NOW ON AIR

新着動画

TUFアナウンサーブログ

10月22日
『今年もこの季節が
やってきました…』

ある日の午後。
新人の井上和樹アナウンサーが私のところに来て、「高校駅伝の実況について聞きたいことがあるのですが…」(写真は井上アナが去年の高校駅伝の映像で勉強中の様子)。
スポーツ実況は初体験となる井上アナ。
資料作りから実況の仕方まで、わからないことはたくさんありますよね。
20数年間、駅伝の実況に携わってきた経験を少しでも伝えようと、過去の自分の資料を見せながら、「資料はこう作った方が見やすいよ」「実況するときのモニターと肉眼で選手を見る割合はこうするといいよ」など丁寧に説明したつもり?です。
とはいえ、こればかりは実際に現場に立ち、選手のスピードなどを直接見ないとわからない部分もたくさんあります。
井上アナ、様々な先輩からいろいろなアドバイスを受けると思いますが、取捨選択をして、自分のやりやすいように資料を作り、視聴者の皆さんがわかりやすい実況を心掛けてくださいね。
ちなみに来月には「ふくしま駅伝」があり、私も実況する立場なので、負けないように頑張ります!

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

10月20日
『あかりに揺らめく花々』

先日、親戚から素敵な
手作りキャンドルを
頂きました。

ハーバリウムとなっている
容器の中には可愛らしい
小さな植物が
灯りを囲むように
散りばめられています。

茶色や緑を基調の内装に
間接照明を使っている
我が家の雰囲気に合い
お気に入りです。

花々越しに照らす
あたたかみのある灯りで
ほっと一息つける
夜が好きです。

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

10月19日
『はじめての稲刈り』

実はことし、プライベートで農家さんのお手伝いを時々させていただいているんです!先日は人生初の稲刈りに挑戦!鎌を持つのも初めてだったので、まわりの人たちに心配されましたが…楽しく作業を進めることができました。
お米が大好きで、夜ご飯には軽く一合を食べてしまう私まつい。いつもおいしいお米を作ってくれている農家さんたちへ、改めて感謝したいなあと思いました!
種をまいて、田植えをして、稲刈りをして…そのお米を食べるのがいまから楽しみで仕方がありません♪

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

10月18日
『ONE UNITED』

この写真は先日福島ユナイテッドFCの試合を取材に行った時の一枚です。コロナ禍で2年間出来なかったサポーターによる選手バスの出迎えが復活しました!
サポーターの拍手に送られ、スタジアムに入っていく選手たちはいつも以上に力の入った表情をしていました。
この2年ぶりの出迎えのおかげか、試合は相手の鹿児島に先制される苦しい内容でしたが、ユナイテッドは後半同点に追いつき連敗をストップすることができました!
ユナイテッドは選手だけでなく、サポーターも一つになっている、まさに「ONE UNITED」で戦っているんだと実感した素晴らしい試合になりました!
今シーズン残りはわずかですが、僕も最後まで優勝を信じてユナイテッドを応援します!!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

10月15日
『私の大事にしている言葉』

こんにちは!
高橋広季です。

今回は私が大事にしている言葉について紹介したいと思います。

"雪に耐えて梅花麗し" です。

どんな意味なのかというと

『梅の花は冬の寒さが厳しければ厳しいほど
春に美しい花を咲かせる』

これを人に置きかえると
『人間も耐え忍び、苦しんだぶんだけ大きな功績をあげることができる』

です!

西郷隆盛の言葉なのですが、
私が尊敬する、
元・広島東洋カープ、メジャーリーグでも活躍された黒田博樹投手のモットーでもあります。

私はこの言葉に出会ってから、
困難なことはマイナスなことではなくて、自分を成長させるチャンスなんだと捉えることができました。!

これからも私はこの言葉を胸に
日々、前向きに挑戦し続けていきたいと思います!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

10月14日
『秋が深まって』

紅葉シーズンを迎えていますね。
私は紅葉を見に行くのが大好きで、晴れたお休みの日は紅葉を目当てに県内をドライブしています。
そして、登山をするので、「登山+紅葉」と2度うれしい季節でもあります。
最近だと、一切経山、会津駒ヶ岳、安達太良山に登り、紅葉を楽しみました。
最高の眺めで、普段の疲れが吹っ飛んでしまうようでした。
そして仕事では、先日、猪苗代町にある猪苗代ハーブ園に行って
「コキア」の紅葉を取材させてもらいました。
実は紅く染まったコキアを見るのは初めて。
かわいくてきれいで…、絶景スポットだと感じました。
今月下旬ごろまで見ごろとのことですよ。

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

10月13日
『みなさん、
馬刺しは好きですか?』

少し前になりますが、猪苗代町にある大久保商店で馬刺しを食べました!

九州では生姜と醤油で食べるのですが、
福島では辛味噌で食べるのが一般的ということで、、

初!辛味噌つけ馬刺し、 いただきました!

香りが強かったので濃い味を想像していたのですが、
あっさりとしていて、とても食べやすかったです!

