NOW ON AIR

新着動画

TUFアナウンサーブログ

4月9日
『我らチームげっきんS!』

TUFにはニュースやバラエティや生活情報などの自社制作番組があります。様々な関係部署やスタッフのちからで成り立っているのがテレビ番組です。

そんな中、わたし杉浦が担当する『げっきんS』はあまり類を見ない少数部隊なんです。放送時はカメラマンなど技術スタッフさんたちと協力しますが、専属スタッフはMCを含み写真の計3人。愉快なおじいちゃんディレクターのミスターKを筆頭に、スタジオを司るのはフロアディレクターの笑顔いっぱいスーパー主婦ミセスYです。

番組の反省会は会社近くの公園で花見ランチしながらなどゆっくりとした時間が流れる我々げっきんファミリーです。

忙しい日にこそみなさんも外の空気を吸って福島の四季を感じてみませんか?ʕᵔᴥᵔʔ

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

4月8日
『ちゃんろく。ちゃんろく。
チェック!チェック!』

このフレーズ、覚えてくれた方はいらっしゃいますか?先月29日から始まった新番組「ちゃんろく。」のオープニングテーマソングです。中毒性があって気が付くと口ずさんでしまうこの曲、気に入っています。

「ちゃんろく。」には私も進行役として出演しています。これまでとは全く違ったテイストの番組に、驚いてしまった視聴者さんも多いかもしれませんね…びっくりさせて、すみません。若者のテレビ離れが叫ばれる令和のこの時代に、あえて若者をターゲットにして作っているこの番組。私たち制作チーム、必死です!(笑)

番組が定着するには時間がかかるかもしれない。
厳しい声に心が折れる日が来るかもしれない。
それでも私まつい、前だけを見て突っ走ることを決めました。
応援よろしくお願い致します!!!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

4月7日
『本当に幸せな』

井上です!
おととい放送したサウナの企画いかがだったでしょうか?
自分の大好きなサウナの魅力を伝えることができて、本当に幸せでした!

ロケで訪れた郡山市のまねきの湯はプライベートでもよく行っていて、県内で有数のサウナ施設だと思ってます!

サウナは温度と湿度のバランスが絶妙で、じっくり長く入って汗を流すことができますし、水風呂は県内でおそらく一番の深さがあり、しっかりと体を冷やすことができます。その後は専用のイスで至福のひととき…。「サウナ―」のことをよく分かってらっしゃるなぁと思える素晴らしい施設なんです。

もしまねきの湯で青いサウナハットをかぶってる私を見つけたら、サウナ―の皆さんぜひ声をかけて下さいね!(笑)

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

4月6日
『休みの日は読書に限る』

こんにちは!
高橋広季です。

タイトル通り、休みの日は読書に熱中しています。
主にスポーツ選手・監督の自伝、ビジネス書、自己啓発、福島のことに関する本などを読んでいます!!

本を読むことによって、人生について何かしらヒントを得られることが良いんです。
私よりも人生経験を積んでいる人の自伝を読むと、
どのようにその壁を乗り越えたのか・どのようなマインドで仕事をしているのかを本から知ることができるんですよね。
大げさに言えば、読書を通して
その人に会って人生の教訓を教えてもらっているような感覚になります。

読書についてはまだ書きたいことはあるのですが、次回にします!
それでは!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

4月5日
『タイムスリップ!?』

タイムスリップでは・・・ありません。
先日、郡山市にある安積歴史博物館で撮影した時に撮った写真です。

鏡田さんは学ランを。
小湊は制服を。

この連絡があったのは撮影の前日。
スタッフから「制服ありますか?一応、コスプレ用の制服も買ったんですが、丈がすごく短くてギリギリなんです。大丈夫ですか?」と連絡がきました。
いやいや、待って〜〜〜!大丈夫じゃないです汗。恥ずかしくてさすがに無理〜〜!となった私。

実家に夜な夜な電話をし、母に頑張って探してもらいました。
その結果、姉が高校時代に着ていた制服があったので、それを持ってきてもらい撮影しました。この時は、あ〜地元でよかった〜と心底思いました。(笑)

まあ、いずれにせよこの年齢になっても制服を着るとは思ってもみなかったので、少し恥ずかしかったんですけれどね。( ;∀;)

そんな裏事情もあった郡山市編のロケ。
放送は終わってしまいましたが、TVerというアプリから観ることが出来ますので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

4月2日
『新学期、桜も満開!』

桜の季節ですね、最近暖かくなってきて春が来たっ!と感じます。
写真は開成山公園の桜、4月2日に満開を迎えました。
観測史上最も早い満開となったそうです。
私ごとですが、1年で一番好きな季節が“春”です。
“新年度”という響きもきらきらしていてワクワクしますし、何より木々が色づいていく新緑は毎年すごく楽しみなんです。
その様子を見ると自分の気持ちもリフレッシュできてまた頑張ろうと思えます。
ということで、郡山に来て2ヶ月が過ぎましたが、気持ちを引き締めて新年度も気合を入れて頑張っていきます!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

4月1日
『ちゃんろく。』

今週から始まった新番組「ちゃんろく。」(月〜金 夕方4:50〜)の立ち上げに参加しました。今、若者はテレビを観ないと言われています。ゲームはもちろん、家庭のテレビモニターで自分の好きな動画が見られる時代… 私が「若者」だったころは確かに若者向けの番組がたくさんありました。果たして今は…?
新番組「ちゃんろく。」には今の若者たちにテレビへ戻って来てもらいたいという思いが込められています。「ちゃんろく。」に対して、今まで「げっきん☑」などを観てくださっていた方々からは、番組が変わったことを惜しむ声とともに様々なご批判もいただいています。それを真摯に受けとめつつ、“若者番組の成功無くしてテレビ局の未来はない”と信じ、スタッフ皆が汗をかきながら試行錯誤を繰り返しています。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

3月31日
『3月もきょうがラスト!』

県内の桜は次々に開花して、空気もだんだん春めいてきましたね。
きのうのNスタふくしまは
オープニングからTUFの外に咲き誇る桜の下からお伝えしました。
なんだかいつもよりも軽やかな気持ちで天気予報をお伝えすることができました!

さてアナウンサー1年目もきょうで終わり。2年目はこれまでよりもっとアクティブに何事にも全力で取り組んでいきたいと思います!
コロナを理由に運動を怠っていたので、まずはなにかスポーツを始めようかな・・・?

みなさま、今後ともよろしくお願いします!

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

3月30日
春が来ました!
読書の・・秋ではなく春!

先日の地震で家の本棚が大きく崩れ、家にある2000冊の蔵書も崩れ落ちてしまいました。
台所などの片付けを優先していましたが、何とか本棚の整理も終わりました。

作者別、既読の本、未読の本など整理するのがけっこう大変でしたが、改めて自分の買った本、読んだ本を見つめ直していました。
以下、これまでに読んだ本で特に印象に残っているものをあげていきます。

●ロボット・カミイ(古田 足日 著 堀内 誠一 イラスト)
※幼稚園の時に何度も借りて読んだ記憶があり、大人になってかいなおしました。

●長鼻くんといううなぎの話(コンスタンチン・イオシーホフ 著 松井 孝爾 イラスト 福井 研介 翻訳)
※小学5年生のころに図書館で借りて読んだ最初の長編の本。一気読みでした。

●氷点(三浦綾子)
※中学生の頃に、続編も含めて、これも一気読み。

●ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)
※海外ミステリに改めて目覚めさせてくれた本。

●片目の猿(道尾秀介)
※国内ミステリに再びのめり込むきっかけになった本。

●秘密(東野圭吾)
※ラストは衝撃でした。

●レース鳩0777(アラシ)(飯森広一)
1番好きな漫画です。

皆さん、ご参考に!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

3月29日
『月曜日から水曜日を
担当します』

きょうからNスタふくしまもリニューアル!

わたしは奥秋キャスターと月曜日から水曜日を担当することになりました。

奥秋キャスターはわたしが入社3年目で帯のニュースキャスターを務める時からご一緒させていただいているので本当にお世話になっています。
毎日のようにアドバイスをいただき様々なことを教えていただきました。
(もちろんいまもです)
放送直前の停電でスタジオが真っ暗のまま放送した際や東日本大震災の頃も奥秋キャスターとのペアでした。

普段の奥秋キャスターはというと、
『話しやすい頼れるお兄さん』という感じでおちゃめな一面もあるんですよ。


新年度も取材をしながらみなさんに分かりやすくお伝えしていきたいと思います。
新しいNスタふくしまもよろしくお願いいたします。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

3月26日
『こくこく
ワンちゃん』

プラスチックのコップが顔と胴体、ストローが耳、飲み薬を量る容器が足、そして色セロハンでカラフルに!

これは、小学3年生の娘が学校の工作の授業で作ったものです。

工夫のポイントは、コップを組み合わせることで首を動かせるようにしたところだそうです。

「上手だね〜」と言ったところ、「けんちゃん(3歳の弟)が遊べるように作ったの!」という返事。

その清らかな心をいつまでも持ち続けてねと心に願う父なのでした。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

3月25日
『朝の情報番組に
出演すること』

それはアナウンサーを志したときからずっと、私の夢でした。
皆さんがあわただしく朝の準備を終えたときにほっと一息つけるような時間をお届けしたいという想いから、夕方ではなくとにかく“朝”。

東京のキー局では当たり前に毎朝放送されている情報番組ですが、そういった番組を自社制作している地方局というのは意外と少ないのです。

そんな中TUFに入社して、“げっきんチェック”という番組に出会い、MCとして番組に携われたことは奇跡だと思っています。
入社してから1年半はアナウンサーというよりも記者としての仕事がほとんどだったので、げっきんチームに加入できると聞いたときには涙が出るほど嬉しかったです。

その後も辛いことはたくさんありましたが、一昨年の10月にげっきんがリニューアルして今の体制になってからは毎日がきらきらとしていて、視聴者の皆さんにお会いできるのがとにかく楽しみで充実した日々を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

泣いても笑っても、朝の番組に出演するのは明日で最後。
1498回も続いてきたげっきんチェックをどうか最後まで見届けてください。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

3月24日
『懐かしい光景』

先日、久しぶりにJ3の福島ユナイテッドFCの
取材に行き、福島市出身の時崎悠監督に
お会いしました。
2012年〜2014年にかけて
ユナイテッドのほぼ全試合を取材したのが
懐かしいですが、スタッフの方にも
私と時崎さんとの2ショットをみて
「懐かしい感じがしますね」と言われました(^^)

今季のユナイテッドはかなり面白い布陣です。
(主力のけがが残念ですが、、)
上位争いを期待しています!
4月25日にはTUFで
いわてグルージャ盛岡戦を
生中継する予定です。
ぜひご覧ください!

※写真の時だけマスク外しました

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

3月23日
『運命は突然に』

出会いはドラッグストアのガチャポンコーナー。

何気なく通り過ぎようとしたとき、目に飛び込んできたのは、
スマートフォンなどの充電ケーブルに装着するハムスターの小物です!

そのキュートな姿にがっちりと心を掴まれ、久々にガチャポンを回しました。

何度見ても飽きないキュートな姿、癒しのフォルム。
あまりの愛おしさに「おハム」と名付け、愛でています。
これぞ運命……!キュートなおハムにぞっこんな今日この頃です。

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

3月22日
『住まいの空間を充実』

先日、げっきんチェック内の中継でお世話になった福島市のおしゃれリユース家
具&雑貨店「BLOW」さん。最近はコロナ禍を機におうちの模様替えやインテリア
にこだわる方々が増えているようです。ビンテージ品をはじめとしたアイテムを
オーナー自らが各地で厳選し買い付けているため、店内は言わばお宝の山。TUF
のインテリア番長(自称)ことわたし杉浦もテンションが上がりました。アイテ
ムがリーズナブルで高品質なことからお客さんが1点モノの数々を購入し毎週店
内のラインナップがガランと変わることにも驚きです。ちなみにわたしは暖色の
電球系が好きでこだわっています。アイテムひとつでおうち時間もハッピーにな
りますよね。おすすめの雑貨や家具や家電などありましたら教えてくださ
いー!ʕ•ᴥ•ʔ

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

3月19日
『カワウソ通信』

最近増えた自宅のカワウソグッズたちです。カワウソスリッパと、カワウソマグカップ。ああ、なんて可愛い…♡

「カワウソが好き」というと珍しがられることが多々あるんですが、実はカワウソは少し前からブームなんですよ。こんなに素敵なグッズも販売されているくらい。また、首都圏には“カワウソカフェ”もあるんだとか。福島にもできないかなあ…

カワウソのなにが好きかって?キュゥキュゥという鳴き声、一生懸命手を使ってご飯を食べる姿、つぶらな瞳。たまりませんね。プライベートの時間ではよくSNSでカワウソ動画を見ています。

「こんなカワウソグッズが売っていたよ〜」という情報がありましたら、柗井まで★お待ちしています。

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

3月18日
『初めまして!
井上和樹です!』

新人アナウンサーの
井上和樹です!

今日からブログを書くので
よろしくお願いします!

突然ですが、
僕サウナと温泉が大好きなんです。

そんなわけで先週訪れたのは、飯坂温泉の松島屋旅館。

滑らかな水質、
パンチのある熱さ、
ホスピタリティ溢れる女将。

素晴らしい温泉でした!

今後も福島のサウナ・温泉を探求し続けます!

続きはアプリで

Inoue Kazuki

井上 和樹

プロフィール

3月17日
『福島ファイヤーボンズ
福島を元気に!!』

こんにちは!
高橋広季です!

先月、プロバスケットボール
Bリーグ2部の
福島ファイヤーボンズ戦の
中継がありました!

