NOW ON AIR

新着動画

TUFアナウンサーブログ

5月6日
『取材後のランチには…』

絶対に美味しいものをいただきたい。

そう、間違っても行き当たりばったりに道すがらのお店に入ることは避けたい。
ということで、福島市から離れた市町村にお邪魔する取材の前には美味しいランチ情報をリサーチします。
(もちろん仕事もしっかりしていますよ)

この日は柳津町へ赤べこベロタクシーの取材に行くことになり、前日のうちにふくしまSHOWのスタッフに聞きこみ。彼らは美味しいお店をたくさん知っているのです。ふふふ。
いくつかおすすめはありましたが、そのうちの一つ、キッチン柳さんへ。
洋食屋さんなのですが、柳津に来たらソースカツ丼!ということでそちらをチョイス。
食べてみると、ソースがデミグラス風で普通のソースカツ丼とは何かが違う…
カツは柔らかく、卵は半熟でふわふわ。あっという間にこのカツ丼の虜になってしまいました。お味が忘れられないので、また必ず伺います。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

4月30日
『作ってみたよ』

誰でも情報を発信できる今の時代。
映像も同じく携帯ひとつで撮影&編集ができますよね。

ぼくらの知らない間に世の中の技術はどんどん進歩し身の回りは便利な情報とサービスで溢れています。どんなことでも挑戦するハードルが下がっているのであれば、やってみよう!ひとつの案が思い浮かびました。

それは『げっきんS』のオープニングアニメーションを作ること。

もちろんやったことありません。だがやる。だからこそ攻める。教材はYouTube。分からないところはWebで検索。

普段MCとディレクター業を兼務しているため動画編集の基礎は知っているもののまるで違う世界でした。大きな作業は

背景の作成

文字を動かし音楽と連動

の2つです。

失敗と修正を繰り返すうち無事仕事の合間に無事完成しました。

こんな話を聞くと平日毎日の放送冒頭15秒を目にした際は、ハイパーメディアクリエイター杉浦の顔を思い出しちゃいますね。

つまり何が言いたいかというと、挑戦に遅いはないということ。Yes you can!!

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

4月28日
『長沼町のジンギスカン』

北海道長沼町。安部アナの出身地、北広島市のすぐそばにある場所です。その長沼町の名物といえば、ジンギスカン!私も北海道に住んでいたころは、わざわざ食べに行ったこともあるくらいです。

その長沼町と、須賀川市長沼(旧長沼町)、友好都市なんです!須賀川市に行けば、北海道長沼町のジンギスカンが買えるんです!その横にはジンギスカン鍋も…!!

情報を聞きつけて、すぐに須賀川市へ車を走らせました。その夜は、おうちでジンギスカンパーティー、略してジンパ(北海道ではそう呼びます)。ああ、なんて美味しいんだろう…

ラム肉、バンザイ!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

4月27日
『大熊町での再会』

先日休みを利用して大熊町に行ってきました。

大熊町は僕がTUFに来る前の2019年に取材で訪れた思い出の場所です。

その時は避難指示解除後初めてコンビニができたということで取材しましたが、今や大川原地区には商業施設や診療所ができて2年前よりかなり整備されてきたなぁという印象を受けました。
この日大熊町を訪れた目的は「2年前に取材した夫婦に会うこと」。

2年前、できたばかりの災害公営住宅に住み始めたある夫婦。
県外から来た僕に対して何ひとつ嫌がることなく取材に応じてくれた、その感謝を伝えたい!
その思いで再び大熊町の災害公営住宅を訪れましたが、覚えているのは名前だけ。
電話番号も住所も分からない。

うろ覚えの記憶で探していると…
「いた!」
2年前と変わらない姿で花に水やりをしている夫婦の姿が!

思わず駆け寄り、ご挨拶をさせて頂くと、なんと向こうの方も僕のことを覚えていてくれたんです!
2年前と変わらず元気そうで本当に良かった!

この仕事の一番の醍醐味は「取材を通して生まれる人と人との繋がり」だなと改めて感じた週末でした。

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

4月26日
『新Nスタふくしま
・Nスポ』

こんにちは!
高橋広季です!

3月下旬からNスタふくしまのキャスター陣、コーナーが一部変わりました。
私は新たに毎週月曜日に設けられた
『Nスポ』というスポーツコーナーを担当することになりました。
試合の裏側や熱く盛り上がったシーンなど、見応えのあるコーナーになるよう頑張っています。
スポーツだけでなく、報道全般においても価値のあるニュース・情報をお伝えできるよう、取材にあたっています!

写真は田中さんがNスタふくしまのキャスターになり、
記念に1枚撮りました!

今日月曜日なので『Nスポ』やります!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

4月23日
『ホームページの…』

アナウンサーの写真が
令和3年度版になりました!!
みなさん気がついていましたか?(〃ω〃)

2月中旬に撮影しました♪
写真はNスタふくしまのNのポーズを表現しています。

毎年のことではあるんですが、プロのカメラマンの方に写真を撮っていただけるのは今でもドキドキ、ワクワクします。

ずっと憧れていたアナウンサーの仕事を始めた5年前…ホームページに初めて掲載された時の感動を今もはっきりと覚えています。

この時期を迎えると社会人1年目を思い出して、背筋が伸びる思いです。

さて既に気がついている方もいると思いますが、テレビユー福島に男性アナウンサー2人が新しく入社してくれています!

番組をしっかり確認して、今後の活躍をぜひチェックしていただければ嬉しいです!!

あ!!!もちろん、『こおりやま発!旬感ライブ』も今後ともよろしくお願いします⭐︎

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

4月21日
『無題』

今年7月で還暦。定年退職することになり、幸か不幸か?何日もの有休消化が待っています。会社に出勤するのは今月いっぱい。このブログも私にとっては最終回となりました。ありがたいことに結構今も忙しく36年を振り返り感慨に浸ることなく最後までジタバタしています。36年前のヘナチョコ青年はヘナチョコおじさんになっていました。ある意味そこはブレなかったんだと我ながら感心しています。

 職場の仲間たち、仕事で出会ったすべての人たち、そして、テレビを観てくださった皆さま…皆さんのおかげでヘナチョコは長きにわたり同じ仕事を続けてこられました。深く感謝いたします。本当にありがとうございました。

 さて、思い出話でも披露したいところではありますが、ジタバタの最中なもんで、ブログを書く時間も無くなってきました。そんな話を聞きたいと思ってくださる奇特な方はぜひお声がけください。飲みながら話します。その時は割り勘で…

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

4月20日
『最近の趣味♪』

実は最近、御朱印集めにはまっています!