みなさんもぜひ、食べに行ってみてください〜

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

10月12日
『方言の温かさと魅力』

特集でお伝えした「都路方言かるた」
ひとつひとつ改めて見て読んでみると、
その地方の温かさが伝わってきました。
地方ならではの方言が日本には
たくさんありますよね。

かるたを作った「都路民話の会」は20年前の
うつくしま未来博をきっかけに結成され
「民話」や「方言」を後世に伝える
活動をしていらっしゃいます。

アナウンサーは、多くの人に分かりやすい
言葉を使うため、
基本的に標準語を使いますが、
出身地の言葉を使うと、
なんだかほっとした気持ちになれます。

その気持ちこそが、方言の魅力であり、
伝えていくべきものなのかもしれません。

ちなみに今ではすっかり福島弁にも慣れましたが、
私は高校生まで山口県にいたため、
当たり前ですが山口弁はお手のもの。

「疲れた」は「えらい」、
「・・・じゃけー」などなど使うことがあります。
アクセントや言い方など微妙な「ニュアンス」が
あることが、また方言の魅力ですよね。

「地方の方言は本当に大切にしていかなくては
ならない」と、普段標準語をしゃべる身として

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

10月8日
『懐かしい1枚』

先日、Nスタふくしまの特集で県内の制服事情をお伝えしました。
ちょうどそのオンエアの前にキー局では
『ルーズソックス ブーム再燃』のニュースが…


むむむ!
ルーズソックスといえばわたしの青春!!
わたしが高校生の頃、世代としてはルーズソックスと紺色のハイソックスが人気でした。
この写真は『あ〜このルーズともさよならだね』なんて言いながらみんなで記念に撮ったものです。

卒業後一切履くことがないのに
高校時代が楽しい思い出ばかりでこのルーズソックスをなぜか捨てられずにいます。
友人もそのようです。笑
わたしたち、変なのでしょうか?!
うん…変ですよね。

あ、この写真の画質も令和のこの時代は
『レトロでかわいい』と言ってもらえるのでしょうかね笑。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

10月7日
『仲良く遊んでね』

3歳の子どもにずっとせがまれていた電車を走らせるおもちゃ。

誕生日でもクリスマスでもないため買わずにいたのですが、あまりにもお片づけをしないので、お片づけをすることを条件に買ってしまいました。

一緒に買いに行ったときは、喜びを爆発させていたのですが、興奮しすぎたせいか帰りの車の中で爆睡。

遊ぶのは翌日かなと思っていたら、小学4年のお姉ちゃんが「私が遊びたい!」

弟のおもちゃを独り占めして遊べるのは今日だけということで一生懸命シールを張ったり、レールをつないでいました。

翌日は写真の通り、たまに電車を取り合いながら仲良く遊んでいましたよ。

そして肝心のお片づけはというと…やはり3歳の子どもは「はーい」と返事をするものの一向に片付けず、結局は「ブーブー」文句をいいながらお姉ちゃんがせっせとお片づけをしているのでした(苦笑)

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

10月6日
『久々のコンビ復活で…』

Nスタふくしまが9月最終週に
リニューアルしまして、
木曜日は小野美希キャスターとの
コンビになりました(^^)

「いつ以来のコンビだっけ?」
2人とも覚えてません 笑笑
少なくとも3年は間隔空いてますね。
写真はお互いを立てあった結果の
変な譲り合い|( ̄3 ̄)|

金曜日はフレッシュな
佐藤玲奈アナウンサーとお伝えします。
みなさま、今後とも
Nスタふくしまをよろしくお願いいたします!

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

10月5日
『ひとりで楽しめる
スポーツの秋』

この時期は涼しくて
運動したくなります。

私が楽しむのは
サイクリング。

コロナ禍の中での
運動不足解消にも
ぴったりです。

紅葉の景色を味わうのも
秋のサイクリングの
醍醐味のひとつです。

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

10月4日
『どよばんちゃんろく。
始まったよ〜!』

今月から始まった「どよばんちゃんろく。」。ちゃんろく。の一週間の見どころをぎゅぎゅっと30分に凝縮した内容です。一緒にナビゲーターをしてくれるのが、なんと!大人気YouTuberのHIMAWARIちゃんねるのまーちゃん&おーちゃん、そしてロッキュン♡私まつい、妹おーちゃんとの歳の差は22歳。お母さんになった気分です(笑)

「どよばんちゃんろく。」の放送は土曜日のあさ7時から!少し早い時間ですが、ちびっこはもちろん、ファミリーで楽しんでもらえたらいいなと思っております♪

次の収録も楽しみだな〜!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

10月1日
『THE TIME,
いよいよスタートです!』

小さい頃、山形県山形市に住んでいた私は「テレビっ子」でした。キー局の番組だけでなく、地元局が放送するニュース番組や情報番組もよく見ていました。その番組に出ている地元局のアナウンサーたちは、私にとって「おらがまちのアナウンサー」でした。

だからこそ、そのアナウンサーが全国番組に出演する機会があると、「山形〇〇の●●アナウンサーが出てる!」とまるで親戚が出ているかのように嬉しかった記憶があります。


さてきょうから新番組「THE TIME,」が始まりました。目玉は毎朝行われる「列島中継」。

その福島担当のリポーターを私が務めることになりました!「TUFの井上アナが出てる!」と、普段「ちゃんろく。」や「Nスタふくしま」をご覧になってる方々に思われるよう頑張ります!そして土曜日には「どよばんちゃんろく。」も新しく始まりますので、合わせてぜひご覧ください!!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

9月30日
『高校野球の取材を通して
改めて感じたこと』

こんにちは。
高橋広季です!