実況は
TBSの小笠原アナウンサーが担当
ピッチリポートを私が担当しました!

試合は激戦の末、惜しくも敗れてしまいましたが
県内出身のキャプテンの菅野翔太選手、山内翼選手、半澤凌太選手(今月7日で特別指定選手としての活動を終了) の3選手が同時にピッチでプレーした時間がありました。
森山ヘッドコーチは福島を背負う若い3人が活躍する姿を見てほしいとの思いが込められていました。
会場で中継で、試合をご覧になってた方は胸にくるものがあったかと思います。

これからも試合を通して福島を盛り上げてほしいですし、応援していきたいと思います!!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

3月16日
『嬉しい忘れ物♪』

先日、帰宅して
自宅のお風呂に入ろうとしたら、
なんと可愛い
アンパンマンのおもちゃが!!!

思わず、にっこり☻
微笑んでしまいました。

これは、姪っ子が
私の家に遊びに来た際
忘れていったものです。

そのおもちゃをみるたびに、
姪っ子の顔が浮かんできて
幸せな気持ちになれるんです♡(変態か笑)

なので
おもちゃをまだ姪っ子には返さずに
お風呂に飾っています(笑)

みなさん、私は決して怪しいものでは
ないですよ?
ただの姪っ子バカなんです照

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

3月15日
『伝え、つなぎ続けること』

先日の旬感ライブで現在郡山駅で今月いっぱい行われている大堀相馬焼の展示・即売会「震災十年の大堀相馬焼〜いままで そしてこれから」をご紹介しました。
東日本大震災から10年、土地を追われて、何もない状況で、疲労困憊の中で伝統を伝え続けることはどんなに大変だったんだろうと想像しました。会場には大堀相馬焼の数は1000点!国内最大規模とのことです。大堀相馬焼といえば緑や馬を想像するかと思いますがほかにもいろいろあるそうで、実際にその種類に驚きました。
写真の私が手に持っているものは、ピンク色をした大堀相馬焼のコーヒーカップです。苦しい中でも奮起し、また新たに再開した窯元さんたちのその力強さ、その精密
さに、取材だということをつい忘れて見入ってしまいました。ぜひ、みなさんにも大堀相馬焼から感じることができるエネルギッシュさ、華々しさ、思いを感じて欲しいです!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

3月12日
『最終回』

このブログを読んでくださる方なら皆さんご存知ですね?去年の春に誕生したTUFのアプリ「たぷり」。その目玉のひとつが豪華プレゼントです。私のようなスマホ苦手オジサンでも簡単な操作なので応募できちゃいます。月に一度の抽選会は柗井アナウンサーと私で司会を担当、ライブ配信を続けてきました。この写真は先日の最終回の様子です。もちろんプレゼントは続きますが、ライブ配信はこの日が最終回。ほぼ抽選会だけの配信が去年7月から9回もよく続いたものです。地上波の番組では“羽目を外す”としばしばお叱りを受けた私ですが、この抽選会ではそれ以上に自由にふるまわせていただきました。だから、楽しかった。リアルタイムで紹介する視聴者の皆さんからのチャットもあたたかいものばかりでうれしかったな。“出役”としてはTUF最後の仕事かもしれません。思い出深い仕事のひとつとなりました。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

3月11日
『10年』

きょう3月11日で、東日本大震災からちょうど10年。
当時中学1年生だった私も、あの日のあの時の光景は鮮明に覚えています。
バスケ部の練習中、体育館が大きく揺れました。
直後は両親とも連絡が取れず、とにかくみんなで駅に向かうことに。
途中、自転車屋から流れるテレビを見て、少しずつ状況を把握した記憶があります。
「津波の恐れがある」という言葉を聞いたときは、本当に怖かった・・・

みなさんもご存じの通り、
福島県は地震、それによる津波、原発事故で大きな被害を受けました。

長かったようで短かった10年。
未だ復興は完全とは言えませんが、私たち一人ひとりが今できることを
精一杯やっていくことが福島の再生に繋がるのではないでしょうか。

そして絶対に忘れてはいけないあの日を、
テレビ局で働く一人として、福島県に住む一人として、
そしてあの日を福島県で経験した一人として
これからも伝え続けなければいけないと思います。

■写真は昨年撮影した富岡町夜ノ森の桜並木です■

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

3月10日
『あの震災から10年』

あの震災から10年がたちました。

先月の夜、突然襲った「2月13日の地震」は
あの10年前の日を思い出すかのような
すごい揺れでした。

自宅を出て支社に向かうとする前に、
あまりの台所の壊れ方にびっくりし
スマホのカメラを向けました。

揺れは10年ほど前ほど長くはありませんでしたが、
大きく揺れ続け、突然の停電。
日頃から防災リュックを備えていたので、
必需品とリュックを持って支社に向かいました。
その後、台所の片付けをする時に、実は足の裏を少し傷つけてしまいました。割
れた茶碗の破片だったんですね。裸足で片付けをしてしまうという失態を演じて
しまったわけです。
福島にとって10年とは、
まだ節目とは言えないかもしれませんが、
3・11は、日頃の防災意識を
再確認する日でもあります。

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

3月9日
『東日本大震災から
もうすぐ10年』

奥秋キャスターのブログにもありましたが
日曜日に震災特別番組「2021現在地〜あの日から10年」をお伝えしました。
わたしが担当したのは浪江町の帰還困難区域の津島地区からの中継です。
地区内の1.6%は避難指示解除に向けて除染などが進められていますが、それ以外
の98%以上は見通しが立っていません。

この10年で復興が進んだところももちろんありますがその一方でまだ何も進んで
いないところもたくさんあるのが現状です。
そうした課題などを伝えていくこと。

また、震災を知らない世代も増えてきているなか震災の教訓をどう伝えて伝えて
いくか。
わたしたちの大きな役割と感じています。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

3月8日
『2021現在地
〜あの日から10年〜』

昨日、テレビユー福島報道特別番組「2021現在地〜あの日から10年〜」をお伝えしました。
写真はこの番組のメイン中継となる産業交流センターの屋上です。
ここからは太平洋が一望できるほか、福島第一原発の排気塔、中間貯蔵施設なども見え、まさに「福島の現在地」が垣間見える場所でした。
震災から10年、「まだ残るものと進んだもの」。
これまで多くのことを伝えてきましたが、まだまだ伝えなければならないことはたくさんあります。
番組でもお伝えしましたが、テレビ局として被災者に寄り添う放送・福島に暮らす人たちに役立つ放送とは何なのか…
こうしたことを念頭に置きながら、これからも「福島の現在地」を伝えていきたいと思っています。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

3月5日
『ついつい…』

頼んでしまうのは、カレーライス。
昔から人並みには好きでしたが、最近はメニューに“カレー”の文字を見つけると、必ず注文するようになりました。突然のカレー愛。走り出したら止まりません。

その理由をふと考えみると、カレーってどこで頼んでも比較的ハズレがないと思ったのです。つまり平均点が高い。そして、福島県には美味しいカレーを楽しめるお店が多い気がします。(田中調べ)
ちなみに私は少しスパイシーで、適度にとろみのある濃厚な欧風カレーが大好きです。
先日も取材先でまさに私の好みドンピシャな絶品カレーに出会ってしまいました。しかもボリューム満点のミルフィーユカツがのっています。
そんなカレーやハンバーグが楽しめる洋食屋さんを、今月17日(水)のげっきんチェックでご紹介しますので要チェックです。

皆さんのおすすめのカレー屋さんもありましたら、私の公式インスタグラムまでぜひお寄せください。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

3月4日
『10年』

渡辺ぶんかです。
まもなく東日本大震災から
ちょうど10年を迎えます。

私は当時、現場で取材をしましたが
振り返ってみると、
震災後の10年間
一度も報道部から
離れたことがなかったので
あまりにもいろんなことが
ありすぎて長かったのか、
短かったのかも
わからないのが本音です。

以前、このブログでも少し書きましたが、
今回、JNN震災10年プロジェクトに
携わらせていただきました。

3月6日14時放送の特番を中心に
裏方で支えてきました。

https://www.tbs.co.jp/311tsunagu-tsunagaru/onair/

6日には、私が福島から中継をする予定です。
福島の声を伝えられればと思います。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

3月3日
『私のおすすめ』

色とりどりで鮮やかな料理、美しさに思わず見とれてしまいそう……。

こちらは以前、げっきんチェックの中継でご紹介した
郡山市「スパイス屋 yummy」さんのスパイスカレーです♪

本格的なスパイスの香りに包まれながら頂いたカレーはとても美味しく、幸せな空間でした。
デザートのプリンも絶品で、店主も素敵な方。
テイクアウトもOKとのことだったので、おうちで旅行気分を味わうのも楽しそう!

たぷりにクーポンもあるので、チェックしてみてください♪

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

3月2日
『リニューアル』

昨日の放送で発表しましたが、この春『げっきん☑』がリニューアルします。
タイトルは『げっきん「S」』!

大きな変更点は3つです。
ちょっと紹介しちゃいます。

MCがひとり体制
(杉浦は継続、田中アナはNスタふくしまのキャスターに)
ひとりで心細い。。

番組開始が10:54に約1時間お引越し
そして最後は!

インターネット同時生配信!&動画保管!!
これまで生放送をご自宅のテレビでリアルタイムに見られなかったという方や県
外の方にも福島の魅力を発信します。しかも見逃し配信ができる!テレビもTUF
も真価を問われる過渡期です。

番組名の「S」にはスマート、スタイル、スマイルなどの意味が込められていま
す。視聴者の皆さんのライフスタイルにプラスになれるような番組を目指しま
す。これからもお力添えくださいませ。

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

3月1日
『「だいふく」が
大ピンチ!』

ある日の朝。
出勤しようと自宅の駐車場の車に向かったところ…
あれ?エンジンがかからない。
雪が降っているから、寒いのか?やる気がないのか?

なんと後部座席のドアが開いていたのです。
そしてそのまま4日間放置していた…そう、バッテリーがあがってしまった私の車。マイカー歴2年の私柗井は状況を理解するのに時間がかかり、大パニックでした(笑)

職場の先輩が、線をつないで車に電池を分けてくれたおかげでなんとか復活したマイカー。よかった、ゆうじアナの車のように煙が出なくて(笑)

ちなみに私の車の名前は「だいふく」です。大分から福島に来たタイミングで購入したから、一文字ずつもらって「大福」。今回は苦しめてごめんね、だいふく。大事に扱うから長生きしてね…!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

2月26日
『心落ち着く瞬間』

こんにちは。
高橋広季です!

忙しくて自分の時間がとれないとき、外を歩いて太陽が出ていると、とても心が落ち着きます。!

ここ最近は最大震度6強の地震が起こるなど、
報道部にいる私にとって取材で、ここ1、2週間はとても大変な日々でした。
そんなときに、快晴の青空の下、歩いてると
心も晴れ晴れしていきます!!

皆さんも、天気が良い日・太陽が出ている日中に
10分だけでも歩いてみてください!

今月28日(日)にはTUFで福島ファイヤーボンズのホーム戦の中継があります!!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

2月25日
『たくさん食べて
今日も頑張ろう!!』

写真は先日の取材後に
食べたランチなんですが・・・
おかずの量がなんとも多く
がっつりお昼ご飯を
食べたい私にとっては
最高のご飯だったんです♡

こちらの定食が食べられるのは
郡山市にある「フルカワ食堂」。
周りのお客さんも食べ
人気を集めていたのが
ハーフ&ハーフの定食!!

こちらを頼むと、
おかず8種類の中から
2つ好きなおかずを選んで
食べることができるんです♪

私も頼むときは
全部食べられるか不安だったんですが、
美味しすぎて
完食してしまいました♡

がっつり食べたい!!
力をつけたい!!という方には
とってもオススメの定食ですよ♪

本当においしいので
ぜひ行ってみてくださいね♡

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

2月24日
『郡山での』

生活が始まってあっという間に1ヶ月が経とうとしています。2021年ももうすぐ3月⁈と、目を丸くしているところです。
東西南北に広い福島県で、郡山から旬感ライブをお伝えすることに、改めてやりがいを感じています。東日本大震災から10年となる発信もそのひとつです。
2月13日の深夜、福島県を襲った最大震度6強の地震。東日本大震災が起こった時には北海道にいたので、ここまで大きい地震を感じたのは生まれて初めてでした。
みなさんは怪我なく、ご無事でしたでしょうか?私は怪我はないものの、自宅のテレビが倒れ食器も落ちて割れました。正直怖かったですが、大きな被害を受けた地域のみなさんのことを知る度に、心が痛みます。
地震当日は、警察に電話をかけ状況把握に力を入れるとともに、水津さんの中継のお手伝いなどをしていました。アナウンサーだけれど、縁の下の力持ちに徹しようとみなさんの大切なものを守る報道に、微力ながら努力をしているつもりです。
旬感ライブで視聴者のみなさんに見ていただける機会が増えていますが、これまで以上に言葉の重みと『伝わる報道』を胸に頑張っていきます!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

2月22日
『夏のシクラメン
その3』

一昨年12月に買ったシクラメンが去年の夏につぼみをつけ、秋に再び咲いたことをこのブログで書かせていただきました。
その後、多年草のシクラメンが再び花を咲かせること自体珍しいことではないことも学びました。今シーズンは、ご覧のように“仲間”も増えました。
で、今回は何を言いたいのか…
目を覚ますとシクラメンのことが気になるんですよね。ほぼ毎朝、水をやっています。これまで自堕落な生活を送ってきた私にとっては大きな変化。自分の生活にこんなルーティンが加わるなんて人生初かも…老後に向けて微かな光が見えました。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

2月19日
『⛄』

佐藤玲奈です!

県内は立春を過ぎても
まだまだ冬の天気が続き、
各地では雪の積もる
ところもありますよね。

わたしは先日
取材の合間に
小さな雪だるまを
つくりました!

浜通り出身のため
雪はいまだに珍しいと
感じてしまい、
ついつい雪だるまを
作ってしまいます♪

冬は寒くてつらい日も
ありますが、雪は大好き!

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

2月18日
『「こおりやま発!
旬感ライブ」!』

去年夏からお送りしている
「こおりやま発!旬感ライブ」
今年2月から郡山報道部に新しい仲間が加わりました。
安部遼アナウンサーです。
きのうは、ドライヘッドスパを体験し、気持ち良さそうな表情でその魅力を伝えてくれました!
コロナ禍で、パソコンやスマホに向かう
時間が長くなって
目や肩の疲れが気になるきょうこの頃、
自分なりの方法でリラックスして
至福のひとときを味わうことは
とっても大切ですよね!
震災から間もなく10年を迎えようとしている中での先日の地震で、
先週末からずっと取材に中継にと、
緊張感の連続です。
まだ地震で崩れた自宅の中は、
片付けが終わっていませんが、
私も自分なりのリラックス法を見つけて
頑張りたいと思います!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

2月17日
『ドライフラワーの魅力』

普段から家に花を飾るようにしています。

理由はとても癒されるから。

花を買って飾るようになり

お花屋さんに長持ちする方法などを教えてもらうなど

さらに楽しめるようになりました。


そして、家には生花だけでなくドライフラワーもたくさんあります。

写真はアナベルというもの。

買った時は緑が濃い大きなものだったのですが、

ドライフラワーにしてみて大きさはそのままに色が落ち着いた状態になりました。


このくすみカラーもかわいい!!

最近はお花屋さんに生花として楽しんだあとにドライフラワーとしても楽しめる
ものを聞いて購入することも。


最近は大きな地震がありましたが、

花はわたしの生活のなかでホッとした気持ちにさせてくれる存在となっています。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

2月16日
『可愛い息子と…』

写真は、私の息子との「ある企画」の撮影現場の1枚です。どんな企画かは、今後の発表を楽しみにお待ちください(笑)

3歳になったばかりの息子は、イヤイヤ期が終わったばかり。撮影となると、こちらの言うことを聞いてもらわなければならないので不安があったのですが、「あっちからパパの方に走ってきてね」というと「はい!」と元気な返事。しかも笑顔で何度も走ってくれました。
笑顔の写真は「ある企画」で使うのでそちらを見ていただければと思います。息子の成長を実感した1日となりました。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

2月15日
『制服姿、
まだまだいける?!』

番組スタッフ「さほさん、制服ってまだ持っていますか?」

田中「え、突然何の話? 持ってるけど…」

番組スタッフ「来週の撮影で使いたいので持ってきてもらえますか?」

田中「福島には持ってきてないから、実家から送ってもらわねば…」といった感じで、

福島に上陸した懐かしの制服と久しぶりの再会。
私は中高一貫校に通っていたので、ほぼ6年間 同じ制服を着ていたことになります。
そのため少し古ぼけてはいますが、着用には何ら問題ありません。
ブラウスに袖を通した瞬間に、学生時代の思い出がぶわっと走馬灯のように蘇り、
なんだか感慨深い気持ちに。ちょっぴりあの時に戻りたくなりました。

さてさて、このとき収録したものが今月21日(日)午後2時からの特別番組、「東北全力応援!幸せここだけフード」の中で放送されます。
制服のシーンはほんの一瞬ですので、まばたき厳禁です。ぜひご覧ください。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

2月12日
『新しい生活様式で
飲食店応援』

渡辺ぶんかです。

なかなか取材に
出る機会の少ない私ですが、
震災10年関連の取材で
久々に本宮市へ。

本宮と言えば、個人的には「柏屋食堂」さんのソースカツ丼。
おととしの台風19号で被災されたお店です。
消毒はもちろん、カメラマンと座った席は
対面の席を横並びにして対策されていました。

私は県内屈指のソースカツ丼と、
以前から感じているんですが、
実は使っているコシヒカリが
この日に取材に伺った本宮市の
「御稲(みいね)プライマル」さんの生産。
あのカツとタレに、最強の組み合わせです(о´∀`о)

御稲プライマルさんの話は
来月上旬のNスタふくしまで
ご紹介させていただく予定です。

チャーハン、五目焼きそばは
福島市の「大學ラーメン」さんのもの。
こちらもいろいろと感染対策をされていましたが
五目焼きそばだけでなく、
チャーハンも食べたいと
思わず欲張ってしまう味です(≧∇≦)
最近、胃袋小さくなってるワタクシにとっては
少し食べすぎたかも。ご馳走さまでした!

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

2月10日
『苦手なもの』

「北海道出身なんだね!それなら寒さは平気でしょ?」

道産子の私がよく聞かれることの一つが、寒さへの耐性です。

ここ福島に来てからも局内や取材先などでよく質問を受けていました。

しかし!!!
実は私、寒さが大の苦手です。
家では暖房を焚き、毛布やブランケットが手放せません。

写真は笑顔で写っていますが、この時、実は寒さに備えホッカイロを4つ装備しています。

イルミネーションやウィンタースポーツも素敵ですが、暖かい室内で過ごす快適さには叶わないなあ、、、。

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

2月9日
『あなたが変わる。福島で変わる。』

これから就職を考えている
若者たちに、県内企業を
PRする動画事業について
伝えるチラシです。

下の方の「アフターコロナを
たくましく生きるための
企業選択」も含め、実は
私が考えたコピーです。
細かい経緯は省略しますが、
おじさん、こんな仕事もしてるんです。

このチラシやポスターは全国各地の大学などで掲示されています。
自分が考えた文章が多くの人の目に留まる…正直悪い気はしません。これから就職を目指す方、ぜひその動画もご覧ください。
ふくしまのしごと、みてみよう。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

2月8日
『ばばんば
ばんばんばん♪』

最近のマイブーム、おうちで温泉ごっこ〜!
高湯温泉の湯の花です。これをお風呂のお湯に溶かすだけで、温泉の出来上が
り\(^^)/

高湯温泉は乳白色の硫黄泉。身体がポカポカに温まって、なかなか冷めない!これ、本当ですよ。独特な硫黄のにおいもたまらない♡

おうち高湯温泉でのんびり半身浴…週末の楽しみの一つとなっています。
みなさんも、お試しあれ!

※追い焚き機能は使わないでくださいね!入り終わったらすぐに湯船を洗いましょう★

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

2月5日
『げっきんチェックへの出演』

こんにちは。高橋広季です。

先月末、祐治さんが中継のため、代打でスタジオに出演しました。

かれこれ、去年の10月くらいから
月に一度のペースでスタジオにお邪魔しています!
普段は警察担当の記者として働いているため、雰囲気の違いに毎回なかなか慣れないのですが、MCの田中沙朋さんがやりやすい雰囲気を作ってくれるので、オンエアが始まる頃にはすんなりと入り込めている気がします。
そうした田中沙朋さんのフォローもあるため、
毎月げっきんチェックの出演は自分自身楽しめて放送に臨めています!!

今月末もげっきんチェックに出演する予定です!
宜しくお願いします!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

2月4日
『自分の出来なさに
ショック!!!』

先日、「ふくしまSHOW」のあるロケで公園に行ってきたのですが、どの遊具で遊ぶにも思うように身体が動いてくれませんでした(笑)
(雪で滑るため、遊具の難易度もあがっていたのもある笑)

小さい頃は、どの遊具も余裕で楽しんでいたのに!!
昔から運動は得意な方だと自負していた私は
どうして・・・と考え込みました・・・。

これは、歳をとったせいなのか?
運動不足のせいなのか?
それとも、太ったせいなのか!?
それともそれとも、雪があってただ怖かっただけ!?

いや、理由はなんであれ
スムーズに公園で体を動かせなかったのが
悔しいいいいいいい!!!笑

なので、ちゃんと運動をして
必ず公園にリベンジに行ってこようと思います!!
 ひひきき

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

2月3日
『初めてのことには…』

緊張するとともに、ワクワク・ドキドキ、楽しみも感じます。
みなさんはどうでしょうか?

というのも…私ごとではございますが、2月1日付けで郡山総支社に異動となり、郡山での新生活を始めました!

会社として女性アナウンサーを支社に送り出すのは初めてのことだそうで…
背筋が伸びる思いです。
今後は『こおりやま発!旬感ライブ』や『郡山とっておき情報』を中心にさまざまな情報をお伝えしていきます。
そして記者として事件・事故現場にも駆けつけ、生活に必要な情報をお届けします。

初めての郡山での生活、初めての支社派遣、初めての転勤の経験、実は初めてコーナーを隔週で担当すること…掲載している写真は郡山に来てから初めて取材した時に撮影したものです。
まさに"初めて"尽くしです!!
これからも謙虚な気持ちを忘れずに仕事に励んでいきます。

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

2月2日
『いつも心に少年を』

大学生まで毎日アメフトのボールに触れていた杉浦ですが、ふくしまライフを振り返ってみると、1年間を通して板乗りのスポーツに興じています。

春と秋はスケートボード。夏はサーフィン。この時期はスノーボード。子どもの頃からアクティブな私は、今でも必ずと言っていいほど体のどこかに傷があります。幾度となくコンクリートや荒波、圧雪面からかわいがりを受け培った打たれ強さが持ち味の30歳の男の子です。

一番本腰を入れているのはスノーボードですが、先日スピード競技の大会で小中学生に負けました。
しかし逆境からの巻き返しには自信があります。挑戦に年齢は関係ありません。
近々、年に一度の公式戦に出場します。目標は大きく、目指せ全日本選手権っ。

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

2月1日
『けん玉にドはまり!』

タイトル通り、年明けからけん玉にドはまりしています。おうち時間が増える中、無心でとことん練習できるけん玉の魅力を知ってしまいました。
最近は「とめけん」と呼ばれる剣先に玉をスポっと入れる技ができるようになったんです!1か月間毎日練習した甲斐がありました〜!

そして本日のNスタふくしまでは、今アツい!けん玉の魅力をご紹介します!けん玉をやったことがある人もない人も是非!ご覧ください♪きっとけん玉がやりたくなりますよ😊

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

1月29日
『マー君が帰ってくる! 』

取材が終わり、車中でカメラマンからスマホの速報で聞いたうれしい知らせ。「マー君が帰ってくる!」楽天イーグルスに、なんと8年ぶりに田中将大投手が戻ってくることが決定しました。
2013年のペナントレース、日本シリーズでの活躍は言うまでもなく、メジャーでの華麗な実績を残しての電撃復帰。

震災から10年の東北にとって、多くの野球ファンにとって、また、コロナで苦しむ日本にとって、とっても明るいニュースでした。

ゴールデンイーグルスの今シーズンの先発陣のことを考えると、夜も眠れなくなるぐらい、わくわくします。
震災後の東北を盛り上げてくれたマー君。コロナ禍の今だからこそ、元気な姿、プレーでまた日本を大きく盛り上げてほしいなと思います。
プロ野球のキャンプイン、開幕が本当に待ち遠しくなりました!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

1月28日
『雪の猪苗代湖』

今シーズンは寒く感じるのはわたしだけでしょうか?
きょうも寒いっ!!
さて、写真は先月猪苗代湖で撮った写真。はくちょう丸とかめ丸と撮りました。

去年の夏は蜜も避けられるためウェイクサーフィンやウェイクボードをするために例年以上に通った猪苗代湖。
その際も同じような写真を撮ったのですが雪景色だと全く違った雰囲気です。

まだまだ寒い日が続きそうです。
コロナもそうですが風邪などひかないように気をつけましょうね。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

1月27日
『久しぶりの再会!』

県内のテレビ5局が復興を後押しするキャンペーンを去年から展開していますが、その一環として今月18日〜22日に各局の男性キャスターが午後6時台のニュース番組に相互に出演する企画を行いました。写真は福島中央テレビにお邪魔したときに撮影させていただいた大野智子アナウンサーとの1枚です。実は大野ちゃん(いつもはこう呼んでいます)とは同期なんです。この年齢になると退職などでどんどん同期は減っていくものですが、その中でも残って頑張っている大野ちゃんには感謝・感謝です。大野ちゃんをテレビで見ると「俺も頑張らなきゃ!」という気持ちになります。局は違いますが、互いにテレビを通して福島の復興に寄与できるよう頑張りましょう!

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

1月26日
『恵方巻?!』

に見えますが、これ実はパンでできた恵方巻“サンドイッチ”なんです。中にはエビフライにツナサラダ、玉子焼き、キュウリ、レタスと具だくさん。周りにはぐるりと、本来はお米との相性が良いはずの海苔が巻かれています。持ってみると、通常の恵方巻よりもずいぶんと軽い…

いざ実食。
柔らかいパンに包まれたサックサクの大きなエビフライ。そしてちょうど良い塩加減のツナサラダがすべての具材をうまく調和させている。これは…美味しい…!

食べたくなってきたそこのあなた。
こちらは郡山市菜根にある人気パン屋さん、ベーカリー チロルで購入ができます。皆さんも今年の節分に恵方巻サンド、いかがですか?

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

1月25日
『石井食堂』

渡辺ぶんかです。
先日、久しぶりに取材で外に出て、葛尾村に行ってきました。

その際のランチですが、葛尾村といえば「石井食堂」さんですね。新しいお店には初めていきましたがチャーシュー麺をおいしくいただきました。

「半チャーハン」、「半」じゃない盛りの良さでした。
あ、写真を撮り忘れました…。

葛尾村では震災10年に向けた取材をしていました。
それについては機会がきたらまた、お知らせできればと思います。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

1月22日
『おうち時間』

これらは少し前に実家の母が送ってくれたものです。私の地元、北海道からこんなに沢山の美味しいものたちが福島の私のもとへやってきてくれました!