母と二人で何気なく始めたのですが、これが本当に楽しい!😊
毎週末の楽しみになりつつあります。

先週はいわき市最古の神社『大國魂神社』へ!磐城七社と呼ばれる格式の高い神社の首座といわれているようです。
地元なのでこれまで何度か足を運んでいましたが、
お参りをして御朱印を貰って、改めて神社の歴史などにも触れることができました。
御朱印集めは勉強にもなるので一石二鳥ですね♪
(一応学生時代は歴史を専攻していたので自称・歴女です(笑))

今週末はどこにいこうかな・・?
おすすめがあればぜひ教えてください♪

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

4月19日
『新しい仲間が
加わりました!』

春は出会いと別れの季節。
郡山報道部に新しい仲間が加わりました。

鈴木康大(こうだい)カメラマンです。
後方真ん中の背の高い好青年です。
髪型は学生時代から変わっていないということです。
身長181センチでうらやましい限り。
事件事故、日々の取材、
こおりやま発!
旬感ライブなどで
活躍が期待されます。

私は去年2月から郡山に来ましたが、
当時いたメンバーはすでに全員異動になったため、
6人のうちでは私が最もベテランになりました。
思えば、この1年あまり様々なことが起きすぎて、
あっという間というか濃密な1年間でした。
今後も、郡山はこの6人で、
ニュースをいち早く正確に、
旬な情報をフレッシュに視聴者の方々に
お届けしていきます!
どうぞよろしくお願いします!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

4月16日
『今年は各地の桜を楽しんでいます』

去年の春はコロナの感染が広がり
ほとんど外出しなかったため桜を楽しめませんでした。

しかし今年はしっかりと感染対策をしながら各地の桜を楽しんでいます。
写真は初めて足を運んだ郡山市の藤田川の桜。
この日はくもりだったのが少し残念だったのですが満開の桜を堪能できました。

ドライブしながら桜を見たり
桜の木の下を歩いたりするだけでもリフレッシュになって気持ちがよかったです。


桜の季節が過ぎたら新緑を楽しむのもいいかもしれませんね!
引き続きコロナ対策をしながら自然を満喫できたらいいなと考えています。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

4月15日
『葛尾川』

先日、葛尾村に取材に行きました。その際、復興交流館の駐車場で見つけたのが、
この「葛尾川」という曲です。
村のホームページには「絆が生んだ ふるさとへの思いを込めた曲」と書かれていました。
何気なく目にとめたこの歌詞に心が引き寄せられました。
「母と通った桜の道」「父に背負われた緑の道」「友と帰りを急いだ道」…
自分が小さいときの思い出と重なり、心に染み入るようなとてもいい歌詞でした。
葛尾村に行かれた際には、村の景色とともに、ぜひ見ていただければと思います。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

4月14日
『今月から…』

Nスタチームに加入しました!

入社してから1年半ほど報道部にいましたが、それ以降はげっきんチームにいたので、ニュースに携わるのはおよそ2年半ぶり。
まだまだ慣れないことが多く、そわそわしています。

写真はキャスターデビューの次の日に撮ってもらったもの。
3人ともポーズが違いますが、それぞれの個性が出ていますね。
私は木曜日と金曜日のみの出演ですが、これからぶんかアナとも息を合わせて、より多くの方々に見ていただけるようなニュース番組にしていければと思います。

あさって金曜日には、私のパン企画も放送予定ですのでお見逃しなく♪

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

4月13日
『恥ずかしながら、
帰ってまいりました』

2021年4月1日、
1年半ぶりに
Nスタふくしまのキャスターに
復帰いたしました。

デスク業務に専念したのが、
あの2019年10月の台風19号の直前。

その後、
震災10年の節目をはじめ、
さまざまな出来事がありました。

番組をつくる立場で俯瞰的に感じたことを生かしてこれから頑張っていきたいと思います。

相方は、TUFの朝の顔だった田中さん。
実は同じ大学出身です(゚∀゚)
田中さんと自然体を目指したいですね。

4月25日(日)には、午後2時から
明治安田生命J3リーグ第6節
福島ユナイテッドFC対いわてグルージャ盛岡との
試合の生中継があります。
実況を担当させていただきますので
ぜひご覧ください!

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

4月12日
『ほっこり!贈り物♪』

先日、可愛らしいマカロンとポストカードが届きました。

母が地元・北海道から送ってくれたもので、動物写真家と洋菓子店がコラボした商品だそう!

ポストカードに映るふっくらとした鳥は「シマエナガ」です。
白いマカロンには目やクチバシ、羽が描かれていて、たまらなく可愛い……!!

味も美味しくてハッピーになれた出来事でした♪

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

4月9日
『我らチームげっきんS!』

TUFにはニュースやバラエティや生活情報などの自社制作番組があります。様々な関係部署やスタッフのちからで成り立っているのがテレビ番組です。

そんな中、わたし杉浦が担当する『げっきんS』はあまり類を見ない少数部隊なんです。放送時はカメラマンなど技術スタッフさんたちと協力しますが、専属スタッフはMCを含み写真の計3人。愉快なおじいちゃんディレクターのミスターKを筆頭に、スタジオを司るのはフロアディレクターの笑顔いっぱいスーパー主婦ミセスYです。

番組の反省会は会社近くの公園で花見ランチしながらなどゆっくりとした時間が流れる我々げっきんファミリーです。

忙しい日にこそみなさんも外の空気を吸って福島の四季を感じてみませんか?ʕᵔᴥᵔʔ

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

4月8日
『ちゃんろく。ちゃんろく。
チェック!チェック!』

このフレーズ、覚えてくれた方はいらっしゃいますか?先月29日から始まった新番組「ちゃんろく。」のオープニングテーマソングです。中毒性があって気が付くと口ずさんでしまうこの曲、気に入っています。

「ちゃんろく。」には私も進行役として出演しています。これまでとは全く違ったテイストの番組に、驚いてしまった視聴者さんも多いかもしれませんね…びっくりさせて、すみません。若者のテレビ離れが叫ばれる令和のこの時代に、あえて若者をターゲットにして作っているこの番組。私たち制作チーム、必死です!(笑)

番組が定着するには時間がかかるかもしれない。
厳しい声に心が折れる日が来るかもしれない。
それでも私まつい、前だけを見て突っ走ることを決めました。
応援よろしくお願い致します!!!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

4月7日
『本当に幸せな』

井上です!
おととい放送したサウナの企画いかがだったでしょうか?
自分の大好きなサウナの魅力を伝えることができて、本当に幸せでした!

ロケで訪れた郡山市のまねきの湯はプライベートでもよく行っていて、県内で有数のサウナ施設だと思ってます!

サウナは温度と湿度のバランスが絶妙で、じっくり長く入って汗を流すことができますし、水風呂は県内でおそらく一番の深さがあり、しっかりと体を冷やすことができます。その後は専用のイスで至福のひととき…。「サウナ―」のことをよく分かってらっしゃるなぁと思える素晴らしい施設なんです。

もしまねきの湯で青いサウナハットをかぶってる私を見つけたら、サウナ―の皆さんぜひ声をかけて下さいね!(笑)

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

4月6日
『休みの日は読書に限る』

こんにちは!
高橋広季です。

タイトル通り、休みの日は読書に熱中しています。
主にスポーツ選手・監督の自伝、ビジネス書、自己啓発、福島のことに関する本などを読んでいます!!

本を読むことによって、人生について何かしらヒントを得られることが良いんです。
私よりも人生経験を積んでいる人の自伝を読むと、
どのようにその壁を乗り越えたのか・どのようなマインドで仕事をしているのかを本から知ることができるんですよね。
大げさに言えば、読書を通して
その人に会って人生の教訓を教えてもらっているような感覚になります。

読書についてはまだ書きたいことはあるのですが、次回にします!
それでは!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

4月5日
『タイムスリップ!?』

タイムスリップでは・・・ありません。
先日、郡山市にある安積歴史博物館で撮影した時に撮った写真です。

鏡田さんは学ランを。
小湊は制服を。

この連絡があったのは撮影の前日。
スタッフから「制服ありますか?一応、コスプレ用の制服も買ったんですが、丈がすごく短くてギリギリなんです。大丈夫ですか?」と連絡がきました。
いやいや、待って〜〜〜!大丈夫じゃないです汗。恥ずかしくてさすがに無理〜〜!となった私。

実家に夜な夜な電話をし、母に頑張って探してもらいました。
その結果、姉が高校時代に着ていた制服があったので、それを持ってきてもらい撮影しました。この時は、あ〜地元でよかった〜と心底思いました。(笑)

まあ、いずれにせよこの年齢になっても制服を着るとは思ってもみなかったので、少し恥ずかしかったんですけれどね。( ;∀;)

そんな裏事情もあった郡山市編のロケ。
放送は終わってしまいましたが、TVerというアプリから観ることが出来ますので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

4月2日
『新学期、桜も満開!』

桜の季節ですね、最近暖かくなってきて春が来たっ!と感じます。
写真は開成山公園の桜、4月2日に満開を迎えました。
観測史上最も早い満開となったそうです。
私ごとですが、1年で一番好きな季節が“春”です。
“新年度”という響きもきらきらしていてワクワクしますし、何より木々が色づいていく新緑は毎年すごく楽しみなんです。
その様子を見ると自分の気持ちもリフレッシュできてまた頑張ろうと思えます。
ということで、郡山に来て2ヶ月が過ぎましたが、気持ちを引き締めて新年度も気合を入れて頑張っていきます!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

4月1日
『ちゃんろく。』

今週から始まった新番組「ちゃんろく。」(月〜金 夕方4:50〜)の立ち上げに参加しました。今、若者はテレビを観ないと言われています。ゲームはもちろん、家庭のテレビモニターで自分の好きな動画が見られる時代… 私が「若者」だったころは確かに若者向けの番組がたくさんありました。果たして今は…?
新番組「ちゃんろく。」には今の若者たちにテレビへ戻って来てもらいたいという思いが込められています。「ちゃんろく。」に対して、今まで「げっきん☑」などを観てくださっていた方々からは、番組が変わったことを惜しむ声とともに様々なご批判もいただいています。それを真摯に受けとめつつ、“若者番組の成功無くしてテレビ局の未来はない”と信じ、スタッフ皆が汗をかきながら試行錯誤を繰り返しています。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

3月31日
『3月もきょうがラスト!』

県内の桜は次々に開花して、空気もだんだん春めいてきましたね。
きのうのNスタふくしまは
オープニングからTUFの外に咲き誇る桜の下からお伝えしました。
なんだかいつもよりも軽やかな気持ちで天気予報をお伝えすることができました!

さてアナウンサー1年目もきょうで終わり。2年目はこれまでよりもっとアクティブに何事にも全力で取り組んでいきたいと思います!
コロナを理由に運動を怠っていたので、まずはなにかスポーツを始めようかな・・・?

みなさま、今後ともよろしくお願いします!

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

3月30日
春が来ました!
読書の・・秋ではなく春!

先日の地震で家の本棚が大きく崩れ、家にある2000冊の蔵書も崩れ落ちてしまいました。
台所などの片付けを優先していましたが、何とか本棚の整理も終わりました。

作者別、既読の本、未読の本など整理するのがけっこう大変でしたが、改めて自分の買った本、読んだ本を見つめ直していました。
以下、これまでに読んだ本で特に印象に残っているものをあげていきます。

●ロボット・カミイ(古田 足日 著 堀内 誠一 イラスト)
※幼稚園の時に何度も借りて読んだ記憶があり、大人になってかいなおしました。

●長鼻くんといううなぎの話(コンスタンチン・イオシーホフ 著 松井 孝爾 イラスト 福井 研介 翻訳)
※小学5年生のころに図書館で借りて読んだ最初の長編の本。一気読みでした。

●氷点(三浦綾子)
※中学生の頃に、続編も含めて、これも一気読み。

●ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)
※海外ミステリに改めて目覚めさせてくれた本。

●片目の猿(道尾秀介)
※国内ミステリに再びのめり込むきっかけになった本。

●秘密(東野圭吾)
※ラストは衝撃でした。

●レース鳩0777(アラシ)(飯森広一)
1番好きな漫画です。

皆さん、ご参考に!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

3月29日
『月曜日から水曜日を
担当します』

きょうからNスタふくしまもリニューアル!

わたしは奥秋キャスターと月曜日から水曜日を担当することになりました。

奥秋キャスターはわたしが入社3年目で帯のニュースキャスターを務める時からご一緒させていただいているので本当にお世話になっています。
毎日のようにアドバイスをいただき様々なことを教えていただきました。
(もちろんいまもです)
放送直前の停電でスタジオが真っ暗のまま放送した際や東日本大震災の頃も奥秋キャスターとのペアでした。

普段の奥秋キャスターはというと、
『話しやすい頼れるお兄さん』という感じでおちゃめな一面もあるんですよ。


新年度も取材をしながらみなさんに分かりやすくお伝えしていきたいと思います。
新しいNスタふくしまもよろしくお願いいたします。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

3月26日
『こくこく
ワンちゃん』

プラスチックのコップが顔と胴体、ストローが耳、飲み薬を量る容器が足、そして色セロハンでカラフルに!