きのう、秋の高校野球県大会が終わり、
聖光学院が3年ぶり15回目の優勝を果たしました。

私は夏の県大会から今回の秋の県大会と、
高校野球を取材してきました。
選手たちの気迫溢れるプレーに気持ちが高ぶるのはもちろんですが、
取材を通して私が強く感じたのは"高校球児たちの人間力の高さ"です。

というのは、
多くの選手がチームを第一にプレーしているということです。
こう言えば当たり前のように聞こえるかもしれませんが、なかなか簡単にできることではないと思っています。
自分だけが良ければいい・活躍すればいいといった感情が誰しもあっておかしくないとは思うんですが、
悔しさ・むなしさなどといった色々な思いを押し殺して、チームのために尽くす高校球児たちを見てきました。

私も高校球児から改めて学んだように
"人間力"を磨き続けながら過ごしていきたいと思います。

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

9月29日
『ベストを尽くします!!』

この写真は、「Nスタふくしま」で毎週水曜日に放送している「旬感ライブ」の日の様子です。当日に取材を行い、夕方にかけて内容をまとめて、約4分半の生中継に備えます。少しの時間も無駄にはできず、自分の集中力を高める瞬間です。この日は、お店の方に許可をいただき、お客さんのいない席をお借りして準備をさせていただきました。ベストな中継レポートを目指して、日々勉強中です。

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

9月28日
『全国各地の
ユニークサイダー!』

先週の番組で全国各地から集められたというサイダーの自動販売機の中継に行ってきました!空は快晴、とっても暑く、炭酸が胃にしみて美味しかったです〜
個人的にはウナギのサイダーにはびっくりしました 笑

本番中に自動販売機をお持ちの方のお孫さんたちが応援に!
クリームソーダに大はしゃぎの子供たちの笑顔が忘れられないです 笑

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

9月27日
『相棒』

ということでご紹介します。
愛犬でティーカッププードルのポポです!
かわいい〜〜〜〜♡(親ばかです)
いわき市の実家で飼っていますが、
1か月に何度かポポに会うために帰省しています。
私が帰ると車の音で気が付くらしく
「きゅ〜〜〜〜ん」と鳴きながら
私の胸にダイブ!!すべての疲れを忘れるくらい幸せな瞬間です。

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

9月22日
『秋の楽しみ』

みなさんにとって秋の楽しみといえば何ですか?
わたしはいろいろと悩みますがやはり『食』!
最近、県内産の梨・豊水をいただきました。
この豊水、ご覧のようにとても大きく甘くてみずみずしいんです。
食べる少し前に冷蔵庫で冷やすと最高!
最近の毎日の楽しみになっています。

福島はおいしい食べ物がたくさんありますよね。
他にも食べたいものがたくさん。
次は何を食べようかな〜!

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

9月21日
『アラフィフのTikTok』

アラフィフになってまさかこんなことをやる羽目になるとは…
写真は、世界中の動画を無料で楽しめるアプリ「TikTok」の撮影風景です。
若者の間で絶大な支持を得ているSNSですが、踊りが苦手な私にとっては
なかなか大変な仕事でして…
担当部署の阿部ちゃん(女性)が近寄ってきたときは要注意。
「奥秋さん、今、ちょっとだけ時間あります?」
そういって本社の玄関前まで連れていかれ、知らない人の動画を見せられ
「簡単ですから、今、これを踊ってください!」
若い人たちには簡単でも、おじさんはそう簡単に覚えられないんですよ!
数秒づつ何度も何度も練習をして、いざ本番。すると…
「動きが逆です!」
本当に私の中では苦労して撮影しているんです。
出来上がりは、本当にたいしたことのない踊り?動き?なんですが、
少しでも皆様の癒しになればと思っています。
お暇なときは、ちょっと覗いてみてくださいね。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

9月17日
『実りの秋!
大熊町の稲刈り』

おととしまで、原発事故ですべての町民が避難を余儀なくされていた大熊町で、酒米の稲刈りが行われました。
大熊町の大川原地区は、私がいわき支社にいた頃のおととし4月に避難指示が解除され、町の復興拠点として整備が進められています。
町では、日本酒で風評払拭と復興を後押ししようと去年から「酒米」の実証栽培を行っています。
酒米は放射性物質の検査が行われたあと、会津若松市の蔵で日本酒に生まれ変わります。
そんな田んぼにいた大きな「カエル」とパチリ!町の職員の方と写真を撮らせていただきました。
去年から始まった酒米の実証栽培は今年で終わり、来年からは本格栽培が始まるということです。
いわき支社時代にはよく訪れて取材をしていた大熊町。
まだまだ帰還困難区域が多く残りますが、着実に前へ進んでいる姿がそこにはありました。
今回は取材で時間があまりなく、ゆっくりとはできませんでしたが、今度休日に訪れて当時お世話になった方たちとお話ができたらなと思っています。

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

9月16日
『5度目の正直⁈』

先日、サッカー明治安田生命J3リーグで
首位争いを続けている福島ユナイテッドFCのリーグ戦で
2年ぶりのサッカー実況をしました(^^)
ご覧いただいた方、ありがとうございました。

ユナイテッドは雨でいつものサッカーが
出来なかったようですが、
先制して追いつかれても試合終盤に突き放す、
強い内容でした。

実は今回の試合、私が実況を担当した
ユナイテッドの試合で5度目にして初の勝ち試合。
(2回の試合中止•延期もありました‥)
一部の方には「文嘉が実況だと勝てねー」とか
言われてたわけですが‥(-。-;
そんなの関係ねぇ!くらい、
福島市出身、時崎悠監督の采配が冴えてますねー。
試合後、「勝てて良かったね」と
たくさんの方にお声掛けいただきました。

今年はJ3優勝できるチャンス、
皆さまもぜひ後押しを宜しくお願いします!
10月はとうスタで試合ありますよ!!

※写真は時崎監督と。撮影時のみマスク外しました

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

9月15日
『ふるさとからの贈り物』

これはある日の夜ごはん。
食材はふるさと納税の返礼品です。

私はこれまでに
・北海道のいくら
・熊本の馬刺し
・山梨のシャインマスカット
・福岡のもつ鍋
・長野のアイスクリーム
などを頂きました。

気分はグルメ旅行。

全国の自治体を応援しながら
各地の魅力を楽しんでいます。

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

9月14日
『まついの夏休み』

先週、夏休みを頂きました!久しぶりにゆっくりのんびり過ごすことができました。

休み期間に撮影した写真を一枚お届け。浄土平で撮影した天の川です。うっすらだけど、わかりますか?カメラを持ち始めてからは9年ほどですが、星撮影はやっぱりまだまだ難しい・・・でもきれいに撮れたときは本当に感動!また浄土平まで撮影に行きたいなと思っています。

ちなみにこの写真は、ISO2500、F値2.8、シャッター速度30秒!
もしも撮影の参考になれば・・・♪

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

9月13日
『カズさん復帰!
&ユナイテッド絶好調!』

カズさん待ってましたよ!

新型コロナの濃厚接触者になった関係で、
しばらくはこの写真のようにリモートでのご出演でしたが、
きのう行われた福島ユナイテッドFCの試合で
スタジアムDJをするカズさんに久しぶりに会うことができ、とてもうれしかったです!

そしてユナイテッドの方も4連勝!
勢いが止まりません!
今年のユナイテッドは失点しても、
そこから取り返すという諦めない意識が選手全員に浸透していて、
最後まで見ていて楽しい試合をしてくれます。

復活したカズさんと共にユナイテッドをこれからも熱烈に応援し続けます!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

9月10日
『私の大事な習慣』

今回は、私の寝る前の大事なルーティーンについて、投稿します!

先月から寝る前に数行程度におさめる日記をつけています。
その日の振り返りはもちろん、1番心が動かされた瞬間を書き留めています!
あと、1日1項目読む自己啓発本のまとめも書くようにしています。

そうして、数行だけでも毎日書くことで
ふとしたときに日記をパラパラとめくっていると

"あのとき、こういう気持ちだったんだな"
"あのときのことを思い出して、また頑張ろう"

と前向きな気持ちになれます!

数行日記オススメします!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

9月9日
『コロナ禍、だからこその
チャレンジ!』

コロナ禍だから始めたこと、ありますか?私は以前に増して本を読んだり、ストレッチしたり、日記を書いたりという時間が増えました。コロナ禍だからこそ、自分の時間をどう使うのかより考えるようになったと思います。
そんな中、先日取材した田村市にあるあぶくま洞ではコロナ禍で観光客が減る中、新たな商品を開発しました。それが洞窟で熟成させたワイン「たきね北醇」で作った「ワイン塩」、その名も「あぶくま洞貯蔵ワイン塩Grotte」です。
私が持っているのがその塩です。鮮やかな紫色で芳醇な香りがするんですよ!すごく驚きました。肉料理や天ぷらとの相性がいいとのことです。
コロナの苦境を乗り切ろうという活動に、今の時代を生き抜くヒントが隠されているような…そんな気がします。
毎日いろんなことが頭をよぎりますが、何事も諦めずチャレンジ!が大事だなと感じます。

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

9月8日
『高遠そばデビュー』

先日はじめて大内宿に行ってきました。
昔ながら建物が並んでいて、とっても落ち着いた雰囲気が好きになりました〜

そして初の高遠そばに挑戦!!
はじめてネギでそばを食べました笑

少し辛いネギが良いアクセントになっていて
とてもとても美味しかったです!

これからも福島の食巡りしていきますよ〜

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

9月7日
『2代目 農てんきつなぎ』

みなさん、覚えているでしょうか。
寺本気象予報士の農てんきでたま〜に着用するつなぎ。
農作業には欠かせないアイテム…なんですが!

ある日初代のイエローつなぎを自宅で洗濯して干そうかな〜と
洗濯機から取り出すと…!?
ポケットに入っていたボールペンのインクが見事に全体に(泣)
アルコールで落とすもダメ、クリーニング屋さんでも断られ
部長に相談し2代目のつなぎを購入しました!!
しかもちゃっかりかわいいピンク♪♪
(ご迷惑おかけしました(笑))

Nスタふくしまでこのつなぎをみたら
ぜひこのエピソードを思い出して笑ってもらえると嬉しいです♪><

みなさんはくれぐれもポケットを確認してから
洗濯機を回してくださいね(笑)

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

9月3日
『この夏に食べた
おいしいクリームコロッケ』

9月になり急に涼しくなりましたね。
この夏も去年に続き様々なことにガマンが必要となりましたが
そうしたなかでこの夏は何をしたかな〜と撮った画像を見返してみました。

今回紹介するのは趣のあるレストランに行った際に撮った一枚です。

ランチメニューにクリームコロッケのセットがあったので頼んだらとてもおいしかったんです。
子どもの頃からクリームコロッケが大好きなので自分でも何度か作ったことはありますが
やはりお店の味は違いますね。
ソースも格別。
クリームコロッケはお店で食べるのがやはり1番!と思ったことを思い出します。

コロナが落ちついたら県内のおいしいものをもっともっと開拓したいです。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

9月2日
『自宅と竹藪と
青空と入道雲』

これは先月上旬に自宅で撮影したもの。

青空に白い雲に緑の竹、
コントラストがとても綺麗で、
思わず写真を撮ってしまいました。

とはいえ、この竹藪がとてもやっかいで…。

実は竹藪の手前の部分は
自宅の敷地ということで、
竹をすべて伐採したんですが、
太い竹などはなかなか
刈ることが難しく…。

汗だくになって作業をしてくれました…
んっ…してくれました?…
実は妻の姉の旦那さんが
ほとんどやってくれたんです!

この場をお借りして
「本当にありがとうございました!」

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

9月1日
『もも!モモ!桃!』

フルーツの中で最も好きと言っても過言ではない、福島の桃を今年の夏も堪能しました。
国見町のふるさと納税で届いた20個近くの桃をほぼ一人で平らげ、猪苗代町のお気に入りのカフェでは桃のショートケーキをいただき、先日は取材で念願だった桃のかき氷を楽しみました。
福島の桃は生でいただくのはもちろんのこと、どんなスイーツにも合うと思っています。
まさに“ふくしまのもも、デリシャス”

毎年「今年は桃を飽きるくらい食べたな〜」と思うのですが、次の年の春にはもう待ち遠しくなっています。
来年も必ず福島の桃を食べにきます。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

8月31日
『衝撃的快勝!
J3初優勝も夢じゃない』

8月28日にアウェイで行われた
J3福島ユナイテッドFC×FC岐阜。
リーグ再開初戦で6位対2位の上位対決。
(ユナイテッドはエントリー不備処分が
 なければ2位でしたが、、)
今季の最大目標、J3優勝に向けて
大きなヤマ場でした。

が、結果は4-0の快勝!!
ユナイテッドを見続けてきた中で
衝撃的な敗戦は何度かありましたが、
衝撃的な「勝利」は初めてかもしれません。

選手個々の能力ではJ3屈指の岐阜に対し、
チーム力で後半は圧倒しました!

今季のJ2昇格はライセンスを
持たないので不可能ですが、
今季の様々なトラブルを乗り越え、
モチベーション高くプレーする選手たち、
8年ぶりに指揮をとる時崎悠監督には
大きな期待を感じずにはいられません。

と、いうわけで一つお知らせです( ´∀`)
ホームのとうスタで3か月ぶりとなる
ユナイテッド対ガイナーレ鳥取の実況を担当します!
9月5日(日)午後3時〜
是非ご覧ください!(╹◡╹)

(写真は今年3月.ユナイテッドの時崎監督と。
 撮影の時だけマスク外しました)

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

8月30日
『この時期は戦い』

小学生の頃を思い返すと、
8月終盤は
まさに戦いであった。


そう、
現実に目を
背け続けてきた報い。
立ちはだかる宿題の山だ。


毎年、夏休みを誰よりも
謳歌してきた自負がある。


・友達と外遊び
・祖父母の家へGO
・ドラマ一挙再放送に見入る
・学校のプール開放
・市民プール
・スイミングクラブ


若き杉浦少年はとにかく
忙しいのだ。(言い訳)


私の地元では
2学期は9月1日から。
やろうやろうと考えていたら
いつも2学期は
すぐそこまで来ていた。


ラスト3日間、
机と僕は一体化する。
その姿は宿題マシーン。


漢字ドリル。
よし、
流れるような鉛筆さばきだ。


自由研究。
クリエイティブな
ものづくりはお手のものだ。


そして決まって
最後の敵が現れる。
『毎日の1行日記』だ。


くぅ。8月の終わりに
7月の出来事なんて
思い出せない、、、


想像で書いていくとなぜか
プールだらけの文字列。


ぼくはカッパか。


どう乗り切ったかは
ご想像にお任せしよう。


今でもそんなワクワクが
詰まった夏が好きだ。


この時期、時折
フワっと心地よい風が吹く。


秋はすぐそこ。


夏休みさん、
また来年ねʕᵔᴥᵔʔ


【写真】
(当時8歳 祖父母宅にて)

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

8月27日
『ちゃんろく。ファミリーをご紹介』

ちゃんろくにはたくさんの出演者がいます。そのメンバーを紹介!まずは福島美少女図鑑のみんな。基本6人のメンバーが日替わりで出演しています。

コスプレが本気すぎるリーダー、あかりちゃん。
なぜかミラクルが起きまくる、なっぺさん。
鋼のメンタル(と私は思っている)、さけりん。
ナレーションが〇沢カレンちゃん系でキュートな、しおりちゃん。
未来のMCか!?プレゼン上手な、ゆっち。
TUFのTikTokの先生、さくらちゃん。

毎日みんなの元気に支えられています。いつもありがとう!

写真は郡山にある福島美少女図鑑のスタジオの前で自撮りをしたときのもの。まるで追っかけファンですね!(笑)

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

8月26日
『福島の桃デリシャス!』

先日ちゃんろく中継で、
福島市大笹生の
「ピーチマンカフェ」にお邪魔しました!

店主の加藤さんがつくった桃を中継で丸かじりしましたが、その甘さにびっくり!他県出身の僕からすると缶詰の桃を食べているのではないかと思うぐらい甘くて美味しかったです。

そして極め付きは特製のかき氷「ピーチマンスペシャル」!桃ソースと日光の天然氷の相性はバツグンで、今までに食べたかき氷の中でも間違いなくナンバーワンでした!

福島のフルーツの魅力をたっぷりと味わえるお店が他にもありましたら、ぜひ教えてください!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

8月24日
『いま行きたいところ!』

それは・・・福島市にある
「大自然の里 吾妻庵」

冷たい湧き水でいただくそうめん、
大自然の恵み・山菜の天ぷら
新鮮な川魚の塩焼きなど、
夏ならではのおいしさが
堪能できる場所なんです。

8月下旬になり
朝晩はそこまで暑さは
感じられなくなってきましたが
それでもまだ、日中は暑い!!!

そんな時にぴったりなのが
吾妻庵の流しそうめん!

ただ今年の夏は
コロナなどによって
なかなかおでかけ出来ていないので
いまとても行きたいんです・・・
なので去年に行った
吾妻庵の写真をみて涼むことにします(笑)

早く何も気にせず
楽しくおでかけ出来る日が
きてほしいな〜と
願うばかりですね。

みなさんが今行きたい場所は
どこですか??

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

8月23日
『おいしいビールになりますように』

ビールの香りや苦味の元になるホップの収穫が田村市で最盛期を迎えているという話題を8月中旬に取材しました。
ホップの中には黄色い粒状のものが入っているのですが、それが本当にいい香りなんです!!
これこそビールの香りの元になる「ルプリン」、名前もなんてかわいいんだ!…笑
ビール大好きな私にとって、収穫風景を見ただけでおいしいビールを想像してしまいました。

そしてコロナ禍で残念ながらお店でお酒を飲めないので、この2年でお家で飲むことも増えました。
おうち飲みも贅沢ですが、早くお店でおいしいお酒が飲みたいとも思ってしまう今日この頃…。
飲食店に活気が戻るのを願うばかりです。

さて、今回収穫されたホップで"クラフトビール"を醸造するそうで、9月中旬から県内の大手スーパーなどで買うことができるそうです!^ ^

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

8月20日
『初めての喜多方ラーメン』

ちょっと前ですが、初めて喜多方ラーメンを食べました!

福岡出身の僕には太麺は新鮮!!

醤油味のあっさりした味わい!
美味しかったです

替え玉があれば、ぜひおかわりしたかったです!

コロナが落ち着いたら、
次は大内宿のねぎそばを食べに行きます

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

8月18日
『まさに魔法のパンケーキ!』

毎週お届けしている「こおりやま発!旬感ライブ」

安部遼アナウンサーが、県中・県南の旬な情報を
中継でお伝えしています。

先日ご紹介したのは、白河市に今年オープンした
「魔法のパンケーキ白河店」
このコーナーは、TUF郡山報道のスタッフ6人が週替わりで
ディレクターをしていて今回は私が担当しました。

何が魔法って・・食べてみれば分かりました!

外は熱々のパンケーキで、中になんと冷たいアイスクリームが入っているんです。その食感がたまらなくおいしくて、まさに魔法の味!
ハワイの小さなカフェをイメージしたお店で、コロナ禍の中、テイクアウトも充実しています。福島にいながらにして海外旅行をした気分を味わえるとってもおしゃれなカフェでした。

マネージャーの方は、実は美容師さんで市内のヘアカラー専門店を経営しているそうです。
もともとカフェを出したいという思いが現実になったということです。
夢は持たないよりは、持った方がいい・・とは先日どなたかが言っていましたが、本当にその通りだと思います。

夢を持ちながら、日々の生活を”一日一生”で頑張りたいものです。

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

8月17日
『農てんきファームの野菜』

じゃーん!
これはNスタふくしまの天気コーナー内で不定期で紹介している
農てんきファームのピーマンです。
寺本気象予報士が畑でたくさんの野菜を育てています。

基本的に週末に畑に行っているそうで
月曜日の報道フロアの机には
どーん!と寺本さんが作った野菜がたくさんあるんです。
みんなどれにしようかなとワクワクしながらいただいています。
わたしはきのう大好きなピーマンをいただきました。
とても肉厚なんです!
ピーマンの肉詰め、青椒肉絲…
うーん、何にして食べようかなぁ。

考えるのも楽しいです。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

8月16日
『夏野菜と果物』

先日、知り合いの農家の方から採れたての夏野菜をたくさんいただきました。

写真はほんの一部です。

トマト、ナス、シシトウ、モロヘイヤ、オレンジ、リンゴ、そしてメロンまで。

コロナ禍ということもあり、なかなか子供たちを遊びに連れていけない中、農家の方が「今度、リンゴ狩りにおいで」と言ってくださいました。

ありがたいことです。

子どもも目を輝かせて「はい!」と良い返事。

夏バテしがちなこの季節。旬の野菜や果物で元気に過ごしたいですね。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

8月13日
明日から少しだけ…

お暇いただきます。プチ夏休みです。
なかなかまとまったお休みはとれないので、年に2回ある夏休みと年末年始休みを心待ちにしています。(休みのために日々頑張っていると言っても過言ではありません 笑)

去年に引き続き海外などに行けず遠出ができないのが悲しいですが、エネルギーチャージ、リフレッシュしてきます。
とはいえ、来週の木曜日には出勤しますのでNスタふくしまは休まず出演します。
私が取材したSDGs企画も放送予定ですので、ぜひご覧くださいね♪

(写真はカメラロールから探し出した、夏らしい1枚です。ここ最近のものではありません。)

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

8月12日
『久々にソウルフード!!』

こんにちは。この写真を見てピンと来た方、
なかなかの「笹団子」好きです!

最近、久しぶりに
地元・新潟県新発田市(しばたし)の
笹団子を食べる機会がありまして、
懐かしい思いでした。

年間を通して販売しているお店も
地元には多いのですが、
高田屋さんのは団子の皮薄め、
甘さほどほどで食べやすい感じです。

店や家庭によって、皮の厚さやあんこも
異なるというのもソウルフードらしいですね。

笹をつけたまま、
団子部分を何度か手合わせして形を整えると
笹をむきやすくなります。

地方発送しているお店があるので
興味ある方はお取り寄せでどうぞ(*´꒳`*)

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

8月11日
『だっこ』

取材でも度々お世話になっている
おとなり栃木県の
那須ハイランドパークʕ•ᴥ•ʔ


遊園地内に実は小さな動物園が
あるのをご存知でしょうか?


中でも珍しい体験が
カワウソとの触れ合いです。
首都圏に見られる
カワウソカフェではエサやりが
できたりもしますが、
那須ハイではなんと抱っこが
できるんです!ʕ⊙ᴥ⊙ʔ(有料)
抱っこしてすぐはこちらの
不安が伝わったせいか
バタバタと腕の中で
踊っていましたが、
数分も経たないうちに
スヤスヤと寝てしまい
もう胸キュンです。


ちなみに頭をなでなでして
みたら、その感触から
高校時代の野球部の
友人たちを思い出しました笑


そして最近、夏の高校野球を
目にするとカワウソを思い出す
杉浦なのでした。

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

8月10日
『東京オリンピックと
マラソン』

先日閉会した東京オリンピック。私も毎日応援していました。様々な競技が行われましたが、個人的に関心を強く持っていたのがマラソン。地元北海道が会場になっていたということもありますが、もう一つの理由は、自分の経験とリンクするから・・・実は私松井、フルマラソンを完走した経験があるんです!(ドヤ)しかもまさかの「東京マラソン」!(ドヤドヤ)

2年前に挑戦しましたが、正直とっっってもきつかったです(笑)苦しいだけでなく足も痛くなるし、その後しばらく歩くのすら大変なくらいだったし・・・でも不思議なもので、完走後のいまとなっては「楽しかった」という感情の方が大きく残っているんです。マラソンって不思議だなあと思います。

という自分の思い出も相まって、感情移入しながら応援していたマラソン。日本勢の入賞には感動しました。選手のみなさん、本当にお疲れ様でした!そしておめでとうございます!

私もまた走ろうかな〜!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

8月6日
『「巣ごもり応援」の楽しみ方』

連日盛り上がりを見せる東京オリンピック。

中でも僕はサッカーと野球を楽しみに見ています。
テレビでの観戦となりますが、サッカーの時は日本代表のユニフォーム、そして野球の試合はベイスターズのユニフォームを着て応援しています。
ユニフォームを着ると心が高ぶるので、心なしか普通に見るより楽しく観戦できます。

そんな中先日行われた野球の準々決勝で、なんとも複雑な場面に遭遇しました!
相手のアメリカ代表のクリーンナップにベイスターズの四番タイラーオースティン選手がいるのです!
「オースティンには活躍してほしい!」
「でも試合は日本が勝ってほしい!」
結果的にオースティンはマルチ安打の活躍、日本は劇的なサヨナラ勝ちで、ホッとしたベイスターズファンの井上でした。

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

8月4日
『寺本さんの
農てんきファーム』

先日、気象予報士の寺本さんと
福島市にある「農てんきファーム」に
行ってきました!!

農てんきファームでは
寺本さんが野菜を育てていて
夏野菜といわれるナス、
ピーマン、トマトなど
夏バテ解消にぴったりな野菜が
たくさんあるんです♪

どれもとても美味しそうで
普段から寺本さんが
野菜に愛情をたっぷりと
注いでいるからなんだろうなと
思いました。

暑い日が続いています。
みなさん熱中症には十分警戒し
夏野菜を食べて
暑さに負けない体づくりを
心がけていきましょうね!!

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

8月3日
『メダルに日々感動!
東京オリンピック』

東京オリンピックも残すところ1週間を切りましたね、日本人選手の活躍に日々感動しています。
中でも、東京オリンピックで初採用の新競技「スケートボード」、
日本でこんなに熱いスポーツだったとは、恥ずかしながら知りませんでした。
その技のダイナミックスさに「人間のできる技なんだ!」と驚きました。
実は、郡山市に県内で唯一というスケートボードパークがあります。
小さいお子さんから高校生、大学生、社会人の方など様々な人が汗を流していました。
中には8時間も練習する人がいるそうですよ。
人生初、安部もスタッフの方に教えていただきながら、挑戦させていただきました!
乗れた瞬間の高揚感はたまりませんでした、とても楽しかったです。
このコロナ禍で1人でも練習できるスポーツとして人気が高まっているとのことでした。
みなさんも、体験してみてはいかがでしょうか?

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

8月2日
『滝にも突っ込む
シャワーウォーク!』

今日は二本松市の岳温泉で
この夏ぴったりのアクティビティを体験してきました!

その名も、シャワーウォーク!

川の中を歩いたり、滝壺の中に飛び込んだりと
普段経験することのない体験を!
水の中はなんと10℃〜13℃ととても冷たかったです、、

途中、一緒に来ていた子供たちと仲良くなり
水鉄砲でバトルする場面も笑
とても楽しく体験させていいただきました!

今回の様子は後日、
Nスタふくしまで放送予定なので、
ぜひご覧ください!

続きはアプリで

Urabe Tomohiro

浦部 智弘

プロフィール

7月31日
『恒例の“サクランボ狩り”』

先月末、家族でサクランボ狩りに出かけました。

福島市のフルーツライン沿いには多くの果樹農家があり、どこにしようか悩んだのですが、最終的には「お得な値段」の場所を選びました(笑)

初めて訪れた果樹農家だったので少し不安があったのですが、色づきも良く、甘くておいしいサクランボをお腹一杯いただきました。
写真の3歳の息子は一生懸命に腕を伸ばし、一つ取るごとに私に持ってきて「採れたよ」と渡してきます。
要するに「種を取って自分の口に放り込んでくれ」ということ(笑)
息子の成長を実感した1日でした。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

7月29日
『いざという時の必需品』

地震・大雨・台風等の被害に備えて日頃から
いざという時の備えをすることはとても大切です。
栄養補助食品、蜂蜜、ペットボトルの水、ガーゼ、薬、アルコールティシュ、ライト、コンパス、笛、ブランケット、ツールナイフ、ロープ、簡易下着、
雨具、シート、マスク、電池、携帯スリッパ、
手回し充電ソーラーラジオ、双眼鏡、軍手、
ドライバー、ゴミ袋、給水タンク、針金、文房具、
ビニールテープ
などなどです。
これらの物を非常用リュックに入れて
枕元に常に置いています。
きっけかはやはり10年前の震災です。
あれ以来、マイカーのガソリンは半分を切らない
うちに常に満タンにしていますし、
防災意識はさらに向上しました。
しかし、一昨年の台風19号の際に
大きなミスをしてしまいました。
いつもは風呂の水は抜かないで、
入浴する直前に抜いてまた水を入れていたんですが、その時はなぜか前日に水を抜いていて、
断水に対応できなかったのです。
災害はいつ訪れるか分かりません。
これからもしっかりと命を守る準備と行動を
したいと思います。

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

7月28日
『選手たちの活躍に
刺激を受けています』

東京オリンピックが始まり連日日本代表の競技をテレビの前で応援している小野です。
粘り強くプレーする選手たちの頑張り・活躍を見ていると元気をもらえますよね。

毎日のようにそのような刺激を受けているわたしは
『あ、久しぶりにプール行って泳いでみようかな』
『暑くて最近行っていないゴルフの練習に行ってみようかな』
(↑そもそも初心者なので練習しなければならないのですが)
などと、スポーツのやる気スイッチがONになっています。

コロナ感染対策はもちろん、熱中症にも気をつけながら
無理しない程度にできる運動をしようかな〜


※少し前に行ったゴルフ練習場で撮ったものです。
あ〜練習しなければ。。。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

7月22日
『すぎうら家の四季』

毎年みなさんは寒暖に合わせ
衣替えをされると思います。

杉浦は季節に合わせて
部屋のプチ模様替えを
していますʕ•ᴥ•ʔ

チェンジするのは
造花の観葉植物。

夏は梅雨時期からすでに
リビングがひまわり畑です。

このように、
春は桜
秋は紅葉
冬はクリスマスと、
自作の四季を
楽しんでいるんですが
けっこうオススメです。

なぜならこれら、
全部100円ショップで
集めていてとても
リーズナブルっ。

家に帰るとハッピーな
気持ちになりますよ^_^

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

7月21日
『顔ハメ看板ニスト』

「顔ハメ看板ニスト」とは、先日のちゃんろく。のゲストさんの肩書き。全国の様々な場所にある顔ハメ看板で写真を撮り続けている方です。
その方に聞いた「顔ハメの極意」を紹介します。

1.真顔で
2.背景も意識して
3.穴は全て埋めて

どんな場所に看板があるのかもわかるように撮影することも大切なんだとか。また、笑顔が目立ってしまうと看板が映えなくなるので、真顔で撮ることも大切なんだとか。

ちなみにこの「ちゃんろく。」のロゴの顔ハメ看板は、番組スタッフが手作りしたものです。放送終了後、思わず真顔で顔をハメている柗井がいました。

これを読んだあなたも、真顔で看板に顔をハメたくなってきたのではないでしょうか…?

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール