NEWS

2019/10/19 (土)

東京消防庁のヘリ落下 小池都知事が謝罪

台風19号の救助の際、東京消防庁がヘリコプターからいわき市の女性を、誤って落下させて死亡させた問題で、きょう、小池百合子東京都知事が女性の告別式に参列し、陳謝しました。この問題は、今月13日、いわき市で、東京消防庁のヘリが住宅に取り残された女性を救助する際、誤って落下させて死亡させたもので、県警は、業務上過失致死の疑いも視野に、調べを進めています。こうした中、きょう、女性の告別式がいわき市で執り行われ、小池知事が参列しました。小池知事は「心から哀悼の意を捧げさせていただきました」「大変深く反省をし、二度とこんなことがないよう遺族にお誓いをした」と話しました。小池知事は、今後も被災地の支援を続けていくとしています。

2019/10/19 (土)

新たな劇物の流出確認 郡山の別の工場から

台風による阿武隈川の氾濫で、郡山市の工場から、劇物のシアン化合物が新たに流出していたことがわかりました。新たに流出が確認されたのは、郡山市のメッキ加工会社サンビックスです。市によりますと、きのうの午後9時すぎに、工場の基礎部分から、劇物のシアン化ナトリウムを含む廃液が、染み出ているのが見つかったということです。流出した側溝には、基準の150倍の劇物が、検出されましたが、いまのところ健康被害は確認されていないということです。郡山市はきのう夕方に、取材に対して、「サンビックスからは流出は確認されていない」としていました。

2019/10/19 (土)

台風接近から1週間 29人死亡 1人不明

県内に大きな被害を与えた台風19号の上陸から、きょうで1週間となります。県内では、未明から断続的に強い雨が降りました。台風19号の大雨で、地盤が緩んでいるところもあり、気象台は引き続き、警戒を呼びかけています。いまも1700人あまりが、避難生活をしているほか、いわき市などでは、断水も続いています。これまでに、29人が亡くなり、1人の行方がわかっておらず、警察はあす以降も、捜索を続けることにしています。

WEATHER

TUF SNS 公式アカウント