これは、小学3年生の娘が学校の工作の授業で作ったものです。

工夫のポイントは、コップを組み合わせることで首を動かせるようにしたところだそうです。

「上手だね〜」と言ったところ、「けんちゃん(3歳の弟)が遊べるように作ったの!」という返事。

その清らかな心をいつまでも持ち続けてねと心に願う父なのでした。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

3月25日
『朝の情報番組に
出演すること』

それはアナウンサーを志したときからずっと、私の夢でした。
皆さんがあわただしく朝の準備を終えたときにほっと一息つけるような時間をお届けしたいという想いから、夕方ではなくとにかく“朝”。

東京のキー局では当たり前に毎朝放送されている情報番組ですが、そういった番組を自社制作している地方局というのは意外と少ないのです。

そんな中TUFに入社して、“げっきんチェック”という番組に出会い、MCとして番組に携われたことは奇跡だと思っています。
入社してから1年半はアナウンサーというよりも記者としての仕事がほとんどだったので、げっきんチームに加入できると聞いたときには涙が出るほど嬉しかったです。

その後も辛いことはたくさんありましたが、一昨年の10月にげっきんがリニューアルして今の体制になってからは毎日がきらきらとしていて、視聴者の皆さんにお会いできるのがとにかく楽しみで充実した日々を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

泣いても笑っても、朝の番組に出演するのは明日で最後。
1498回も続いてきたげっきんチェックをどうか最後まで見届けてください。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

3月24日
『懐かしい光景』

先日、久しぶりにJ3の福島ユナイテッドFCの
取材に行き、福島市出身の時崎悠監督に
お会いしました。
2012年〜2014年にかけて
ユナイテッドのほぼ全試合を取材したのが
懐かしいですが、スタッフの方にも
私と時崎さんとの2ショットをみて
「懐かしい感じがしますね」と言われました(^^)

今季のユナイテッドはかなり面白い布陣です。
(主力のけがが残念ですが、、)
上位争いを期待しています!
4月25日にはTUFで
いわてグルージャ盛岡戦を
生中継する予定です。
ぜひご覧ください!

※写真の時だけマスク外しました

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

3月23日
『運命は突然に』

出会いはドラッグストアのガチャポンコーナー。

何気なく通り過ぎようとしたとき、目に飛び込んできたのは、
スマートフォンなどの充電ケーブルに装着するハムスターの小物です!

そのキュートな姿にがっちりと心を掴まれ、久々にガチャポンを回しました。

何度見ても飽きないキュートな姿、癒しのフォルム。
あまりの愛おしさに「おハム」と名付け、愛でています。
これぞ運命……!キュートなおハムにぞっこんな今日この頃です。

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

3月22日
『住まいの空間を充実』

先日、げっきんチェック内の中継でお世話になった福島市のおしゃれリユース家
具&雑貨店「BLOW」さん。最近はコロナ禍を機におうちの模様替えやインテリア
にこだわる方々が増えているようです。ビンテージ品をはじめとしたアイテムを
オーナー自らが各地で厳選し買い付けているため、店内は言わばお宝の山。TUF
のインテリア番長(自称)ことわたし杉浦もテンションが上がりました。アイテ
ムがリーズナブルで高品質なことからお客さんが1点モノの数々を購入し毎週店
内のラインナップがガランと変わることにも驚きです。ちなみにわたしは暖色の
電球系が好きでこだわっています。アイテムひとつでおうち時間もハッピーにな
りますよね。おすすめの雑貨や家具や家電などありましたら教えてくださ
いー!ʕ•ᴥ•ʔ

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

3月19日
『カワウソ通信』

最近増えた自宅のカワウソグッズたちです。カワウソスリッパと、カワウソマグカップ。ああ、なんて可愛い…♡

「カワウソが好き」というと珍しがられることが多々あるんですが、実はカワウソは少し前からブームなんですよ。こんなに素敵なグッズも販売されているくらい。また、首都圏には“カワウソカフェ”もあるんだとか。福島にもできないかなあ…

カワウソのなにが好きかって?キュゥキュゥという鳴き声、一生懸命手を使ってご飯を食べる姿、つぶらな瞳。たまりませんね。プライベートの時間ではよくSNSでカワウソ動画を見ています。

「こんなカワウソグッズが売っていたよ〜」という情報がありましたら、柗井まで★お待ちしています。

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

3月18日
『初めまして!
井上和樹です!』

新人アナウンサーの
井上和樹です!

今日からブログを書くので
よろしくお願いします!

突然ですが、
僕サウナと温泉が大好きなんです。

そんなわけで先週訪れたのは、飯坂温泉の松島屋旅館。

滑らかな水質、
パンチのある熱さ、
ホスピタリティ溢れる女将。

素晴らしい温泉でした!

今後も福島のサウナ・温泉を探求し続けます!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

3月17日
『福島ファイヤーボンズ
福島を元気に!!』

こんにちは!
高橋広季です!

先月、プロバスケットボール
Bリーグ2部の
福島ファイヤーボンズ戦の
中継がありました!

実況は
TBSの小笠原アナウンサーが担当
ピッチリポートを私が担当しました!

試合は激戦の末、惜しくも敗れてしまいましたが
県内出身のキャプテンの菅野翔太選手、山内翼選手、半澤凌太選手(今月7日で特別指定選手としての活動を終了) の3選手が同時にピッチでプレーした時間がありました。
森山ヘッドコーチは福島を背負う若い3人が活躍する姿を見てほしいとの思いが込められていました。
会場で中継で、試合をご覧になってた方は胸にくるものがあったかと思います。

これからも試合を通して福島を盛り上げてほしいですし、応援していきたいと思います!!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

3月16日
『嬉しい忘れ物♪』

先日、帰宅して
自宅のお風呂に入ろうとしたら、
なんと可愛い
アンパンマンのおもちゃが!!!

思わず、にっこり☻
微笑んでしまいました。

これは、姪っ子が
私の家に遊びに来た際
忘れていったものです。

そのおもちゃをみるたびに、
姪っ子の顔が浮かんできて
幸せな気持ちになれるんです♡(変態か笑)

なので
おもちゃをまだ姪っ子には返さずに
お風呂に飾っています(笑)

みなさん、私は決して怪しいものでは
ないですよ?
ただの姪っ子バカなんです照

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

3月15日
『伝え、つなぎ続けること』

先日の旬感ライブで現在郡山駅で今月いっぱい行われている大堀相馬焼の展示・即売会「震災十年の大堀相馬焼〜いままで そしてこれから」をご紹介しました。
東日本大震災から10年、土地を追われて、何もない状況で、疲労困憊の中で伝統を伝え続けることはどんなに大変だったんだろうと想像しました。会場には大堀相馬焼の数は1000点!国内最大規模とのことです。大堀相馬焼といえば緑や馬を想像するかと思いますがほかにもいろいろあるそうで、実際にその種類に驚きました。
写真の私が手に持っているものは、ピンク色をした大堀相馬焼のコーヒーカップです。苦しい中でも奮起し、また新たに再開した窯元さんたちのその力強さ、その精密
さに、取材だということをつい忘れて見入ってしまいました。ぜひ、みなさんにも大堀相馬焼から感じることができるエネルギッシュさ、華々しさ、思いを感じて欲しいです!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

3月12日
『最終回』

このブログを読んでくださる方なら皆さんご存知ですね?去年の春に誕生したTUFのアプリ「たぷり」。その目玉のひとつが豪華プレゼントです。私のようなスマホ苦手オジサンでも簡単な操作なので応募できちゃいます。月に一度の抽選会は柗井アナウンサーと私で司会を担当、ライブ配信を続けてきました。この写真は先日の最終回の様子です。もちろんプレゼントは続きますが、ライブ配信はこの日が最終回。ほぼ抽選会だけの配信が去年7月から9回もよく続いたものです。地上波の番組では“羽目を外す”としばしばお叱りを受けた私ですが、この抽選会ではそれ以上に自由にふるまわせていただきました。だから、楽しかった。リアルタイムで紹介する視聴者の皆さんからのチャットもあたたかいものばかりでうれしかったな。“出役”としてはTUF最後の仕事かもしれません。思い出深い仕事のひとつとなりました。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

3月11日
『10年』

きょう3月11日で、東日本大震災からちょうど10年。
当時中学1年生だった私も、あの日のあの時の光景は鮮明に覚えています。
バスケ部の練習中、体育館が大きく揺れました。
直後は両親とも連絡が取れず、とにかくみんなで駅に向かうことに。
途中、自転車屋から流れるテレビを見て、少しずつ状況を把握した記憶があります。
「津波の恐れがある」という言葉を聞いたときは、本当に怖かった・・・

みなさんもご存じの通り、
福島県は地震、それによる津波、原発事故で大きな被害を受けました。

長かったようで短かった10年。
未だ復興は完全とは言えませんが、私たち一人ひとりが今できることを
精一杯やっていくことが福島の再生に繋がるのではないでしょうか。

そして絶対に忘れてはいけないあの日を、
テレビ局で働く一人として、福島県に住む一人として、
そしてあの日を福島県で経験した一人として
これからも伝え続けなければいけないと思います。

■写真は昨年撮影した富岡町夜ノ森の桜並木です■

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

3月10日
『あの震災から10年』

あの震災から10年がたちました。

先月の夜、突然襲った「2月13日の地震」は
あの10年前の日を思い出すかのような
すごい揺れでした。

自宅を出て支社に向かうとする前に、
あまりの台所の壊れ方にびっくりし
スマホのカメラを向けました。

揺れは10年ほど前ほど長くはありませんでしたが、
大きく揺れ続け、突然の停電。
日頃から防災リュックを備えていたので、
必需品とリュックを持って支社に向かいました。
その後、台所の片付けをする時に、実は足の裏を少し傷つけてしまいました。割
れた茶碗の破片だったんですね。裸足で片付けをしてしまうという失態を演じて
しまったわけです。
福島にとって10年とは、
まだ節目とは言えないかもしれませんが、
3・11は、日頃の防災意識を
再確認する日でもあります。

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

3月9日
『東日本大震災から
もうすぐ10年』

奥秋キャスターのブログにもありましたが
日曜日に震災特別番組「2021現在地〜あの日から10年」をお伝えしました。
わたしが担当したのは浪江町の帰還困難区域の津島地区からの中継です。
地区内の1.6%は避難指示解除に向けて除染などが進められていますが、それ以外
の98%以上は見通しが立っていません。

この10年で復興が進んだところももちろんありますがその一方でまだ何も進んで
いないところもたくさんあるのが現状です。
そうした課題などを伝えていくこと。

また、震災を知らない世代も増えてきているなか震災の教訓をどう伝えて伝えて
いくか。
わたしたちの大きな役割と感じています。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

3月8日
『2021現在地
〜あの日から10年〜』

昨日、テレビユー福島報道特別番組「2021現在地〜あの日から10年〜」をお伝えしました。
写真はこの番組のメイン中継となる産業交流センターの屋上です。
ここからは太平洋が一望できるほか、福島第一原発の排気塔、中間貯蔵施設なども見え、まさに「福島の現在地」が垣間見える場所でした。
震災から10年、「まだ残るものと進んだもの」。
これまで多くのことを伝えてきましたが、まだまだ伝えなければならないことはたくさんあります。
番組でもお伝えしましたが、テレビ局として被災者に寄り添う放送・福島に暮らす人たちに役立つ放送とは何なのか…
こうしたことを念頭に置きながら、これからも「福島の現在地」を伝えていきたいと思っています。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

3月5日
『ついつい…』

頼んでしまうのは、カレーライス。
昔から人並みには好きでしたが、最近はメニューに“カレー”の文字を見つけると、必ず注文するようになりました。突然のカレー愛。走り出したら止まりません。

その理由をふと考えみると、カレーってどこで頼んでも比較的ハズレがないと思ったのです。つまり平均点が高い。そして、福島県には美味しいカレーを楽しめるお店が多い気がします。(田中調べ)
ちなみに私は少しスパイシーで、適度にとろみのある濃厚な欧風カレーが大好きです。
先日も取材先でまさに私の好みドンピシャな絶品カレーに出会ってしまいました。しかもボリューム満点のミルフィーユカツがのっています。
そんなカレーやハンバーグが楽しめる洋食屋さんを、今月17日(水)のげっきんチェックでご紹介しますので要チェックです。

皆さんのおすすめのカレー屋さんもありましたら、私の公式インスタグラムまでぜひお寄せください。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

3月4日
『10年』

渡辺ぶんかです。
まもなく東日本大震災から
ちょうど10年を迎えます。

私は当時、現場で取材をしましたが
振り返ってみると、
震災後の10年間
一度も報道部から
離れたことがなかったので
あまりにもいろんなことが
ありすぎて長かったのか、
短かったのかも
わからないのが本音です。

以前、このブログでも少し書きましたが、
今回、JNN震災10年プロジェクトに
携わらせていただきました。

3月6日14時放送の特番を中心に
裏方で支えてきました。

https://www.tbs.co.jp/311tsunagu-tsunagaru/onair/

6日には、私が福島から中継をする予定です。
福島の声を伝えられればと思います。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

3月3日
『私のおすすめ』

色とりどりで鮮やかな料理、美しさに思わず見とれてしまいそう……。

こちらは以前、げっきんチェックの中継でご紹介した
郡山市「スパイス屋 yummy」さんのスパイスカレーです♪

本格的なスパイスの香りに包まれながら頂いたカレーはとても美味しく、幸せな空間でした。
デザートのプリンも絶品で、店主も素敵な方。
テイクアウトもOKとのことだったので、おうちで旅行気分を味わうのも楽しそう!

たぷりにクーポンもあるので、チェックしてみてください♪

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

3月2日
『リニューアル』

昨日の放送で発表しましたが、この春『げっきん☑』がリニューアルします。
タイトルは『げっきん「S」』!

大きな変更点は3つです。
ちょっと紹介しちゃいます。

MCがひとり体制
(杉浦は継続、田中アナはNスタふくしまのキャスターに)
ひとりで心細い。。

番組開始が10:54に約1時間お引越し
そして最後は!

インターネット同時生配信!&動画保管!!
これまで生放送をご自宅のテレビでリアルタイムに見られなかったという方や県
外の方にも福島の魅力を発信します。しかも見逃し配信ができる!テレビもTUF
も真価を問われる過渡期です。

番組名の「S」にはスマート、スタイル、スマイルなどの意味が込められていま
す。視聴者の皆さんのライフスタイルにプラスになれるような番組を目指しま
す。これからもお力添えくださいませ。

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

3月1日
『「だいふく」が
大ピンチ!』

ある日の朝。
出勤しようと自宅の駐車場の車に向かったところ…
あれ?エンジンがかからない。
雪が降っているから、寒いのか?やる気がないのか?

なんと後部座席のドアが開いていたのです。
そしてそのまま4日間放置していた…そう、バッテリーがあがってしまった私の車。マイカー歴2年の私柗井は状況を理解するのに時間がかかり、大パニックでした(笑)

職場の先輩が、線をつないで車に電池を分けてくれたおかげでなんとか復活したマイカー。よかった、ゆうじアナの車のように煙が出なくて(笑)

ちなみに私の車の名前は「だいふく」です。大分から福島に来たタイミングで購入したから、一文字ずつもらって「大福」。今回は苦しめてごめんね、だいふく。大事に扱うから長生きしてね…!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

2月26日
『心落ち着く瞬間』

こんにちは。
高橋広季です!

忙しくて自分の時間がとれないとき、外を歩いて太陽が出ていると、とても心が落ち着きます。!

ここ最近は最大震度6強の地震が起こるなど、
報道部にいる私にとって取材で、ここ1、2週間はとても大変な日々でした。
そんなときに、快晴の青空の下、歩いてると
心も晴れ晴れしていきます!!

皆さんも、天気が良い日・太陽が出ている日中に
10分だけでも歩いてみてください!

今月28日(日)にはTUFで福島ファイヤーボンズのホーム戦の中継があります!!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

2月25日
『たくさん食べて
今日も頑張ろう!!』

写真は先日の取材後に
食べたランチなんですが・・・
おかずの量がなんとも多く
がっつりお昼ご飯を
食べたい私にとっては
最高のご飯だったんです♡

こちらの定食が食べられるのは
郡山市にある「フルカワ食堂」。
周りのお客さんも食べ
人気を集めていたのが
ハーフ&ハーフの定食!!

こちらを頼むと、
おかず8種類の中から
2つ好きなおかずを選んで
食べることができるんです♪

私も頼むときは
全部食べられるか不安だったんですが、
美味しすぎて
完食してしまいました♡

がっつり食べたい!!
力をつけたい!!という方には
とってもオススメの定食ですよ♪

本当においしいので
ぜひ行ってみてくださいね♡

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

2月24日
『郡山での』

生活が始まってあっという間に1ヶ月が経とうとしています。2021年ももうすぐ3月⁈と、目を丸くしているところです。
東西南北に広い福島県で、郡山から旬感ライブをお伝えすることに、改めてやりがいを感じています。東日本大震災から10年となる発信もそのひとつです。
2月13日の深夜、福島県を襲った最大震度6強の地震。東日本大震災が起こった時には北海道にいたので、ここまで大きい地震を感じたのは生まれて初めてでした。
みなさんは怪我なく、ご無事でしたでしょうか?私は怪我はないものの、自宅のテレビが倒れ食器も落ちて割れました。正直怖かったですが、大きな被害を受けた地域のみなさんのことを知る度に、心が痛みます。
地震当日は、警察に電話をかけ状況把握に力を入れるとともに、水津さんの中継のお手伝いなどをしていました。アナウンサーだけれど、縁の下の力持ちに徹しようとみなさんの大切なものを守る報道に、微力ながら努力をしているつもりです。
旬感ライブで視聴者のみなさんに見ていただける機会が増えていますが、これまで以上に言葉の重みと『伝わる報道』を胸に頑張っていきます!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

2月22日
『夏のシクラメン
その3』

一昨年12月に買ったシクラメンが去年の夏につぼみをつけ、秋に再び咲いたことをこのブログで書かせていただきました。
その後、多年草のシクラメンが再び花を咲かせること自体珍しいことではないことも学びました。今シーズンは、ご覧のように“仲間”も増えました。
で、今回は何を言いたいのか…
目を覚ますとシクラメンのことが気になるんですよね。ほぼ毎朝、水をやっています。これまで自堕落な生活を送ってきた私にとっては大きな変化。自分の生活にこんなルーティンが加わるなんて人生初かも…老後に向けて微かな光が見えました。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

2月19日
『⛄』

佐藤玲奈です!

県内は立春を過ぎても
まだまだ冬の天気が続き、
各地では雪の積もる
ところもありますよね。

わたしは先日
取材の合間に
小さな雪だるまを
つくりました!

浜通り出身のため
雪はいまだに珍しいと
感じてしまい、
ついつい雪だるまを
作ってしまいます♪

冬は寒くてつらい日も
ありますが、雪は大好き!

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

2月18日
『「こおりやま発!
旬感ライブ」!』

去年夏からお送りしている
「こおりやま発!旬感ライブ」
今年2月から郡山報道部に新しい仲間が加わりました。
安部遼アナウンサーです。
きのうは、ドライヘッドスパを体験し、気持ち良さそうな表情でその魅力を伝えてくれました!
コロナ禍で、パソコンやスマホに向かう
時間が長くなって
目や肩の疲れが気になるきょうこの頃、
自分なりの方法でリラックスして
至福のひとときを味わうことは
とっても大切ですよね!
震災から間もなく10年を迎えようとしている中での先日の地震で、
先週末からずっと取材に中継にと、
緊張感の連続です。
まだ地震で崩れた自宅の中は、
片付けが終わっていませんが、
私も自分なりのリラックス法を見つけて
頑張りたいと思います!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

2月17日
『ドライフラワーの魅力』

普段から家に花を飾るようにしています。

理由はとても癒されるから。

花を買って飾るようになり

お花屋さんに長持ちする方法などを教えてもらうなど

さらに楽しめるようになりました。


そして、家には生花だけでなくドライフラワーもたくさんあります。

写真はアナベルというもの。

買った時は緑が濃い大きなものだったのですが、

ドライフラワーにしてみて大きさはそのままに色が落ち着いた状態になりました。


このくすみカラーもかわいい!!

最近はお花屋さんに生花として楽しんだあとにドライフラワーとしても楽しめる
ものを聞いて購入することも。


最近は大きな地震がありましたが、

花はわたしの生活のなかでホッとした気持ちにさせてくれる存在となっています。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

2月16日
『可愛い息子と…』

写真は、私の息子との「ある企画」の撮影現場の1枚です。どんな企画かは、今後の発表を楽しみにお待ちください(笑)

3歳になったばかりの息子は、イヤイヤ期が終わったばかり。撮影となると、こちらの言うことを聞いてもらわなければならないので不安があったのですが、「あっちからパパの方に走ってきてね」というと「はい!」と元気な返事。しかも笑顔で何度も走ってくれました。
笑顔の写真は「ある企画」で使うのでそちらを見ていただければと思います。息子の成長を実感した1日となりました。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

2月15日
『制服姿、
まだまだいける?!』

番組スタッフ「さほさん、制服ってまだ持っていますか?」

田中「え、突然何の話? 持ってるけど…」

番組スタッフ「来週の撮影で使いたいので持ってきてもらえますか?」

田中「福島には持ってきてないから、実家から送ってもらわねば…」といった感じで、

福島に上陸した懐かしの制服と久しぶりの再会。
私は中高一貫校に通っていたので、ほぼ6年間 同じ制服を着ていたことになります。
そのため少し古ぼけてはいますが、着用には何ら問題ありません。
ブラウスに袖を通した瞬間に、学生時代の思い出がぶわっと走馬灯のように蘇り、
なんだか感慨深い気持ちに。ちょっぴりあの時に戻りたくなりました。

さてさて、このとき収録したものが今月21日(日)午後2時からの特別番組、「東北全力応援!幸せここだけフード」の中で放送されます。
制服のシーンはほんの一瞬ですので、まばたき厳禁です。ぜひご覧ください。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

2月12日
『新しい生活様式で
飲食店応援』

渡辺ぶんかです。

なかなか取材に
出る機会の少ない私ですが、
震災10年関連の取材で
久々に本宮市へ。

本宮と言えば、個人的には「柏屋食堂」さんのソースカツ丼。
おととしの台風19号で被災されたお店です。
消毒はもちろん、カメラマンと座った席は
対面の席を横並びにして対策されていました。

私は県内屈指のソースカツ丼と、
以前から感じているんですが、
実は使っているコシヒカリが
この日に取材に伺った本宮市の
「御稲(みいね)プライマル」さんの生産。
あのカツとタレに、最強の組み合わせです(о´∀`о)

御稲プライマルさんの話は
来月上旬のNスタふくしまで
ご紹介させていただく予定です。

チャーハン、五目焼きそばは
福島市の「大學ラーメン」さんのもの。
こちらもいろいろと感染対策をされていましたが
五目焼きそばだけでなく、
チャーハンも食べたいと
思わず欲張ってしまう味です(≧∇≦)
最近、胃袋小さくなってるワタクシにとっては
少し食べすぎたかも。ご馳走さまでした!

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

2月10日
『苦手なもの』

「北海道出身なんだね!それなら寒さは平気でしょ?」

道産子の私がよく聞かれることの一つが、寒さへの耐性です。

ここ福島に来てからも局内や取材先などでよく質問を受けていました。

しかし!!!
実は私、寒さが大の苦手です。
家では暖房を焚き、毛布やブランケットが手放せません。

写真は笑顔で写っていますが、この時、実は寒さに備えホッカイロを4つ装備しています。

イルミネーションやウィンタースポーツも素敵ですが、暖かい室内で過ごす快適さには叶わないなあ、、、。

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

2月9日
『あなたが変わる。福島で変わる。』

これから就職を考えている
若者たちに、県内企業を
PRする動画事業について
伝えるチラシです。

下の方の「アフターコロナを
たくましく生きるための
企業選択」も含め、実は
私が考えたコピーです。
細かい経緯は省略しますが、
おじさん、こんな仕事もしてるんです。

このチラシやポスターは全国各地の大学などで掲示されています。
自分が考えた文章が多くの人の目に留まる…正直悪い気はしません。これから就職を目指す方、ぜひその動画もご覧ください。
ふくしまのしごと、みてみよう。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

2月8日
『ばばんば
ばんばんばん♪』

最近のマイブーム、おうちで温泉ごっこ〜!
高湯温泉の湯の花です。これをお風呂のお湯に溶かすだけで、温泉の出来上が
り\(^^)/

高湯温泉は乳白色の硫黄泉。身体がポカポカに温まって、なかなか冷めない!これ、本当ですよ。独特な硫黄のにおいもたまらない♡

おうち高湯温泉でのんびり半身浴…週末の楽しみの一つとなっています。
みなさんも、お試しあれ!

※追い焚き機能は使わないでくださいね!入り終わったらすぐに湯船を洗いましょう★

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

2月5日
『げっきんチェックへの出演』

こんにちは。高橋広季です。

先月末、祐治さんが中継のため、代打でスタジオに出演しました。

かれこれ、去年の10月くらいから
月に一度のペースでスタジオにお邪魔しています!
普段は警察担当の記者として働いているため、雰囲気の違いに毎回なかなか慣れないのですが、MCの田中沙朋さんがやりやすい雰囲気を作ってくれるので、オンエアが始まる頃にはすんなりと入り込めている気がします。
そうした田中沙朋さんのフォローもあるため、
毎月げっきんチェックの出演は自分自身楽しめて放送に臨めています!!

今月末もげっきんチェックに出演する予定です!
宜しくお願いします!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

2月4日
『自分の出来なさに
ショック!!!』

先日、「ふくしまSHOW」のあるロケで公園に行ってきたのですが、どの遊具で遊ぶにも思うように身体が動いてくれませんでした(笑)
(雪で滑るため、遊具の難易度もあがっていたのもある笑)

小さい頃は、どの遊具も余裕で楽しんでいたのに!!
昔から運動は得意な方だと自負していた私は
どうして・・・と考え込みました・・・。

これは、歳をとったせいなのか?
運動不足のせいなのか?
それとも、太ったせいなのか!?
それともそれとも、雪があってただ怖かっただけ!?

いや、理由はなんであれ
スムーズに公園で体を動かせなかったのが
悔しいいいいいいい!!!笑

なので、ちゃんと運動をして
必ず公園にリベンジに行ってこようと思います!!
 ひひきき

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

2月3日
『初めてのことには…』

緊張するとともに、ワクワク・ドキドキ、楽しみも感じます。
みなさんはどうでしょうか?

というのも…私ごとではございますが、2月1日付けで郡山総支社に異動となり、郡山での新生活を始めました!

会社として女性アナウンサーを支社に送り出すのは初めてのことだそうで…
背筋が伸びる思いです。
今後は『こおりやま発!旬感ライブ』や『郡山とっておき情報』を中心にさまざまな情報をお伝えしていきます。
そして記者として事件・事故現場にも駆けつけ、生活に必要な情報をお届けします。

初めての郡山での生活、初めての支社派遣、初めての転勤の経験、実は初めてコーナーを隔週で担当すること…掲載している写真は郡山に来てから初めて取材した時に撮影したものです。
まさに"初めて"尽くしです!!
これからも謙虚な気持ちを忘れずに仕事に励んでいきます。

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

2月2日
『いつも心に少年を』

大学生まで毎日アメフトのボールに触れていた杉浦ですが、ふくしまライフを振り返ってみると、1年間を通して板乗りのスポーツに興じています。

春と秋はスケートボード。夏はサーフィン。この時期はスノーボード。子どもの頃からアクティブな私は、今でも必ずと言っていいほど体のどこかに傷があります。幾度となくコンクリートや荒波、圧雪面からかわいがりを受け培った打たれ強さが持ち味の30歳の男の子です。

一番本腰を入れているのはスノーボードですが、先日スピード競技の大会で小中学生に負けました。
しかし逆境からの巻き返しには自信があります。挑戦に年齢は関係ありません。
近々、年に一度の公式戦に出場します。目標は大きく、目指せ全日本選手権っ。

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

2月1日
『けん玉にドはまり!』

タイトル通り、年明けからけん玉にドはまりしています。おうち時間が増える中、無心でとことん練習できるけん玉の魅力を知ってしまいました。
最近は「とめけん」と呼ばれる剣先に玉をスポっと入れる技ができるようになったんです!1か月間毎日練習した甲斐がありました〜!

そして本日のNスタふくしまでは、今アツい!けん玉の魅力をご紹介します!けん玉をやったことがある人もない人も是非!ご覧ください♪きっとけん玉がやりたくなりますよ😊

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

1月29日
『マー君が帰ってくる! 』

取材が終わり、車中でカメラマンからスマホの速報で聞いたうれしい知らせ。「マー君が帰ってくる!」楽天イーグルスに、なんと8年ぶりに田中将大投手が戻ってくることが決定しました。
2013年のペナントレース、日本シリーズでの活躍は言うまでもなく、メジャーでの華麗な実績を残しての電撃復帰。

震災から10年の東北にとって、多くの野球ファンにとって、また、コロナで苦しむ日本にとって、とっても明るいニュースでした。

ゴールデンイーグルスの今シーズンの先発陣のことを考えると、夜も眠れなくなるぐらい、わくわくします。
震災後の東北を盛り上げてくれたマー君。コロナ禍の今だからこそ、元気な姿、プレーでまた日本を大きく盛り上げてほしいなと思います。
プロ野球のキャンプイン、開幕が本当に待ち遠しくなりました!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

1月28日
『雪の猪苗代湖』

今シーズンは寒く感じるのはわたしだけでしょうか?
きょうも寒いっ!!
さて、写真は先月猪苗代湖で撮った写真。はくちょう丸とかめ丸と撮りました。

去年の夏は蜜も避けられるためウェイクサーフィンやウェイクボードをするために例年以上に通った猪苗代湖。
その際も同じような写真を撮ったのですが雪景色だと全く違った雰囲気です。

まだまだ寒い日が続きそうです。
コロナもそうですが風邪などひかないように気をつけましょうね。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

1月27日
『久しぶりの再会!』

県内のテレビ5局が復興を後押しするキャンペーンを去年から展開していますが、その一環として今月18日〜22日に各局の男性キャスターが午後6時台のニュース番組に相互に出演する企画を行いました。写真は福島中央テレビにお邪魔したときに撮影させていただいた大野智子アナウンサーとの1枚です。実は大野ちゃん(いつもはこう呼んでいます)とは同期なんです。この年齢になると退職などでどんどん同期は減っていくものですが、その中でも残って頑張っている大野ちゃんには感謝・感謝です。大野ちゃんをテレビで見ると「俺も頑張らなきゃ!」という気持ちになります。局は違いますが、互いにテレビを通して福島の復興に寄与できるよう頑張りましょう!

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

1月26日
『恵方巻?!』

に見えますが、これ実はパンでできた恵方巻“サンドイッチ”なんです。中にはエビフライにツナサラダ、玉子焼き、キュウリ、レタスと具だくさん。周りにはぐるりと、本来はお米との相性が良いはずの海苔が巻かれています。持ってみると、通常の恵方巻よりもずいぶんと軽い…

いざ実食。
柔らかいパンに包まれたサックサクの大きなエビフライ。そしてちょうど良い塩加減のツナサラダがすべての具材をうまく調和させている。これは…美味しい…!

食べたくなってきたそこのあなた。
こちらは郡山市菜根にある人気パン屋さん、ベーカリー チロルで購入ができます。皆さんも今年の節分に恵方巻サンド、いかがですか?

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

1月25日
『石井食堂』

渡辺ぶんかです。
先日、久しぶりに取材で外に出て、葛尾村に行ってきました。

その際のランチですが、葛尾村といえば「石井食堂」さんですね。新しいお店には初めていきましたがチャーシュー麺をおいしくいただきました。

「半チャーハン」、「半」じゃない盛りの良さでした。
あ、写真を撮り忘れました…。

葛尾村では震災10年に向けた取材をしていました。
それについては機会がきたらまた、お知らせできればと思います。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

1月22日
『おうち時間』

これらは少し前に実家の母が送ってくれたものです。私の地元、北海道からこんなに沢山の美味しいものたちが福島の私のもとへやってきてくれました!

コロナ禍で外出の機会は例年よりぐっと少なくなりましたが、その分、自宅で美味しいものを楽しむ時間が増えたように感じます。

ゆったり自宅で美味しいご飯、リラックスできて最高♪
ビールに唐揚げ、チョコレートにワイン、、、。あれ、飲んでばかり?笑
飲み過ぎに注意しつつ、食を楽しみたいと思います!

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール