっているのかも、と思っています。
コロナ禍で何かとストレスが
たまりがちだとは思いますが、
気分転換は大切ですよね!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

5月12日
『キャンプを楽しんでいます』

あっという間に5月中旬になり寒すぎず暑すぎずという過ごしやすい気候になってきましたね。

そうしたなか最近、
密を避けて休日に楽しんでいることがあります。

それは、キャンプです。
県内は自然に恵まれていてキャンプが楽しめる場所がたくさんありますよね。

この写真はデイキャンプで天神浜に行った時のもの。
目の前の猪苗代湖や磐梯山を見ながら食べるごはん、
そして鳥のさえずりを聞きながらテントでごろごろ…なんとも贅沢な時間です。

次はどこに行こうかな、何を作ろうかなと考えるのも楽しくてウキウキしています。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

5月11日
『17年前…』

最近写真を撮っていなかったので、恥ずかしいのですが、古い写真を1枚。これは17年前(当時31歳)の私です。画質が悪くてすみません。

下に花が映っているのは、当時の会社のスタッフが退職するということで用意されたものです。この時は午前中の情報番組(まるとく)に出演していました。若いですよね(苦笑)。この頃のように痩せたいと思っているのですが…とりあえずまだダイエットは始めていません(笑)。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

5月10日
『夢中になれるもの』

実は…いや、すでに皆さんに見透かされているかもしれませんが、私は面倒くさがりで飽き性な性格です。

そんな私が、自分でも不思議なことにアナウンスだけは一度も億劫に思ったことがありません。
内容が伝わるように、どこを立てようか、間をあけようか、どの音を上げようか…。原稿と向き合い、あれこれ考えながら声に出す作業には自然と没頭しています。

何気なくテレビをつけて「聞きやすい!」と感じるアナウンスを耳にすると、自分との違いは?読み方、間の取り方、読むスピードは?など頭の中で分析会議が始まります。

とはいえ、自分より上手な人はたくさんいますし、自分自身を上手だ!と思ったことはないのですが…。笑
ただ、ここまで打ち込める仕事に出会えたこと、その仕事に就くことができたこと、本当に幸運だなあと思います。

あれ、ちょっと語りすぎたかな?
気を取り直して、今日も取材に行ってきます!

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

5月7日
『コロナ禍の
ゴールデンウィーク』

渡辺ぶんかです。

コロナ禍のゴールデンウィーク2年目、半分以上が仕事!
それ以外は、長男のスポ少の引率ぐらいで福島市内にステイでした。

その帰りに、近くで人気の「ささき牧場」のソフトクリーム。
イチゴは期間限定で、サラッとしているのが◎。

これまた近くの「つけめんまさはる」はぶれずに「辛つけめん」。
美味しゅうございました。

遠出が出来ないのは仕方ないですが、新潟の母にも会えてない状況なので早く収束してほしいですね。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

5月6日
『取材後のランチには…』

絶対に美味しいものをいただきたい。

そう、間違っても行き当たりばったりに道すがらのお店に入ることは避けたい。
ということで、福島市から離れた市町村にお邪魔する取材の前には美味しいランチ情報をリサーチします。
(もちろん仕事もしっかりしていますよ)

この日は柳津町へ赤べこベロタクシーの取材に行くことになり、前日のうちにふくしまSHOWのスタッフに聞きこみ。彼らは美味しいお店をたくさん知っているのです。ふふふ。
いくつかおすすめはありましたが、そのうちの一つ、キッチン柳さんへ。
洋食屋さんなのですが、柳津に来たらソースカツ丼!ということでそちらをチョイス。
食べてみると、ソースがデミグラス風で普通のソースカツ丼とは何かが違う…
カツは柔らかく、卵は半熟でふわふわ。あっという間にこのカツ丼の虜になってしまいました。お味が忘れられないので、また必ず伺います。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

4月28日
『長沼町のジンギスカン』

北海道長沼町。安部アナの出身地、北広島市のすぐそばにある場所です。その長沼町の名物といえば、ジンギスカン!私も北海道に住んでいたころは、わざわざ食べに行ったこともあるくらいです。

その長沼町と、須賀川市長沼(旧長沼町)、友好都市なんです!須賀川市に行けば、北海道長沼町のジンギスカンが買えるんです!その横にはジンギスカン鍋も…!!

情報を聞きつけて、すぐに須賀川市へ車を走らせました。その夜は、おうちでジンギスカンパーティー、略してジンパ(北海道ではそう呼びます)。ああ、なんて美味しいんだろう…

ラム肉、バンザイ!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

4月26日
『新Nスタふくしま
・Nスポ』

こんにちは!
高橋広季です!

3月下旬からNスタふくしまのキャスター陣、コーナーが一部変わりました。
私は新たに毎週月曜日に設けられた
『Nスポ』というスポーツコーナーを担当することになりました。
試合の裏側や熱く盛り上がったシーンなど、見応えのあるコーナーになるよう頑張っています。
スポーツだけでなく、報道全般においても価値のあるニュース・情報をお伝えできるよう、取材にあたっています!

写真は田中さんがNスタふくしまのキャスターになり、
記念に1枚撮りました!

今日月曜日なので『Nスポ』やります!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

4月23日
『ホームページの…』

アナウンサーの写真が
令和3年度版になりました!!
みなさん気がついていましたか?(〃ω〃)

2月中旬に撮影しました♪
写真はNスタふくしまのNのポーズを表現しています。

毎年のことではあるんですが、プロのカメラマンの方に写真を撮っていただけるのは今でもドキドキ、ワクワクします。

ずっと憧れていたアナウンサーの仕事を始めた5年前…ホームページに初めて掲載された時の感動を今もはっきりと覚えています。

この時期を迎えると社会人1年目を思い出して、背筋が伸びる思いです。

さて既に気がついている方もいると思いますが、テレビユー福島に男性アナウンサー2人が新しく入社してくれています!

番組をしっかり確認して、今後の活躍をぜひチェックしていただければ嬉しいです!!

あ!!!もちろん、『こおりやま発!旬感ライブ』も今後ともよろしくお願いします⭐︎

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

4月21日
『無題』

今年7月で還暦。定年退職することになり、幸か不幸か?何日もの有休消化が待っています。会社に出勤するのは今月いっぱい。このブログも私にとっては最終回となりました。ありがたいことに結構今も忙しく36年を振り返り感慨に浸ることなく最後までジタバタしています。36年前のヘナチョコ青年はヘナチョコおじさんになっていました。ある意味そこはブレなかったんだと我ながら感心しています。

 職場の仲間たち、仕事で出会ったすべての人たち、そして、テレビを観てくださった皆さま…皆さんのおかげでヘナチョコは長きにわたり同じ仕事を続けてこられました。深く感謝いたします。本当にありがとうございました。

 さて、思い出話でも披露したいところではありますが、ジタバタの最中なもんで、ブログを書く時間も無くなってきました。そんな話を聞きたいと思ってくださる奇特な方はぜひお声がけください。飲みながら話します。その時は割り勘で…

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

4月20日
『最近の趣味♪』

実は最近、御朱印集めにはまっています!

母と二人で何気なく始めたのですが、これが本当に楽しい!😊
毎週末の楽しみになりつつあります。

先週はいわき市最古の神社『大國魂神社』へ!磐城七社と呼ばれる格式の高い神社の首座といわれているようです。
地元なのでこれまで何度か足を運んでいましたが、
お参りをして御朱印を貰って、改めて神社の歴史などにも触れることができました。
御朱印集めは勉強にもなるので一石二鳥ですね♪
(一応学生時代は歴史を専攻していたので自称・歴女です(笑))

今週末はどこにいこうかな・・?
おすすめがあればぜひ教えてください♪

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

4月19日
『新しい仲間が
加わりました!』

春は出会いと別れの季節。
郡山報道部に新しい仲間が加わりました。

鈴木康大(こうだい)カメラマンです。
後方真ん中の背の高い好青年です。
髪型は学生時代から変わっていないということです。
身長181センチでうらやましい限り。
事件事故、日々の取材、
こおりやま発!
旬感ライブなどで
活躍が期待されます。

私は去年2月から郡山に来ましたが、
当時いたメンバーはすでに全員異動になったため、
6人のうちでは私が最もベテランになりました。
思えば、この1年あまり様々なことが起きすぎて、
あっという間というか濃密な1年間でした。
今後も、郡山はこの6人で、
ニュースをいち早く正確に、
旬な情報をフレッシュに視聴者の方々に
お届けしていきます!
どうぞよろしくお願いします!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

4月16日
『今年は各地の桜を楽しんでいます』

去年の春はコロナの感染が広がり
ほとんど外出しなかったため桜を楽しめませんでした。

しかし今年はしっかりと感染対策をしながら各地の桜を楽しんでいます。
写真は初めて足を運んだ郡山市の藤田川の桜。
この日はくもりだったのが少し残念だったのですが満開の桜を堪能できました。

ドライブしながら桜を見たり
桜の木の下を歩いたりするだけでもリフレッシュになって気持ちがよかったです。


桜の季節が過ぎたら新緑を楽しむのもいいかもしれませんね!
引き続きコロナ対策をしながら自然を満喫できたらいいなと考えています。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

4月15日
『葛尾川』

先日、葛尾村に取材に行きました。その際、復興交流館の駐車場で見つけたのが、
この「葛尾川」という曲です。
村のホームページには「絆が生んだ ふるさとへの思いを込めた曲」と書かれていました。
何気なく目にとめたこの歌詞に心が引き寄せられました。
「母と通った桜の道」「父に背負われた緑の道」「友と帰りを急いだ道」…
自分が小さいときの思い出と重なり、心に染み入るようなとてもいい歌詞でした。
葛尾村に行かれた際には、村の景色とともに、ぜひ見ていただければと思います。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

4月14日
『今月から…』

Nスタチームに加入しました!

入社してから1年半ほど報道部にいましたが、それ以降はげっきんチームにいたので、ニュースに携わるのはおよそ2年半ぶり。
まだまだ慣れないことが多く、そわそわしています。

写真はキャスターデビューの次の日に撮ってもらったもの。
3人ともポーズが違いますが、それぞれの個性が出ていますね。
私は木曜日と金曜日のみの出演ですが、これからぶんかアナとも息を合わせて、より多くの方々に見ていただけるようなニュース番組にしていければと思います。

あさって金曜日には、私のパン企画も放送予定ですのでお見逃しなく♪

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

4月13日
『恥ずかしながら、
帰ってまいりました』

2021年4月1日、
1年半ぶりに
Nスタふくしまのキャスターに
復帰いたしました。

デスク業務に専念したのが、
あの2019年10月の台風19号の直前。

その後、
震災10年の節目をはじめ、
さまざまな出来事がありました。

番組をつくる立場で俯瞰的に感じたことを生かしてこれから頑張っていきたいと思います。

相方は、TUFの朝の顔だった田中さん。
実は同じ大学出身です(゚∀゚)
田中さんと自然体を目指したいですね。

4月25日(日)には、午後2時から
明治安田生命J3リーグ第6節
福島ユナイテッドFC対いわてグルージャ盛岡との
試合の生中継があります。
実況を担当させていただきますので
ぜひご覧ください!

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

4月12日
『ほっこり!贈り物♪』

先日、可愛らしいマカロンとポストカードが届きました。

母が地元・北海道から送ってくれたもので、動物写真家と洋菓子店がコラボした商品だそう!

ポストカードに映るふっくらとした鳥は「シマエナガ」です。
白いマカロンには目やクチバシ、羽が描かれていて、たまらなく可愛い……!!

味も美味しくてハッピーになれた出来事でした♪

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

4月9日
『我らチームげっきんS!』

TUFにはニュースやバラエティや生活情報などの自社制作番組があります。様々な関係部署やスタッフのちからで成り立っているのがテレビ番組です。

そんな中、わたし杉浦が担当する『げっきんS』はあまり類を見ない少数部隊なんです。放送時はカメラマンなど技術スタッフさんたちと協力しますが、専属スタッフはMCを含み写真の計3人。愉快なおじいちゃんディレクターのミスターKを筆頭に、スタジオを司るのはフロアディレクターの笑顔いっぱいスーパー主婦ミセスYです。

番組の反省会は会社近くの公園で花見ランチしながらなどゆっくりとした時間が流れる我々げっきんファミリーです。

忙しい日にこそみなさんも外の空気を吸って福島の四季を感じてみませんか?ʕᵔᴥᵔʔ

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

4月8日
『ちゃんろく。ちゃんろく。
チェック!チェック!』

このフレーズ、覚えてくれた方はいらっしゃいますか?先月29日から始まった新番組「ちゃんろく。」のオープニングテーマソングです。中毒性があって気が付くと口ずさんでしまうこの曲、気に入っています。

「ちゃんろく。」には私も進行役として出演しています。これまでとは全く違ったテイストの番組に、驚いてしまった視聴者さんも多いかもしれませんね…びっくりさせて、すみません。若者のテレビ離れが叫ばれる令和のこの時代に、あえて若者をターゲットにして作っているこの番組。私たち制作チーム、必死です!(笑)

番組が定着するには時間がかかるかもしれない。
厳しい声に心が折れる日が来るかもしれない。
それでも私まつい、前だけを見て突っ走ることを決めました。
応援よろしくお願い致します!!!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

4月7日
『本当に幸せな』

井上です!
おととい放送したサウナの企画いかがだったでしょうか?
自分の大好きなサウナの魅力を伝えることができて、本当に幸せでした!

ロケで訪れた郡山市のまねきの湯はプライベートでもよく行っていて、県内で有数のサウナ施設だと思ってます!

サウナは温度と湿度のバランスが絶妙で、じっくり長く入って汗を流すことができますし、水風呂は県内でおそらく一番の深さがあり、しっかりと体を冷やすことができます。その後は専用のイスで至福のひととき…。「サウナ―」のことをよく分かってらっしゃるなぁと思える素晴らしい施設なんです。

もしまねきの湯で青いサウナハットをかぶってる私を見つけたら、サウナ―の皆さんぜひ声をかけて下さいね!(笑)

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

4月6日
『休みの日は読書に限る』

こんにちは!
高橋広季です。

タイトル通り、休みの日は読書に熱中しています。
主にスポーツ選手・監督の自伝、ビジネス書、自己啓発、福島のことに関する本などを読んでいます!!

本を読むことによって、人生について何かしらヒントを得られることが良いんです。
私よりも人生経験を積んでいる人の自伝を読むと、
どのようにその壁を乗り越えたのか・どのようなマインドで仕事をしているのかを本から知ることができるんですよね。
大げさに言えば、読書を通して
その人に会って人生の教訓を教えてもらっているような感覚になります。

読書についてはまだ書きたいことはあるのですが、次回にします!
それでは!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール