県内ニュース

Nスタふくしま

富岡町の避難指示解除 住民説明会始まる(01月21日)

メジャーリーガー上原浩治選手 郡山市で野球教室 (01月21日)

電気自動車の講座「いわきEVアカデミー」開講(01月21日)


富岡町の避難指示解除 住民説明会始まる(01月21日)

 政府が富岡町の避難指示を今年4月1日に解除する方針を示したことを受けて、きょうから住民に対する説明会が始まりました。住民説明会はいわき市で午前と午後の2回開かれ、あわせて240人の町民が参加しました。政府は、今月10日に富岡町の避難指示を帰還困難区域を除き、今年4月1日に解除する考えを示しました。解除の理由は役場機能が3月までに富岡町に戻り、インフラや商業施設の整備も進んできたなどとしています。きょう説明を聞いた町民からは「除染がまだ不十分」「政府の判断に町民の声が反映されていない」などといった意見が出ました。住民説明会は今月中に3回開かれ、富岡町では町民の意見を踏まえ政府の方針を受け入れるかどうか最終的に判断します。

メジャーリーガー上原浩治選手 郡山市で野球教室 (01月21日)

 メジャーリーグで活躍する上原浩治選手が被災地を笑顔にしようと郡山市を訪れ、野球教室を開きました。アメリカのメジャーリーグで活躍する上原浩治選手は、被災者に元気を与えたいと富岡町民が暮らす仮設住宅を訪れました。仮設住宅を初めて訪れたという上原選手は、町民たちの体調を気遣いながら、プロ野球などの話に花を咲かせていました。そのあと開かれた野球教室には、小・中学生およそ200人が参加しました。上原選手は子どもたちにキャッチボールのコツやピッチングのフォームを指導しました。子どもたちは憧れのメジャーリーガーを前に目を輝かせていました。

電気自動車の講座「いわきEVアカデミー」開講(01月21日)

 電気自動車などの技術者を育てようと、いわき市に工業系の高校生などを対象にした「いわきEVアカデミー」が開講しました。きょうはいわき市の福島高専で開講式が行われ、高専の学生や市内の工業高校の教師などが出席しました。いわき市ではこの地域を次世代産業の要となる蓄電池関連産業の拠点にしようと「いわきバッテリーバレー構想」が進められています。この「いわきEVアカデミー」の開講もその一環で、高校生や高専の学生、そして企業の若手従業員などにEV=電気自動車の仕組みなどを教え、次世代産業を担うエンジニアを育てるのが狙いです。きょうは開講式の後、さっそく講義が行われましたが、正式な講座は今年4月から始まり、年間12回開かれることになっています。

県内ニュース

イブニング・シックス

富岡町の避難指示解除 住民説明会始まる(01月21日)

メジャーリーガー上原浩治選手 郡山市で野球教室 (01月21日)

電気自動車の講座「いわきEVアカデミー」開講(01月21日)


富岡町の避難指示解除 住民説明会始まる(01月21日)

 政府が富岡町の避難指示を今年4月1日に解除する方針を示したことを受けて、きょうから住民に対する説明会が始まりました。住民説明会はいわき市で午前と午後の2回開かれ、あわせて240人の町民が参加しました。政府は、今月10日に富岡町の避難指示を帰還困難区域を除き、今年4月1日に解除する考えを示しました。解除の理由は役場機能が3月までに富岡町に戻り、インフラや商業施設の整備も進んできたなどとしています。きょう説明を聞いた町民からは「除染がまだ不十分」「政府の判断に町民の声が反映されていない」などといった意見が出ました。住民説明会は今月中に3回開かれ、富岡町では町民の意見を踏まえ政府の方針を受け入れるかどうか最終的に判断します。

メジャーリーガー上原浩治選手 郡山市で野球教室 (01月21日)

 メジャーリーグで活躍する上原浩治選手が被災地を笑顔にしようと郡山市を訪れ、野球教室を開きました。アメリカのメジャーリーグで活躍する上原浩治選手は、被災者に元気を与えたいと富岡町民が暮らす仮設住宅を訪れました。仮設住宅を初めて訪れたという上原選手は、町民たちの体調を気遣いながら、プロ野球などの話に花を咲かせていました。そのあと開かれた野球教室には、小・中学生およそ200人が参加しました。上原選手は子どもたちにキャッチボールのコツやピッチングのフォームを指導しました。子どもたちは憧れのメジャーリーガーを前に目を輝かせていました。

電気自動車の講座「いわきEVアカデミー」開講(01月21日)

 電気自動車などの技術者を育てようと、いわき市に工業系の高校生などを対象にした「いわきEVアカデミー」が開講しました。きょうはいわき市の福島高専で開講式が行われ、高専の学生や市内の工業高校の教師などが出席しました。いわき市ではこの地域を次世代産業の要となる蓄電池関連産業の拠点にしようと「いわきバッテリーバレー構想」が進められています。この「いわきEVアカデミー」の開講もその一環で、高校生や高専の学生、そして企業の若手従業員などにEV=電気自動車の仕組みなどを教え、次世代産業を担うエンジニアを育てるのが狙いです。きょうは開講式の後、さっそく講義が行われましたが、正式な講座は今年4月から始まり、年間12回開かれることになっています。