コロナ禍で外出の機会は例年よりぐっと少なくなりましたが、その分、自宅で美味しいものを楽しむ時間が増えたように感じます。

ゆったり自宅で美味しいご飯、リラックスできて最高♪
ビールに唐揚げ、チョコレートにワイン、、、。あれ、飲んでばかり?笑
飲み過ぎに注意しつつ、食を楽しみたいと思います!

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

1月22日
『別れは突然に』

これは、冬至が近づく宵の口の話。

相馬市から福島市への帰り道、東北中央自動車道で突如車内に漂ったのは何かが 焦げた臭い。これはまずい。全身の細胞が直感で自らに迫りくる危機を感じ取っ た。そんな矢先、目に飛び込んできたのは振り切れた水温計。状況を理解し行き 着いた答え、「オーバーヒート」だ。その名の通りエンジンが正常に冷やされず 熱くなりすぎた状態を指す。まずは一刻も早く停車しなければ車の心臓部分が焼 け切れてしまう。かつてオーバーヒートを経験したことのある杉浦が答えを導き 出すのは早かった。しかしここは片側一車線の自動車専用道路。帰宅集中時間に 加えスピードが出ている後続車を前にその場で緊急停車することは許されない。 兎にも角にも最寄りのインターチェンジで降りねば。それまで耐えてくれ、相 棒、、、。よし見えてきた。そうしてブレーキを踏み減速した途端、今度は一瞬 にして視界が奪われた。ホ、ホワイトアウトだと、、!?おかしい、今日の空模様 には雲ひとつなかったはず。。違うこれは煙だ!真っ赤な愛車は熱を帯びた心臓 が放出する煙により真っ白な世界に包まれたのだった。感覚が研ぎ澄まされてい た杉浦は、まるで雲の中のような景色の切れ間の先に通じる道路を目にし現実世 界へと帰ってきた。そうしてまもなく無事一般道の路肩に停車した。杉浦は財布 だけを握りしめ車外へ飛び出した。相棒からとめどなく吹き出る煙は夜空に儚く も消えていく。エンジンを切った愛車が、その後明かりを灯すことは二度とな かった。最後まで力を振り絞り私の命を守ってくれた結果なのかもしれない。感 謝と敬意が込み上げた。相棒とのこれまでの記憶を辿りながら相馬の山林で見上 げた冬の夜空は無情にも満天に輝いていたのだった。  


- 終 -


はい、長文駄文失礼しました笑
こんな感じで4年間一緒に走り続けてきた愛車と先日お別れしましたーʕ•ᴥ•ʔ
その後はレッカーで工場に直行で廃車です。

愛車は福島生活にかかせない移動手段でした。

#車のない生活

現在そんな僕の移動手段はママチャリとスケボーです。
冬は路面凍結など事故が増える季節。
みなさんも安全運転と定期的なメンテナンスを心掛けてくださいね!

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

1月20日
『ご成人おめでとうございます!』

今月10日、福島市で行われた成人式の司会を担当させていただきました!コロナの影響で、大きな会場ではなくオンラインで行われた成人式。本当は晴れ姿のみなさんの前で司会をしたかった。コロナが憎い!それでも新たな門出のお手伝いを少しでもできたことをうれしく思います。

式はもちろん大切ですが、新成人のみなさんの楽しみって、地元の仲間と久しぶりに会うことでもありますよね。それが出来ない今、もどかしい思いをしている人も多いと思います。

世の中が落ち着いて、みなさんが大好きな友人と笑顔で乾杯できる日が早くやってきますように。新成人のみなさん、おめでとうございます!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

1月20日
『キーボードにハマっています!』

こんにちは!
タイトルの通り、キーボードにハマっています!!何が良いのかと言うと、、

⚫︎キーボードを叩く音が良い!!

「カタカタ」という叩く音が気持ちいいですし、聞いているとゾーンに入って集中力が高まるんです。

キーボードにも

⚫︎しっかりと押し込むメンブレン式
⚫︎軽いタッチが特徴のパンタグラフ式
⚫︎叩く音を極力抑えた静電容量無節点方式

などがあります!キーボードは奥が深いんです!

特に自分はパンタグラフ式のキーボードを愛用しています。パンタグラフ式は1時間、2時間作業していても手が疲れないので、最高の相棒です!!

みなさんもキーボードにこだわってみてはいかがでしょうか!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

1月18日
『出会ってしまいました♡』

何にって・・・絶品のロールケーキに!!!

実は私、嫌いな食べ物はありませんがスポンジがたっぷりなケーキが少し苦手で自ら好んでロールケーキは買わないんです。

しかし先日、ふくしまSHOWのロケで訪れた矢吹町にあるケーキ屋さんで絶品のロールケーキに出会ってしまったんです♡

スポンジはふっわふわ、しっっとり生クリームはたっぷり、なめらか、甘すぎず優しい味わい!
つまり、上品な味わいで何度でも口に運びたくなるような美味しさなんです!!!(ど・・・どうか伝わって!!笑)

もっと食べたいと思った私はなんと、2つも!!
ロールケーキを買ってしまいました♪
(ロールケーキ自ら買ったの多分初めてです笑)

このロールケーキどこのお店で購入できるか知りたい・・・ですよね〜??

そんなあなた!!!
今週水曜日、20日夜7時から放送する「ふくしまSHOW」をぜひご覧ください!!

お店の名前を知ることができますよ♡
もちろん矢吹町の魅力も!!!

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

1月15日
『先日、初めて』

「てくてくふくしま」に出演しました。
訪ねたのはいわき市にある「いわき震災伝承みらい館」です。館内には10年前の東日本大震災と原発事故の被害、そして復興の歩みについての資料が展示されています。
ひときわ目をひくのが、表面に傷あとが残るグランドピアノ。実はこのピアノ、津波による泥と海水まみれの状態で見つかり、いわき市内にあるピアノ店の調律師・遠藤さん(写真掲載)が直したものだというのです。
遠藤さんは修復することを通して、もうだめだと諦めかけたモノが、「人の手で“直る”」ことを、たくさんの子どもたちに伝えたかったそうです。
その言葉通り、ところどころに傷を残しながらも、ぴかぴかに磨きあげられたピアノを見た時に、私自身、遠藤さんの思いが胸に迫ってきたように感じました。
遠藤さんはいま、熊本の豪雨災害で被害を受けた小学校のピアノを修復し、3月に行われる卒業式までに送り返すということに挑戦しているそうです。
。自らの身を削って作業する姿・まなざしは、ピアノに負けない輝きを放っていました。

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

1月14日
『ふぐの思い出』

ある料理店で「ふぐ刺し」をいただきました。数年ぶりです。
こんなものちょくちょく食べられる身分ではありませんが、30代から40代の頃よく食べていました。
今はないふぐの専門店のご主人と当時“仲良し”(飲み友達?)だったからです。

メニューはなく、客単価1万円は超える所謂“高級店”でしたが、分不相応な私がおじゃましても、ふぐをはじめ、それまで見たこともない高級食材を料理してくれました。「松茸の土瓶蒸し」を初めて食べたのもこの店でした。

支払いは信じられない額(もちろん安くて…)。受け取ってもらえないことさえありました。
恩返しもできないまま、そのご主人は十数年前、不慮の事故で亡くなりました。ふぐを食べる時、この人を思い出さないことはありません。

最後に、関係ない話ですが…
「ふぐ刺し」のおいしさは「ポン酢」にあると
私は信じています。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

1月13日
『ダイエット始めます…』

こんにちは!
最近の私は食欲が旺盛で、特に甘いものに手が伸びてしまいがちです。先日は地元のケーキ屋さんで自分のためにケーキを二つも買ってしまいました!

コロナ禍でなかなか外に食べにいけない今だからと、
いろいろ理由をつけては買ってしまうんですよね…でも世の中に甘いものがあるおかげて毎日頑張れているのも事実♪明日からはちょっと腹筋でもしてみようかな・・・?

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

1月12日
『マイベスト!』

皆様、今年もどうぞよろしくお願いします!
年末年始は、新型コロナ感染拡大のため、実家のある山口県には戻らず郡山でずっと過ごしていました。親戚には会えず、ちょっと寂しい正月を迎えましたが、今年も、明るく元気に前向きに頑張っていきたいと思います。
さて、今回はベストを着用してパチリ!寒さしのぎはもちろん、ベストはポケットに様々なものが入るので愛用しています。実は家にあるベストは20着ぐらいあり、季節や様々なシチュエーションによって変えています。

取材中もポッケに必要なものがたくさん入り、バッグを持ち運ぶ必要もないのでとても助かっています。
今年も、どうぞよろしくお願いします!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

1月8日
『辛いもの大好きです』

こちらは郡山市の中華料理屋さんで頼んだ、あるメニュー。
チョイスメニューでおかずを数ある中から2品選べます。

たくさんある中から選んだのは
『よだれ鶏』と『麻婆豆腐』。
わたしにとってはどちらも
辛さをあまり感じずぺろりと
いただけるのでよく頼むメニューです。

例えば全国的にも有名な台湾ラーメンも無性に食べたくなり
いまはコロナ禍で旅行になかなか行けないので
よく取り寄せて食べていますよ。


まだまだ寒い日が続きますね。
体の中からポカポカあたたまって乗り越えたいです。
2021年もどうぞよろしくお願いします!

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

1月7日
『いい運動と反省』

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。写真は先月中旬、朝8時までに歩いた歩数です。いい運動になりました。実はこれ、冬タイヤへの交換のタイミングを逃し、車を運転できなくなってしまったので、電車と歩きで出社した時のものなんです。普段はあまり歩かない私にとって、周りの風景をじっくり見たり、踏み固められた30センチほどの雪道を譲り合った時「ありがとうございます」という言葉を交わしたりした経験はとても清々しいものでした。とはいえ、タイヤ交換の遅れは本当に反省しました。家族はもちろん、いろいろな方に迷惑をかけましたし…。来年以降は必ず雪が降る前に交換します!

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

1月6日
『2021年の初仕事』

それは、たくさんの写真をボードに貼ること。

というのも昨日のげっきんチェックでは、“マイベストショット2020 大賞”を発表。
皆さんから送っていただいたメール・写真は、なんと約200通。本当にありがとうございます。

去年は新型コロナウイルスの影響を大きく受けた1年でしたが、笑顔いっぱいの子供達やキュートな動物たち、美しい景色の写真を見てとても癒されました。
各賞の受賞者をスタッフ一同と共に決めたのちに、ボードいっぱいに写真を貼っていく作業が待っていたのですが、これがまぁ地道。
写真をちょうど良い大きさに切って、セロハンテープを裏に貼り付け、バランスを見ながら貼り付ける。それでも素敵な写真が本当に多かったので、あっという間にぎゅうぎゅうになりました。
貼り切れなかった方々、ごめんなさい。これに懲りずにこれからもお便り送ってくださいね。

げっきんチェックを今年もよろしくお願いします。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

1月5日
『仕事はじめ』

渡辺文嘉です。
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年の仕事始めは3日でした。写真は出勤時のものです。社会人になって初の帰省をしないステイホームの年末年始でした。

駅伝での福島県出身選手の活躍は力をもらえましたね。

他にも元福島ユナイテッドでJ3富山の武颯選手が来季J2参戦の秋田に移籍が決まったり、ユナイテッドにはJFL昇格に導いた時崎悠監督が復帰したりとうれしいことがありました。

コロナ禍でいろいろ大変なご時世ですが今年も日々成長(体重以外)を目指して頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

1月4日
『あけましておめでとうございます!』

私は今日から仕事始め。暖かい布団にくるまって時間を気にせず思う存分眠りたい……!そんな気持ちを何とか切り替えて出社しました。笑

今回は新型コロナの影響で、例年とは異なる年末年始を過ごした方も多かったのではないでしょうか。私はお休みをいただき、おうち時間がたくさんあったので、大人気アニメ「鬼滅の刃」をひたすら鑑賞しました。皆さんはどんな年末年始を過ごされましたか?

2021年は、皆さんにとって明るい出来事であふれる一年になりますように!今年もよろしくお願いします♪

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

12月29日
『SASUKEきょう放送!』

以前もお伝えしましたが、TBS年末の風物詩、超人たちのスポーツエンターテイ メン「SASUKE」にTUFから私杉浦が参戦します。トップアスリートや芸能人、 SASUKEに人生をかけたミスターSASUKEの山田さんなど100人の挑戦達が襲い掛か る数々の試練に立ち向かいます。

今夜はご家族やご友人とお茶の間からその雄姿を見届けてください!

SASUKE2020はきょう(12/29)夜7時から4時間スペシャルです!

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

12月28日
『も〜ういくつ寝ると〜・・・』

お正月〜♪ということで、私の2020年を振り返ってみます。
旅行好きな私。これまで長期休みになると海外に出かけてしまいがちでしたが、今年はコロナ禍のため、遠出は自粛。その代わり、相棒のカメラと共に県内各地をめぐりました。
そして気が付きました…「福島ってフォトジェニック〜!!」自然もたくさん、歴史も深い。魅力的な観光地も豊富!福島の様々な表情をカメラに収めたいと思うようになりました。
今回のブログの写真はそのなかのひとつ、猪苗代ハーブ園で撮影したものです。和柄の傘がお正月っぽいかな〜と思い選びました。
2021年はどんな年になるのか…不安もあるけれど、笑う門には福来る!笑顔とカメラを忘れずに、明るい毎日を過ごせますように♪(もちろん仕事も頑張りますよ!笑)

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

12月25日
『てくてくふくしま
IN 鮫川村』

今月上旬、
てくてくふくしまのロケで福島県中通り南部に位置する鮫川村をてくてくしてきました!

鮫川村をてくてくしてると
思わず、ここは東京?と
言いたくなるような不思議な場所で

その理由を村の方に聞くと
"そういうことだったのか! なるほど!"
と鮫川村について勉強することができました!

そして、
公務員を退職された後、
鮫川和紙300年の伝統技術を継承し、復活させた
男性の元を訪れました!

オンエアは年明けになるでしょうか。

お楽しみに!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

12月24日
『幸せな仕事♡』

昨年に引き続き今年も「ふくしま満点堂グランプリ2020」に審査員として参加させて頂きました!!

審査したのは 県産の食材を生かした「6次化商品」首都圏の百貨店やバイヤーなどからの審査を経た総合評価の高い10の商品が並びました。その中でも、さらに味やパッケージ福島らしさなどが審査されグランプリなどが決まりました!!!!

どれも本当に美味しくて幸せな時間だ〜と思ったほどだったんですが・・・見事、グランプリに選ばれたのは
原電子工業さんが作った「玄米と雑穀のおつまみグラノーラ」!!

ガーリック味や、ブラックペッパー味などがありそれぞれ個性の違うフレーバーで香り豊かで美味しかったです♡また、グラノーラをおつまみとして楽しむのが新しい発想だなと思いました♪

また、ビールや日本酒などによく合いそうでしたよ♡
私も購入しておうちでビールと一緒に楽しもうっと♪

これからも、こういったことを通して福島の良さ、魅力が全国各地に伝わるといいなと思っていました。

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

12月23日
『今年も…。』

残すところあと1週間ほど、毎年思うのですが、時が過ぎるのはあっという間ですね。

今年は新型コロナウイルスの影響を大きく受けました。
私自身、制限されることが多いなかで、自分と向き合う時間が増えたと感じる1年でした。その1つが登山です。一切経山や安達太良山などに幾度となく足を運び、美しい福島の山々に心を癒してもらいました。(写真は一切経山を登った時に撮影したものです、とてもきれいでした!!!)

自分の中では登山は自身と向き合う“修行”とも思っています。辛いと思いながらも自分との対話を繰り返し、諦めずにひたすら頂上を目指す。登頂で得られる達成感は、ほんの少しですが、自分に負けなかったと思える瞬間です。

年の暮れに、振り返るとこの一年大きな怪我もなく、山にも登れるほど元気に過ごせたことがとても幸せなのだと気が付かされています。健康は何事にも代えがたいものですね。残りわずかとなった今年も最後まで元気に、そして来年もテレビを通して感動や旬な情報を伝えていきますのでどうぞよろしくお願いします!良い年をみなさまが迎えられることを願って。

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

12月22日
『苦手な仕事』

一応アナウンサーということで、このブログを書かせていただいていますが、現在のメインの仕事は「げっきん☑」のディレクター業務。

その中で一番時間を費やすのはVTRの編集です。
誰もがYouTuberになれるこの時代。高度な編集スキルを持つ方は世間一般にもたくさんいるのに、私は…
今の編集機って要はPC。ワード、エクセルでさえ満足に使いこなせないおっちゃんは「えっ、何?」「誰か教えて!」「勘弁しくれよ!!」などと毎日、編集機の前でひとり呟いています。
まぁ、苦手な仕事は編集だけじゃありませんが…

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

12月21日
『もうすぐクリスマス☆彡』

みなさん!もう少しでクリスマスですね♪今年はどのように過ごす予定ですか?家族と?恋人と?友達と?

実は私、一年の中でこのクリスマスの時期が一番好きなんです*。大学時代にケーキ屋さんでアルバイトをしていたこともり、街がイルミネーションでキラキラしていて、クリスマスの音楽が流れて、みんな幸せそうにケーキを買っていくその光景をみてわたしも幸せになるんですよね♪

TUFでは「年末SP」と題して12月25日午後4時50分から特別番組を放送します☆彡アナウンサーたちが各地で生中継をしますよっ!おうちで過ごされる方はぜひご覧ください♪みなさん、素敵なクリスマスを!(写真はわたしの相棒「サンタン」を雪に埋もれさせてみました(笑))

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

12月18日
『こおりやま発!旬感ライブ」
編集機の前から!』

夏から始まったこのコーナーでの中継も半年が経過しました。

郡山報道部の6人の記者・カメラマン全員がディレクターをしてネタをみんなで集め、週1回以上の中継をしてきました。

写真は、支社の編集機の前から。
基本、当日に取材し、日中原稿を書いて本社のデスクに見てもらい、編集をここでして、完成VTRを本社報道部に送り、中継に備えます。
コロナ禍でいつもと違う年末を迎えますが、この1年、あっという間に過ぎたという気がします。
私自身も二度めの郡山に来て間もなく1年。
コロナ禍の中、毎日の寒さが体や腰に厳しい日々が続きますが、常に前向きにこれからの日々も過ごしていきたいなと考えています。

それは、取材する人たちが、本当にみなさん「前向き」にポジティブな姿勢で過ごしていらっしゃって、刺激を受けることからきているからかもしれません。
今年は多くの人たちから勇気を与えてもらった1年だったともいえます。
みなさん、少し早いですが、今年1年どうもありがとうございました!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

12月17日
『オンライン○○、
楽しんでいます!』

コロナ禍で海外旅行に行けない、
おうち時間が増えたという方多いですよね。

わたしもお休みを利用して
年に1度はハワイなど海外に
行っていましたが今年は行けず…

そこで『オンラインツアー』に参加しました。これはハワイに住む方がリアルタイムでハワイを案内してくれるというもの。
現地に行ったかのような気分が味わえます。

わたしが参加したオンラインツアーではマイクを通して質問できるのはもちろん、『あの場所はいまどうなっていますか?』『海を見せてください』などチャット機能を通して気軽に質問や要望することができて大満足でした。

そしてもうひとつは『オンライン謎解き』。
きっかけはテレビや本を通して謎解きにハマったのですが、オンライン上での謎解きは事前にパンフレットなどが送られてきてスタート時間になったらパソコンなどで映像を見ながら進めます。
他の参加者と一斉にスタートするのでワクワクドキドキ。。。
(本当に困ったら自分用に少しだけヒントなども出してくれました)
家にいながらでも充実して過ごせる『オンラインツアー』と『オンライン謎解き』。
おすすめです!

※写真は去年ハワイに行った時の写真です。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

12月16日
『皆さん、おめでとうございます!』

変な写真(会社スマホ内の写真をプライベートスマホで撮影しています)ですみません。

これはトロフィー(まだ制作途中)なんですが、毎年、JNN・JRN系列で行われるアノンシスト賞のものです。系列でアナウンス技術を競う大会で、フリートークや実況など各部門で、北海道・東北ブロック→全国審査が行われます。このトロフィーは北海道・東北ブロックで各部門1等賞を取った方に贈られるものです。

残念ながら今年はTUFが賞を取ることはできませんでした。この悔しい気持ちを来年にぶつけ若手アナたちが賞を取ってくれることを期待しています!

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

12月15日
『ねるくん通信 vol.2』

9月のブログで実家の愛犬 ねるくんをご紹介しましたが、今度は秋バージョンをお届けします。(興味のない方、すみません)

犬界の中でもトップクラスに入るくらい甘えん坊のねる。潤んだ黒目につぶらな瞳。抱っこを求めてくる時にはいつもこの顔を向けられます。ずるすぎますよね。

実物はいつでもどこでも何をしていてもかわいいのですが、なぜか写真映りはあまりよくない我が家のアイドル。
これは奇跡の一枚なのです。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

12月14日
『もつ鍋、いただきました!』

先日、九州に住む友人から博多名物・もつ鍋セットが届きました。

プリッとした食感がたまらないもつとスープの出汁、たっぷりの野菜は相性抜群!
旅行気分で幸せすぎるおうち時間でした。

今回は頂き物でしたが、以来、「お取り寄せ」に興味がわいています。
コロナ禍のおうち時間に、ご当地グルメで旅行気分。皆さんもいかがでしょうか?

おすすめのお取り寄せグルメがあれば、ぜひ教えてください♪

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

12月11日
『あれから7年あまり…快挙達成ヽ(^o^)丿』

渡辺ぶんかです。
先日、須賀川市長沼地区出身の相澤晃選手が陸上1万メートルで東京五輪代表内定を決めました。とんでもない新記録で正直に驚きました。本当におめでとうございます!

写真は2013年10月、相澤選手が学法石川高校1年時の福島県高校駅伝。私は移動車に乗って、目の前で実況していました。アンカーで2位のタスキを受け、一気にハイペースで先頭に追いつき、相手の表情を確認しながら自分が確実に勝てるタイミングでスパートし、突き放す。すごい1年生だなとあのレースは今でも記憶しています。

その後は苦しんだ時期もあったんですが、大学で軌道に乗ってから、実業団1年目で一気に五輪代表までつかみとりました。

原点となったランニングクラブ、円谷ランナーズや学法石川の松田監督、東洋大の酒井監督など福島の人たちの指導でその礎を築いた相澤選手。これからも応援していきたいと思います。無事にオリンピック本番まで行ってほしいですね。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

12月10日
『赤ベコ、神話の世界に転生』

ある休日、SNSで赤ベコの画像が目に入ってきました。「あら赤ベコだ。かわ い、、、い!?いやなんか違う!」よく見ると顔がいっぱいある。なんか余計なものがついているなど気になる点だ らけ。。

よく調べてみると、ベコたちがいろいろな神さまに扮したカプセルトイ なんです!(杉浦が幼少のときはガシャポンと呼んでいました。)

テーマは「神話の世界に転生したベコ」笑

10万個売れればヒット商品といわれるカプセルトイ業界ですが、神となったベコ たちは発売から人気を集め、このシリーズ1と2でもうすでに全国で60万個以上売 れているヒット商品に!主に写真左に写っているシリーズ2は売り切れ続出で11 月から全国で再販されている人気ぶりです。

東京のカプセルトイメーカーのQualia(クオリア)さんがユニークな工作を手掛け る妄想工作所さんとコラボして販売しています。

そんな中、私が町でふと見つけガチャを回したところ、1回目で激レアな黄金の ヤマタノオロチ?的なベコをゲットしました!頭が8個あって異様な雰囲気を醸し 出しています。。

これらの、勇ましさとどこか頼りない愛くるしさをもった「神獣ベコたち〜東の 神々編〜」は、県内ではおもちゃ屋さんやスーパーなどで1回300円で販売中です。

皆さんのお宅にも守り神として迎え入れてあげてくださいʕ•ᴥ•ʔ

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

12月9日
『月に一度のお楽しみ
「大抽選会」』

「たぷりプレゼント大抽選会」…ご存知でしょうか。

毎月、杉浦敦アナと私柗井でゆる〜〜〜くお送りしているYoutubeの生配信です。気が付いたら6回も配信していました。

内容は、たぷりで応募できるプレゼントの抽選会です。当選者の発表をしながら、わいわいしています。一応流れは決まっていますが台本はなし、オールフリートークです。場所もスタジオではなく会議室、装飾もスタッフの手作り。このチープ感がたまらない(褒めています)!

そしてYoutubeのチャット機能で、視聴者のみなさんとリアルタイムでお話しできるのが楽しいんです。

次回はみなさんも参加してみてください。杉浦さんは結構ファンサービスもしてくれるんですよ(このトナカイコスプレは視聴者の方からのリクエスト)。

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

12月8日
『家系で撮影』

こんにちは。
先ほど、宣伝用の写真撮影に行ってきました!

自分が行きつけのラーメン屋さんで、マツイアナウンサーと佐久間さん(スタッフ)とお店の人で!!

女性陣にも食べやすい家系ラーメンで、「美味しい!美味しい!」の連発の嵐でした♪

撮影はカメラ女子アナ?のマツイアナウンサーが担当してくれています!

お披露目をお楽しみに!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

12月7日
『冬といえばイルミネーション!!』

今年も残すところあとわずかになりましたね。あっという間にこんな季節です!!

さて、この時期になるとわたしのイルミネーション巡りが始まります。中でも、大好きなイルミネーションは
「あしかがフラワーパーク」。ということで、今年も行ってきました♡♡

本当に夢の世界に飛び込んだようなファンタジックな世界を体験できるんですよ!1つ1つがすごくて感動するのですが、毎年やっぱりいいな〜と思うのが1本の大藤に4色の光が音楽と共に移り変わっていく藤の花のイルミネーション!

今年は特に、鬼にとって毒になる藤の花が咲き乱れた山が登場する光景とよく似ている藤の花があることで
大ヒットしたアニメの聖地ともなっているそうですよ♡

みなさんも感染対策に気を付けながら訪れてみてくださいね!

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

12月4日
『こっ!これは!!!!』

きょうは「鬼滅の刃」の最終巻発行日、それに合わせて朝刊にはうれしいメッセージが掲載されていました!
きょうブログ担当の私としては、これ以上の話はないのかと思い投稿することにしました(興味のない方ごめんなさいっ!もう少しお付き合いください)。
父の影響もあり、昔から映画・アニメ・漫画が大好きな私…新型コロナウイルスの感染拡大の影響でお家時間が増える中、時間を見つけてはレンタルショップや知人からDVDや漫画を借りてお家時間を過ごすことも多い一年となりました。
鬼滅の刃もその1つ!改めて見直すと、兄妹の絆・ヒノカミ神楽の話しの辺りは何度見ても泣いてしまいます。
さて、新型コロナウイルスで激動の1年となりましたが、今年も残すところあと1か月。最後まで元気に過ごせるように“全集中“で気持ちを引き締めていきましょう〜!(これが言いたかったです笑)

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

12月3日
『センター』

先月行われた「ふくしま駅伝」で、私はフィニッシュ(福島県庁)の実況を担当しました。現場のスタッフ全員で撮った一枚です。私が来年定年を迎えるので、一緒に「ふくしま駅伝」の仕事をするのは最後かもしれないと、工藤カメラマンが記念写真を撮ることを提案してくれました。これは貴重な一枚です。私は写真が好きではないのか、子供の頃から集合写真となると、いつも後ろの列で無表情で突っ立っているのが常でした。ところが今回、私は真ん中に陣取り少し笑っています。ホント珍しい。工藤君、ありがとう。大事にします。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

12月2日
『いわきカレー 』

こんにちは。佐藤玲奈です。
先日いわきの農産物をPRする活動の一環でいわき産農産物を使ったカレー動画の撮影にアシスタントとして参加させていた だきました!

撮影内ではキーマカレーとココナッツカレーの2品を調理!どちらもそれぞれの良さが出ていて本当に絶品でした!後日YouTubeにて動画を配信する予定で、今月17日にお披露目されるいわき農産物PRのパンフレット内でもご紹介しますよ。その際はまたお知らせしますっ!

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

12月1日
『バイク実況の魅力 』

ふくしま駅伝ではここ数年、バイクでの実況を担当しています。応援に来ていただいているバイクチームのみなさんと、実況が終わったあとに本社前で記念撮影をしました。

バイクは2台あり、それぞれに運転する方がいて、前方バイクにはカメラマンが乗り、後方バイクには実況アナウンサーが乗ります。

その魅力はなんといっても、ランナーを同じ風を受けながらの実況です。選手が近いので、その息使いや足音も
間近に伝わってきます。実況している最中に、早いテンポの足音が後方から聞こえてきたと思ったら、あっという間に選手が追い抜いていくということもあります。
今年は特に天気が良かったので、バイクでの駅伝実況には最高のコンディションでした。

遅くなりましたが、出場した皆様、関係者の皆様、本当にお疲れさまでした!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

11月30日
『温泉を楽しんでいます』

温泉が大大大好きな私は時間に余裕があれば日帰り温泉を楽しんでいます。

泊まりで行ければもちろん心身ともにゆっくりできるところですが、日帰り温泉(立ち寄り湯)でも充分!

この写真は昔からよく行く

三島町のつるの湯に行った時の1枚。
お風呂あがりに私は炭酸飲料を飲みたくなります。
これが、たまらない!ぷはぁ〜。
そしてお座敷でごろんとひと休み。
そして帰りに馬刺しを買って…
なんて贅沢で充実したお休みなんでしょう!

この他にも最近は裏磐梯や石川町の温泉にも行ってきました。
今度はどこに行こうかな…。。。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

11月27日
『かーくん誕生日おめでとう!』

写真は私の父(子どもたちのおじいちゃん)のバースデーケーキ。家族がお気に入りの福島市内のケーキ屋さんに「可愛いケーキを」とお願いして作っていただきました。ケーキのイラストの口元をよーく見ると、大ヒット映画の主人公の妹のように竹筒を加えています(笑)大好きな孫たちに囲まれて幸せそうな父の笑顔…長生きしてね!

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

11月25日
『マイルームへようこそ』

というのは冗談で、このかわいらしいお部屋に皆さん見覚えありませんか?

そうです、あの大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の平匡さんとみくりさんが住んでいるお部屋です。わたくし田中と編成部の佐藤さんで、先日、お邪魔してきちゃいました。ドラマで見ていたまんまの世界観が広がっていて、ドラマ大好きちょっぴりミーハーな私達は大興奮!せっかくなのでたくさん写真を撮って、ついでに恋ダンスまで踊ってきちゃいました。ふふふ。

ここが一体どこなのか、どうして私達が入ることができたのか、気になった方は来月1日のげっきんチェックを要チェックです♪

こんな素敵なマンションに住んでみたいものだ…。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

11月25日
『SASUKE参戦!ゆうじ、忍びの世界へ』

体力自慢が集うTBS系年末の風物詩『SASUKE NINJA WARRIORに私すぎうらが出場します!

日本全国や海外から名乗りを挙げた男女100人に次から次へと襲いかかる障害物の数々。筋力、スピード、バランス感覚、一瞬の判断力。これらすべてを兼ね備えていないと、全4ステージのうち1ステージの1エリアを乗り越えることもままなりません。さぁTUFの筋肉担当すぎうらゆうじは真の忍者戦士になれるのか!

挑戦の模様は12月29日(火)夜7時〜。ちなみに全選手が映るわけではないので、私が登場するかどうかは分かりません。ただ他の超人選手たちの身体能力など見応えが半端ないことは間違いないので、みなさんもご家族やご友人と共に見届けてください^_^(写真は事前の自主トレ風景です)

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

11月24日
『HOTフルーツ!プロジェクト』

福島が誇る果物を旬の時期以外も楽しんでもらおうというこの取り組みを、先日取材しました。その名の通り、フルーツを温めたメニューを提供しています。どんな味わいなんだろう?とドキドキでしたが、冷やして食べるのとはまた違った味わいで新鮮でした!
温かいので寒い時期にもぴったりです♪

思い出しているとお腹がすいてきました、ああ、また食べたい……。笑今月は「モモ」来月は「リンゴ」を使ったメニューを県北地方の参加店舗で提供するそうです。
気になる方は、ぜひ一度ご賞味ください♪

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

11月20日
『1週間で3度も…』

渡辺ぶんかです。

先日の15日はふくしま駅伝でした。
例年は前日リハーサルを本番の2時間遅れで行っているのですが、今年は距離短縮のため、本番と同じ時間になりました。

1枚目が前日リハーサル、2枚目が大会当日。よく見ると
雲の量が違いますね(*´◒`*)ランナー、関係者のみなさまお疲れ様でした。

2日後にプライベートで日本海へ、ということで4日間で3回目の日の出。
早起き強化週間でした( ´ ▽ ` )
冬になってきましたね。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

11月19日
『国見SAで発見!』

9月にリニューアルオープンした国見SA。そこで販売されている特産モモのスイーツのなかに、桜の聖母短期大学の学生が考案したものがいくつかあるんです。

そのひとつがこのバターサンド!
優しいモモの香りがたまらないおいしいスイーツです。なぜこのスイーツを紹介するかというと…実は、商品化するために学生たちが試行錯誤していたころに取材をさせてもらったことがあるんです。福島に引っ越してきてすぐのころです。あの時のあのお菓子が本当に商品化したなんて…時間が経つのって早いなあ!
そのほかにも素敵な商品がたくさん並ぶ国見サービスエリア。みなさんも訪れてみてくださいね〜★

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

11月18日
『ふくしま駅伝』

こんにちは!高橋広季です。

先日は県内のスポーツ最大イベント【ふくしま駅伝】でした!!私は第五中継所・二本松市役所前で実況を担当しました!やっぱりスポーツ、駅伝て良いですね。
今年はコロナの影響で、ソーシャルディスタンス、ソーシャルディスタンスと人と距離を置くことを言われてきましたがふくしま駅伝ではランナーたちがそれぞれの故郷への思いをタスキで繋ぐ・人と人とがタスキリレーという形で繋ぐ瞬間を見て実況していて胸が熱くなるものがありました。

写真は一緒に第五中継所で奮闘したTUFのスタッフと、お隣・宮城県の東北放送(TBC)さんのスタッフと本番終わりに撮った記念写真です!!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

11月17日
『足に穴があいてしまいました!』

寝ているときに急に足が「痛い痛い!かゆいかゆい!」と思い起きて足をさわってみたら・・・なんと、足に穴があいているじゃないですか!!!しかもすごく熱をもっていてびっくりしましたが、きっとこれは、虫刺され?ですよね??この時期に虫刺されってあるのか?と不思議に思いつつもとりあえず薬を塗って頑張って痒みにたえているところです。しかし、刺されて一週間もたつのに
もうほんとに、かゆ〜〜〜〜〜い!!!

みなさんも、この時期だからと油断せずに虫刺されには注意してくださいね!!笑

※汚い肌をおみせして、すみません!!笑

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

11月16日
『ふくしま駅伝』

11月15日【第32回ふくしま駅伝】が開催されました。

中止となる大会が多い中、選手たちにとっても特別な大会になったと思います。

今年は新型コロナウイルスの影響で、応援自粛や距離が短くなるなどの対策を取りながらの開催となりました。
青く澄んだ青空の中、力強く一歩一歩前に進み、次の選手にタスキを繋ぎ思いを託す選手たち…。その姿に元気付けられた方も多いはずです。

今年の駅伝は例年以上にトップ争いが激しく、最後まで見逃せない戦いとなりました。最後には参加した全50チームが見事に完走、ゴールテープを切って喜びや安堵する表情を見せる選手たちが印象的でした。

私はその熱い戦いをスタジオで見ていて、ずっとドキドキしていました。
ふくしま駅伝は福島県のみなさんにとって、特別な駅伝なのだと改めて感じました。
選手のみなさん、本当にお疲れ様でした!!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

11月13日
『ふくしま駅伝』

アナログ感たっぷり?!ふくしま駅伝で使用する実況用資料です。若いアナウンサーたちはPCで打ち込んでいるようですが、私は約30年間手書きを通してきました。こだわりではありません。PCでの作業が苦手なだけです。これから本番までに選手名や実況で使うかもしれない情報を書き込み、それぞれの枠を埋めていきます。「平成の大合併」前は80以上の市町村枠がありましたが、今は約50。ここだけの話、助かっています。さて、今年は新型コロナウイルスの影響もあり主催者は中継所や沿道での応援自粛を呼び掛けています。なので声を大にして言わせていただきます。「ふくしま駅伝はテレビでお楽しみください!」ちなみにインターネットの同時配信もありますよ。

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

11月12日
『Jヴィレッジ』

こんにちは。佐藤玲奈です!

来年放送予定の
東日本大震災・復興ドキュメンタリー番組の撮影で、久しぶりにJヴィレッジを訪れました。

出身がいわきということもあり、
Jヴィレッジは何度か行ったことがあったのですが、2011年の東日本大震災の影響で長い間営業を休止していたためここ数年は足を運ぶ機会がなくなっていました。

久しぶりのJヴィレッジは
ふわふわの天然芝や全天候型練習場などが一新されていて被災地の復興をこの目で見て感じることができました。

震災10年目を前に被災地の現状をこの目で見ることができたのはとても貴重な機会になりました。

※今回撮影したこの番組の放送日などは決まり次第お知らせします!

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

11月11日
『何か新しいことにチャレンジを! 』

夏から始まった「こおりやま発!旬感ライブ」毎週水曜日を中心にお送りしています。先日は久しぶりにレポーターとして、郡山市にオープンしたワッフルカフェとワインバーが楽しめるとってもおしゃれなお店から、マネージャーの方にも出演していただきとても和やかな雰囲気の中、中継でお伝えしました。

もともとは海鮮居酒屋だったというこのお店、コロナ禍で多くの飲食店が苦しむ中、昼も夜も楽しめるエンターテインメントを提供し、新しい店の形のスタイルを提案しようとオープンさせたということです。今月からはオンラインライブも開催するとのこと。今年もあっという間にあと1か月半となりましたが、新型コロナウイルスへの対策を引き続き継続しつつ、こうした状況だからこそ、何か新しいことにチャレンジするいい機会なのかもしれません。

さあ、平成元年から始まった「第32回ふくしま駅伝」まであと少し。今年もバイク実況で選手たちの思いを、
選手たちと同じ風に吹かれながら熱く伝えていきます!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

11月10日
『紅葉を楽しんでいます』

写真は先日お出かけした猪苗代町の土津神社のライトアップの様子です。色づいている木々をライトアップすることで日中とはまた違った魅力が楽しめま した。
(近日Nスタふくしまでも放送予定だそうです)

各地で紅葉が楽しめるので、紅葉スポットを調べてはふら〜っとお出かけしてい ます。この前は三島町のお気に入りの日帰り温泉に行き、目の前に広がる川沿いの紅葉 を楽しみながら露天風呂に入ってきました。贅沢でした〜!

次はどこに行こうかなー!

ところで、奥秋キャスターのブログにもありましたが今度の日曜日はふくしま駅 伝です。いまわたしは実況の準備をしています。

ぜひテレビを通して選手たちの応援をよろしくお願いします!

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

11月9日
『今年もやってきます!』

写真は先月開催された県高校駅伝の第一移動中継車の車内です。狭く感じませんか?実況のため、私たちは様々な資料を作りますが、実況席の机にはモニターなどもあるため、A3の資料一枚がようやく置けるだけのスペースなんです。
そのためそのほかの資料は両手に持ち、時には話す内容によって持ち変えるなどしています。大変ですが、ランナーの懸命な走りを視聴者の皆さんに伝えたい一心で
実況しています。そして今度の日曜日は県内最大のスポーツイベント「ふくしま駅伝」。コロナ禍で開催が危ぶまれましたが、感染対策を行ったうえで開催されます。
今年は応援の自粛が呼びかけられていますので、ぜひテレビの前でランナーを応援してください!よろしくお願いいたします。

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

11月6日
『ロケ日和』

ではあいにくありませんでしたが(ものすご〜く寒かったんです)、雨には降られることなく、とても楽しいロケに行ってきました。

普段のげっきんチェックのロケは、カメラマンさんと私の2人だけ。ディレクターも音声さんも基本的にはいないので、この人数で取材に出かけるのはとても久しぶりでなんだか新鮮でした。

南相馬と喜多方にお邪魔して、地元で愛されている“幸せここだけフード”をいただいてきました。
どうして“幸せ”なのか、何が“ここだけ”なのか?
詳しくは、来年の2月21日(日)午後2時から放送予定なのでチェックしてください。(といっても、あまりに先すぎるのでまた告知しますね。笑)

ちなみに福島だけではなく、青森・岩手・宮城・山形の皆さんにもご覧いただけます♪

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

11月5日
『想像力を膨らませていただければ』

渡辺ぶんかです。おとといで41歳になりました。
厄年どころからこれほどのコロナ禍になるとは今年の初めには想像もできませんでした。

この1年で変わったことと言えば…
画面に出なくなった
体重が減った

ぐらいですね。
特にダイエットしているわけではないんですけどね。
自然と瘦せたというか。アプリで確認したら1年前から4キロ以上減ったようです。写真はいわゆる「天気雨」のなかのシルエットです。しばらく画面に出る予定はないのでご想像ください(^^)

減り続けていますが、徐々に減少幅が小さくなってきたのでそろそろストップでしょうか。

「41歳でどこまで減るか」…はチャレンジしません 笑笑

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

11月4日
『私の趣味』

数少ない趣味の一つは、海外旅行です。
大学時代、アルバイトでお金を貯めてあこがれのアメリカへ訪れたのがきっかけでした。
世界は広いんだなあと感動したことをよく覚えています。

それ以降、長期休暇のたびに旅行を企画。
アメリカ、フィリピン、台湾、タイ、オーストラリア、シンガポール、香港、韓国などなど!様々な国を訪ねました。

旅行愛は社会人になってからも変わらず、まとまった休みがあれば必ず旅行を計画していたのですが、今年は新型コロナでお預け……。

当たり前だと思っていた環境がガラッと変わってしまうこともあるんですね。
最近は、落ち着いてから旅行したい場所をふわふわ妄想したりして楽しんでいます。

ちなみに写真は大学時代にシンガポールへ行った時のもの。
どきどきしながら地元民と観光客でにぎわう屋台で友達とご飯を食べました。

旅先では日本との違いに戸惑ったり、言葉が通じず苦労したり、なんてことも沢山ありますが、ひとつひとつが良い思い出です。

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

11月4日
『男の涙』

先日、高校ラグビー県大会決勝(磐城vs松韻福島)の実況を担当しました。これはノーサイドの直後、松韻福島(学法福島)の田中瑞己監督を捉えた中継映像の静止画です。約20年前、田中監督と部員2人だけの同好会からスタートしたラグビー部はここまで強くなりました。6年前に優勝は一度経験していますが、それでも監督が涙を流す理由…深い取材はしていませんが、10年近く試合だけは見てきたので、少しだけ、なんとなく分かります。今年のチームは、これまでのチームと明らかに何かが?すべてが?違いました。(これまでのチームが劣っているわけではありませんが…)この日の別れ際、監督は私にこう言いました。「今回はあの子たちが私を花園に連れて行ってくれるんです。」

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

10月30日
『飲みすぎ注意!カボスサワー』

コロナ禍で家にいることが増えたことし。ひとり宅飲みをすることが増えた、私柗井28歳。お気に入りは、「生絞りカボスサワー」です。

福島県に来る前は大分県でしゃべり手として働いていました。大分県はカボスの産地!秋になるときれいな緑色のカボスをたくさんもらっていました。そして今年も届いた〜!!お醤油に混ぜるもよし、お味噌汁に入れるもよし、鍋に使うもよし…でも一番お気に入りの使い方はやっぱりサワー!絞った果汁にハチミツと焼酎を混ぜ、炭酸で割って飲みます。これがとっても美味しいんです!何杯でも飲めちゃいます。輪切りにしてグラスに入れると、見た目もおしゃれですよね。うん、映える。
福島県民にとってはあまり馴染みがないかもしれませんが…機会があれば、「生絞りカボスサワー」ぜひお試しあれ!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

10月29日
牛タンと駅伝

こんにちは。
先日、お隣の仙台にて!
休みを利用し、駅伝を見るついでに
牛タンを食べてきました!

福島では来月、ふくしま駅伝が開催されます!
私は今年も中継所でタスキ渡しの模様を実況します!
今週土曜日の高校ラグビーの決勝戦の中継では
去年に引き続きピッチリポートも務めます!
試合の実況は杉浦敦さんです!
選手の頑張りはもちろん、映像部分だけでは分からない裏側の模様など、丁寧にお伝えしていきます!

最近はコロナ禍のため、休みの日は友人などには会わずに、1人で過ごすことが多いです。
もっぱら読書しています。

お腹すいてる方はこの投稿写真、すみません。

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

10月28日
『ある呼吸法を覚えました♡』

お肉がだ〜いすきな私は毎日の食事にお肉は欠かすことができないですし月に何回か焼肉屋にも絶対に行っています。そんなお肉を元気の源として生きる小湊・・・。


ある日、焼肉屋に行くと幸せいっぱい食べたいはずなのに、お昼ご飯を食べた時間が遅くなかなか箸がすすまず・・・。大好きなお肉を目の前に食べられないのは悔しい!!!とここで我を忘れ、ある呼吸法を使ってしまいました。

それは・・・

「肉の呼吸 壱の型 胃袋拡大」

肺を大きくして、体中に大量の空気を取り込み爆発的に胃袋を増大する「全集中の呼吸」を・・・

結果・・・胃袋に勝ち、おかげさまで残さず沢山のお肉を食べることが出来ました♪

はい・・・。小湊のおふざけにお付き合いいただき
ありがとうございました。

お気づきの方も多くいると思いますが大人気アニメ「鬼滅の刃」にここ数日でハマってしまいました!!!笑
まだアニメ26話分しか見ていませんが近々!映画も見に行ってきま〜〜〜〜〜す♪

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

10月27日
『もうすぐ◯◯』

2019年11月1日に入社し、『もうすぐ1年』になります。
写真は去年の11月22日に、初めてNスタふくしまに出演したときに撮影したものです。
この1年を振り返ると色んなことがあり、たくさんの方に支えていただいているなと改めて感じます。

私が福島に来た理由はここには書ききれないのですが、1つは前向きに取り組む人たちや福島の魅力を伝えたいっ!と思ったからです。
…ざっくりしすぎて、伝えきれてないですね汗

去年の今頃は災害があったばかりだったので現場を肌で感じたいと、お休みを使っていわき市にボランティアに行ってみたり、図書館で震災関連の本をたくさん借りてみたり…。
より努力が必要だと毎日思うことばかりですが、諦めずに前向きに今後も取り組んでいきたいと思っています。

去年のNスタふくしま初出演の時には「安部ちゃんって呼んでもらえるような親しみやすいアナウンサーになります!」と言っていました。それは今も変わらず目指しているので、もし私を見かけたら声をかけていただけると嬉しいです。

今後ともよろしくお願いします!!

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

10月26日
『前職は営業マン 』

アナウンサーになり6年目へ
突入しました。

そしてようこそ30歳。

10月という中途半端な時期に迎える入社6年目。

あまり知られていませんが、
私はTUFアナウンサーで唯一、異業種からの転職組なんです。新卒で入社したのは東京のインターネット広告代理店でした。(写真は入社1年目の23歳当時の仕事中)

当時の役割は、タイトルにも書いている営業。そしてWebマーケティングコンサルタント。英字や横文字が増えてきたので簡単に言うと、例えばみなさんが普段GoogleやYahoo!、SNSなどのインターネットでよく見るような広告を出し分けしたり、多くの人に見てもらうための工夫をする仕事です。(※一部上場企業なのでスケベな広告などは出していませんよ笑)

ですが本当に就きたかった仕事はテレビ局のアナウンサー。当時思い切って退職し半年の無職期間を経て、ご縁があったTUFに今こうして身を置いています。

アナウンサーっぽくないと言われ続けてきたこんな杉浦ですが、みんながもっとハッピーになれるよう朝のお茶の間にほっとする話題を届けていきます。

耳寄りなクチコミや笑顔をこれからも共有していきましょうーʕᵔᴥᵔʔ

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

10月22日
『トマト大好き! 』

今月19日にペンギンナッツの中村さんと一緒にげっきんチェックにて中継をしました!

お世話になった大野水耕生産組合さんはいわき市四倉でいわきの農産物を生産していて今回中継ではトマトの圃場にお邪魔しました♪トマトは大玉・中玉・ミニと大きさも様々!トマト好きの私にとっては最高の幸せ空間でした。

放送後おでんにトマトを入れて煮込んだ「トマトおでん」を頂いたのですが、もうこれが本当に甘くておいしくて…心も体もあったかくなりました😊

こうして地元いわき市の魅力をPRできるというのはとってもうれしいことですね!みなさんもぜひいわきの野菜たくさん食べてくださいね♪

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

10月22日
『観葉植物に囲まれて!』

秋がますます深まり、日に日に寒さが
身にしみてくるこのごろ、
郡山総支社の中にある
数々の観葉植物とともにパチリ!
実は今、植物の名前を教えてくれるアプリに
はまっています。
スマホで植物を撮影するだけで、その名前が
解説や写真付きで表示されるんです。
道端に咲くきれいな花はもちろん、雑草まで。
いわゆる雑草にも、こんな名前が付いているのだと
分かった時の驚きと感動はたまりません。
まるで植物図鑑を持ち歩いているかのようです。
紅葉も徐々に色づき、秋の美しさが色合いを増す中、自然の素晴らしさを感じるツールとして

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

10月21日
『欠かせないもの紹介します 』

ある日、こんな質問を受けました。
『買ってよかったものありますか?』

んー。なんだろう?と考えてみたら、買ってよかったものが出てくる出てくる笑。たくさんあるなかでも『電動アシスト自転車』は大正解!※写真は自転車関連の取材時にカメラマンに撮ってもらいました。

車を使うほどでもない距離の移動(買い物など)にはもってこい!なんといっても坂道もラクラク!ひと漕ぎでこんなに進んじゃう?!という快適さ。後ろをスーッと押してくれている軽さがもうたまりません!!車は駐車場代が結構かかりますが駐輪場代はかかっても格安!
いいことばかり!

この話をすると、ほとんどの人に『え〜、ちゃんと運動して!』と言われます。大丈夫です、安心してください!最近、ジムに通っていますよ。電動アシスト自転車で。笑

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

10月20日
『絶品コーヒー!』

「苦みと酸味がバランス良く…」なんて、そこまでコーヒーの味にこだわりがない私ですが、郡山市にある富久栄珈琲は大好きなお店です。なぜなら写真の店主は私の高校時代の同級生。私に対して彼はいつも「奥ちゃんは(←高校時代こう呼ばれていました)お子ちゃまだから、苦くないコーヒーがいいんだよね」と言ってきます。その通り!私の好みのコーヒーをいつも用意してくれます。コロナ禍が落ち着いたら飲みに行きましょう!(私は全くお酒が飲めませんが笑)

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

10月19日
『この恋あたためますか?』

「いえ、結構です。」
「あたためますよ?」
「大丈夫です〜」

このゆる〜い会話。普段のげっきんMCがしているものではありません。あす夜10時から始まる新ドラマ、「この恋あたためますか」のTUFオリジナル番宣の中でのコメントです。

コンビニを舞台にした恋愛ドラマということで、私たちもコンビニ店員さんとお客さんになりきって、コント形式で撮影を進めました。普段とは一味違う収録だったのでどきどきしていましたが、杉浦アナがふざけ倒してくれたので、大笑いしながらの楽しい撮影となりました。

そんなこんなで無事撮り終わった番宣は、おとといから6チャンネルにて流れているようです。(私はまだ遭遇できていませんが)新ドラマと合わせて、こちらの番宣も見たよ報告、お待ちしています♪

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

10月16日
『秋深まらなくとも●●の季節』

ぶんかです。内勤担当にとって季節を感じられるのは会社近くの公園くらいだったりします。だいぶ色づいてきましたね。
先日、Nスタふくしまでマツイアナウンサーが鍋企画を放送しましたが我が家では、秋の深まりとともに、鍋!

…というわけではなく、
真夏以外は頻度が高いメニューです。各メーカーでいろんな鍋つゆを出しているのでいろいろ味を変えられる時代になりましたね。最近は、以前のキムチをやめて、しょうゆや塩系が多いかなぁ。

鍋は野菜とりやすいから良いですよ。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

10月15日
『先日のおでかけ』

こんにちは!
以前、Nスタふくしま内で安部アナや佐藤アナが取材していた「国見
サービスエリア」へ先日行ってきました。

大きな桃の形のオブジェに設置された蛇口から桃ジュースを注ぐことができたり、県内では国見サービスエリアでしか購入することができない「凍天」を購入したりでき、魅力いっぱいのスポットなんです!

リニューアルオープンしたばかりで洗練されたスタイリッシュな空間になっていて、歩いて周るだけでもわくわく気分になれました。

また行きたいな〜!!

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

10月13日
『Nスタ新番宣、みてね!』

この秋リニューアルしたNスタふくしまの新しい番宣が放送されています。みてくれましたか〜?!

奥秋キャスター、小野キャスター、出口キャスター、そして私柗井の4人が出演している15秒&30秒の番宣です。実はこれ、TUFの若手チームが集まって作ったものなんですが・・・そのメンバーの中には私も!★
どうしたらNスタに興味を持ってもらえるか、キャスターの個性が伝わるか・・・たくさん意見を出し合ってやっと完成しました!写真はその撮影のときのもの♪私は野球の練習着姿でボールを手に持っています!

番宣がいつ流れるのか?それは私もわかりません(笑)でもTUFを見ていれば流れることは間違いなし!どんな番宣なのか気になるそこのあなた!テレビのチャンネルは常に6Chにしておいてくださいね♡笑

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

10月12日
『石の町』

こんにちは!

先週はてくてくふくしまのコーナーで国見町をご紹介しました^ ^

果物のイメージが強かったのですが、国見は"石の町"ということも
今回のてくてくで知ることができ、新たな発見を得られました(^^)!
国見町を歩いていて、本当に
石蔵が多い!ということです。

皆さんも、国見町名産の桃などを味わいつつ!
国見が持つ歴史や文化に触れてみてください(^ω^)!

今週はまついアナウンサーが新地町をてくてくします!お楽しみに!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

10月9日
『アナチューバー復活!?』

「アナウンサーYoutuber略してアナチューバーの小湊愛巳です♪」を決まり文句に配信していた「ごはんのおとも」。

こちらでは、白米好きな私が福島のお米にあう福島のおかずを紹介していました!台本もなく、どんなおかずが出てくるのかも本番にならないのと分からなかったのでいろんなワクワク感があり、楽しかった収録でした♪

ただ、配信は1回の収録で2〜3回分のご飯を食べていたので体重がみるみる増えていくのは困りましたけどね♡笑

そして、この配信は今年3月で終わりもう配信することはないんだろうなと思っていたら、今回、アナチューバー復活するよ〜んと担当の人に声をかけて頂いて
小湊はびっくり〜〜♪久しぶりに白米食べられる〜♡と
楽しみにしていました!!

しかし・・・収録中にでてきたおかずはなんと!!!携帯(泣)ガーン。というのも、TUFアプリ「たぷり」の9月のプレゼントがふくしまのオリジナル米 天のつぶということで、たぷりを使って、宣伝をお願いしますってことだったんです!!!

宣伝はいいけれど、白米は食べさせてくれ〜〜〜〜〜〜と嘆いた小湊でした。笑

いつかまた白米とおかずを食べられる時間がやってくることを祈っています♡笑

※ちなみに「たぷり」のオンデマンドからもごはんのおともが見られるのでぜひ見てみてくださいね♡

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

10月8日
『気軽に答えてくださいねっ!』

9月28日から始まったTUF公式アプリ「たぷり」と連動した「たっぷり!福の声」、是非見ていただきたいです!

これは、視聴者のみなさんにアプリや街頭でアンケートに回答いただき、番組内で紹介していくという新しい取り組みです。Nスタふくしまに出演しているアナウンサーも福島駅前などで街の人たちにお話を聞いていますよ。私も2回ほど担当しました。

テレビに出るのは恥ずかしい!と話される方も多いのですが、より多くの「声」を届けていきたいと思っていますので、気軽にお答えくださいね!!

そしてこれを機に、お話しした私たちアナウンサーを覚えてくれたら…と〜っても嬉しいです(*^_^*)

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

10月8日
『小さな感動』

会社にある自販機で買った「カフェオレ」です。見た目は…そう、普通のコーヒー。飲んでもコーヒーでした。先日、いつものようにコーヒーのブラックを買おうとしたら、コーヒーのボタンに「故障中」の紙が貼られていました。チェッと思いつつ「カフェオレ」を飲むことに…でも、この手の自販機には選択ボタンがありますよね。試しにクリーム「なし」、砂糖「なし」を押してみました。そして「カフェオレ」のボタンを押すと…なんということでしょう!見事なまでに褐色のブラックコーヒーが現れたではありませんか!!(ビフォーアフター風に読んでね)

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール

10月6日
飯坂温泉街へ!

いわき市出身ということもあり、温泉=湯本温泉というイメージが強かったのですが、福島市に住んでから飯坂や土湯といった温泉街にも行ってみたいと思うようになり、ついに先日、家族で行ってきました!!

温泉街を浴衣で歩くのも本当に久しぶり。少し肌寒くなってきたこの時期、空気が澄んでいてきれいな星空も見られました♪

これから定期的に温泉でリフレッシュしたいな。

立ち寄った旧堀切邸にてパシャリ!

続きはアプリで

Sato Rena

佐藤 玲奈

プロフィール

10月5日
情熱的でハッピーな赤!

秋も徐々に深まりを見せ、街路樹も少しずつ紅葉が始まってきています。

こうした中、いわき市の高野花見山に先日取材に行ってきました。四季折々の表情を見せる花の名所に、彼岸花が見ごろを迎えていました。山の斜面にじゅうたんを敷き詰めたかのように一面に咲く真っ赤な花は、
圧巻の美しさでした。この赤い美しさは、訪れていた観光客も思わず「ハッピーハッピー」とコメントするほど見事でした。コロナ禍の中、ハッピーな気持ちになる自然に囲まれてみたり、自らハッピーに前向きに思考したりすることは、とても大切なことだと思います。

今年もあと3か月。日々幸せを見つけていきながら頑張りましょう!

続きはアプリで

Suidu Kuniharu

水津 邦治

プロフィール

10月2日
『大好物のひとつ、海の幸を堪能してきました』

きのう10月1日から東京発着のGoToトラベルが始まりましたね。

先月夏休みをいただいた際、お隣・新潟県(佐渡&月岡温泉)に行ってきました。

大好物の海の幸をこれでもかー!というくらい堪能。
カニにお寿司、カキ、アワビ…あ〜書ききれない。おいしかったです。

写真はのどぐろ焼き!焼いてもお刺身もおいしい!
次はどこに行こうかなと考えるのも楽しみのひとつ。
県内も存分に楽しみたい気持ちでいっぱいです。

感染症対策をしっかりして観光を楽しみたいですし、
福島に来ていただく方にも楽しんでほしいです。

続きはアプリで

Ono Miki

小野 美希

プロフィール

10月1日
『美味しかったー!』

先日の夏休み期間中は、ほぼ毎日、夕食を作っていました。お気に入りの料理本を見ながら作ったのは「鶏肉のウスターソース煮」「クラムチャウダー」。見た目もなかなかうまくできました。

写真をよーく見ると、ゆで卵の上の小ネギが顔のように見えませんか?そして肝心のお味は…「おかわりー!」子どもたちの元気な声が一番嬉しいですね(^^)

続きはアプリで

Okuaki Naoto

奥秋 直人

プロフィール

9月30日
『鋭意編集中』

そうなんです、アナウンサーも編集するんです。

報道部時代にはほとんど触ることのなかった編集機を、げっきんチェックに携わるようになってからは一人で使えるようにまでなりました。携帯電話すら満足に使いこなせていない機械音痴の私が、パソコンがたくさん連なった難しい機械を使っているなんて。数年前の自分には信じられません。

現在げっきんの中で、アナウンサーが顔出しをしているVTRは、基本的にアナウンサー自身が取材先にアポイントメントを取り、カメラマンさんと2人で取材に伺い、ディレクターを兼務しながらリポーターも務めます。

そして帰社後、この編集機を使って10分ほどのVTRにまとめるのです。編集と一言で言っても、映像を繋げるところから始まり、字幕の入れ込み、音量の調整、効果音の選択やBGMの選曲、テレビで放送できるような形に出力するなど、やらなければいけないことがてんこもり。毎回ひぃひぃ言いながら進めていますが、いま編集しているものは来月8日の木曜日に放送予定です。みなさまにご覧いただけると、わたくし田中、とても喜びます。

続きはアプリで

Tanaka Saho

田中 沙朋

プロフィール

9月29日
『リニューアル』

私が担当する
(画面には出ませんが)
「Nスタふくしま」がリニューアルしました。

TUF公式アプリ「たぷり」と連動した「たっぷり!福の声」という新コーナーも始動しました。

身近な話題から社会現象までいろいろ県民のみなさんと一緒に
考えていきたいと思います。

生活に密着した話題も増やしていきますのでよろしくお願いします。

続きはアプリで

Watanabe Bunka

渡辺 文嘉

プロフィール

9月28日
『遅めの夏休み』

こんにちは、出口朋香です!
昨日まで遅めの夏休みをいただいていました。猪苗代町でカフェ巡りをしたり、須賀川市の温泉宿に一泊したり…。それから大好きなビールもたくさん味わって、ゆったりとした時間でした。
忙しい日々も充実感がありますが、思いっきり羽を伸ばす時間もリフレッシュになって良いですね!次の休みを楽しみに、今日からまたお仕事頑張ります。

そうそう、Nスタふくしまが大きくリニューアルしました!
これからも皆さんと一緒に、よりよい番組をつくっていけたらと思います。
18:15〜は、6チャンネルをぜひご覧ください♪

続きはアプリで

Deguchi Tomoka

出口 朋香

プロフィール

9月25日
『携帯電話のない生活』

先日、夏休みを頂きました。三密回避の休暇だと意気込んだ初日に海でスマートフォンが水没。

幸先の悪いサマーバケーションがスタートです。密どころか、ひとり暮らしの私にとっては事実上社会からの隔離。水没したとまるで不可抗力かのように話していますが、太陽に照らされ輝いた海面を撮ろうと自ら海水にポチャんした自業自得の出来事です。

中学生時代からごく当たり前に使っていた携帯電話ですが、携帯できないまま過ごした2週間に感じたことを話したいと思います。

▼デメリット
・情報の停滞
→これまでは新聞やテレビを自分から見なくても、スマホを日常的に使っていただけで身近な最新情報を常にキャッチできていたことに気づきました。お出かけ中に歯医者さんの電話番号を調べるだけでもひとりだと手こずり結局交番で聞きました。

・買い物ができない
→現金をあまり持ち歩かずスマホで基本ピッと支払いをしていた私はスーパーやコンビニなどちょっとした買い物でもかなり不便に。パソコンで各種手続きをしようにも最近は本人確認の認証のために多くのサービスでスマホが必要なんです。
 
▼メリット
・目の疲れが軽減
→日常の調べごとから仕事までことあるごとにスマホに頼っていたことを実感しました。

・空き時間を有意義に使える
→特に用もなく携帯を開きSNSやネットサーフィンをすることがなくなり、読書や掃除など普段あと回しにしがちな作業に集中できます。


新しいスマホは、前回に続きフリマアプリで購入しました。俗に言う格安SIMです。

みなさんもスマホに頼りすぎず適度に使いこなしましょうね。そして防水携帯は完全防水ではないことが多いのでお気をつけください ʕ•ᴥ•ʔ 笑

続きはアプリで

Sugiura Yuji

杉浦 祐治

プロフィール

9月24日
『カワウソ情報募集中』

愛くるしい顔にクールに泳ぐ姿。
そんなカワウソが大好きです。
カワウソのいる場所に足を運びマイカメラで撮影して、その写真を見てにやにやする…最近の休日の使い方です。最近はアクアマリンいなわしろカワセミ水族館のカワウソに会いに行きました!

お気に入りなのは
「ごはんタイム」。必死にごはんを食べている姿が可愛すぎる!そして他のどの時間よりも、活発に動いているんです(それ以外は寝ていることが多い)。各水族館のホームページに載っているので、チェックしてから向かっています。

県内のカワウソ情報があれば、ぜひ柗井までお寄せください。お待ちしています!

続きはアプリで

Matsui Ayano

柗井 綾乃

プロフィール

9月23日
『高橋てくてく』

こんにちは!
高橋広季です!

写真は毎週木曜日のNスタふくしま
てくてくふくしまのコーナーのロケで天栄村に行ったときのです^ ^
(肘タッチでの写真!)

一緒に写られてる方が何をされてる方なのかは、 明日の放送での
お楽しみです(*´꒳`*)

先週が天栄村の前編、明日が天栄村の後編です(^_^)!

前編ではマカカレーを堪能し、釣り堀を1人で作られた方のところに行きました!常に目標を持ってチャレンジしていく日々を私も過ごそうと思います。

後編も天栄村の魅力が詰まっています!乞うご期待です!!

続きはアプリで

Takahashi Hiroki

高橋 広季

プロフィール

9月18日
『Myテニスラケット』

青空に映えたテニスラケット!

これは私が大学生の時から愛用しているテニスラケットなんです♡幼少期のころから運動をすることが大好きで中でも好きなスポーツはテニスなんです♪

中学の時は軟式、大学は硬式のテニスをしていて今でもたまに休日、テニスをしに行きます!日ごろの運動不足のせいか今ではコートの中でボールを追いかけるのに精一杯!!おかげで次の日はだいぶ筋肉痛になります><私の動きが鈍い時は、きっとこれが原因です(笑)

でも、とってもいい気分転換になっているので結果オーライ♪ということにしておきます!!!

続きはアプリで

Kominato Aimi

小湊 愛巳

プロフィール

9月17日
『今年の夏の思い出』

8月の中旬、夏休みを利用して北海道に帰省しました。そのときに人生初となるSAPに挑戦!SAPは、湖などで安定感のあるボードに立ちパドルを使って進むスポーツですが、密を避けつつ楽しめるアクティビティは心身ともにリフレッシュできますよね。

体験した場所は千歳市にある支笏湖です。環境省が発表する湖沼の水質ランキングで何度も日本一となった「支笏湖ブルー」で有名な湖、底まで見えるほどきれいで、色もエメラルドにキラキラ輝いて…SAPを体験しながら夏の風を感じました。
今季の大切な思い出のひとつです。

戻って来てからは仕事モード!になりつつも、紅葉やフルーツなど福島の秋を可能な限りで満喫したいと思っています。

続きはアプリで

Abe Haruka

安部 遼

プロフィール

9月17日
『夏のシクラメン その2』

去年12月に買ったシクラメンがつぼみをつけていることを7月、このブログで紹介しました…

2か月近くそのままだったつぼみは今月1日、見事に開き“花”となっていました。そして今も咲き続けています(写真は16日撮影)。

これは奇跡的なことなのか?それほど珍しいことではないのか?花に関しての知識を全く持ち合わせていない私には判りません。さらに新しい芽も出ています…

続きはアプリで

Sugiura Atsushi

杉浦 敦

プロフィール